- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラーがアガシを抜き新記録を樹立◇ロジャーズ・マスターズ

男子テニスツアーのロジャーズ・マスターズ(カナダ/モントリオール、賞金総額243万ドル、ハード)は大会2日目の10日、シングルス1回戦残り13試合と2回戦3試合が行われ、第3シードのR・フェデラー(スイス)が2回戦に登場、J・I・チェラ(アルゼンチン)を7-6 (9-7), 6-3のストレートで下し、A・アガシ(アメリカ)が保持していたマスターズ大会での最多勝記録を塗り替える210勝目を挙げた。

上位8シード選手が1回戦を免除されているため、この日の2回戦が今大会の初戦となったフェデラーは、ウィンブルドンの準々決勝敗退後、約6週間ぶりにコートに立った。序盤から接戦となった第1セットは、第6ゲームで先にブレークを奪ったフェデラーが5−3からのサービング・フォー・セットであっさりブレークバックを許し、タイブレークへともつれ込む。そのタイブレークでも両者譲らず、フェデラーが5度目のセットポイントで辛うじて先取に成功した。

しかし第2セットでは、試合勘を取り戻したフェデラーの独壇場で、自身のサービスゲームではチェラにわずか2ポイントしか与えない完璧なプレーを披露、1時間21分で勝利を飾った。

フェデラーは2000年3月のマイアミでのマスターズ大会で初めて勝利を飾ってから、これまでのマスターズ大会での成績を210勝65敗とし、それまでの最多勝利記録を持つアガシの209勝73敗を抜いて新記録を達成した。アガシの記録は1990年から2006年にかけて達成されたものだった。

「数週間ぶりの試合で勝利を飾れたことは満足している。しばらくぶりの試合で、多少雑なプレーになってしまうのは仕方ないこと。また試合勘を取り戻すためには、試合をこなさなければならない。」とフェデラーは勝利を喜びつつも、USオープンまでの調整段階にいるようだった。

フェデラーはベスト8入りを懸けて第14シードのN・アルマグロ(スペイン)M・ロドラ(フランス)の勝者と3回戦を行う。ロドラはこの日の1回戦でS・ヒラルド(コロンビア)を7-6 (8-6), 7-5で下しての勝ち上がり。

その他の2回戦でもシード勢が順当に勝利を飾った。第5シードのR・ソデルリング(スウェーデン)E・ガルビス(ラトビア)を4-6, 6-4, 6-4の逆転で、第7シードのT・ベルディフ(チェコ共和国)S・スタコフスキ(ウクライナ)を6-2, 6-4のストレートで退け、3回戦へ駒を進めた。

ソデルリングはD・ナルバンディアン(アルゼンチン)T・ロブレド(スペイン)の勝者と、ベルディフは第12シードのM・ヨージニ(ロシア)A・ドルゴポロフ(ウクライナ)の勝者とそれぞれ3回戦で対戦する。先週行われた『レッグメーソンTC』で復活優勝を飾ったナルバンディアンはこの日も好調で、第10シードのD・フェレール(スペイン)を7-5, 3-6, 6-3で下した。ドルゴポロフもP・ペッツシュナー(ドイツ)を1-6, 6-2, 7-6 (7-4)の逆転で下しての勝ち上がり。

その他、1回戦の試合結果は以下の通り。

F・ベルダスコ(スペイン) (9) ○-× E・シュワンク(アルゼンチン), 6-0, 5-7, 6-2
V・トロイキ(セルビア) ○-× M・チリッチ(クロアチア) (11), 6-4, 7-6 (7-2)
G・モンフィス(フランス) (15) ○-× S・デウバーマン(インド), 7-6 (7-3), 6-3
S・クエリー(アメリカ) (16) ○-× M・ラッセル(アメリカ), 3-6, 6-1, 6-4
F・フォニュイーニ(イタリア) ○-× R・シュティエパネック(チェコ共和国), 6-2, 6-4
ルー・イェンスン(台湾) ○-× P・L・デュクロス, 6-4, 6-4
S・ワウリンカ(スイス) ○-× F・ダンチェビッチ(カナダ), 6-1, 6-4
J・シャーディ(フランス) ○-× M・バグダティス(キプロス), 7-5, 2-6, 7-6 (7-4)
X・マリス(ベルギー) ○-× M・ベレー(ドイツ), 7-6 (7-2), 6-2
P・コールシュライバー(ドイツ) ○-× J・ティプサレビッチ(セルビア), 2-2, 途中棄権

また今大会、第8シードで出場予定だったA・ロディック(アメリカ)は、体調不良を訴え急遽欠場を申し入れた。先週のレッグメーソンTCでは第2シードで出場ながら3回戦敗退を喫し、今週発表の最新の世界ランクで11位とトップ10落ちとなり、現行のランキング・システムが始まった1973年以来初めてトップ10にアメリカ人がいなくなる結果となっていた。ロディックに代わってP・H・マチュー(フランス)がラッキー・ルーザーで本戦入りする。

今大会の優勝賞金は44万3500ドル。

(2010年8月11日13時27分)

その他のニュース

10月17日

新感覚のテニスイベント開催 (19時48分)

【告知】杉田vsトラヴァグリア (19時00分)

大坂 9月のWTA最優秀選手に (17時00分)

前週Vの15歳ガウフ 初戦敗退 (15時33分)

ワウリンカ 熱戦制し初戦突破 (13時37分)

ディミトロフ敗退 西岡は8強 (12時47分)

5本MPしのぎ死闘制す (11時22分)

土居美咲 第2シードに逆転負け (10時50分)

10月16日

西岡良仁8強 第3シード撃破 (22時10分)

【1ポイント速報】西岡vsフリッツ (22時05分)

昨年覇者カサトキナ初戦敗退 (20時30分)

西岡「錦織は示してくれた」 (17時40分)

マレーやシュトルフが初戦突破 (16時02分)

メドヴェデフ 疲労で棄権 (10時40分)

杉田祐一と西岡良仁が初戦突破 (10時29分)

錦織 次週ウィーン大会を欠場 (1時17分)

10月15日

ペラ辛勝 熱戦制し初戦突破 (17時52分)

錦織9位 日本勢の世界ランク (16時57分)

第5シードのガリン初戦敗退 (16時17分)

ティプサレビッチが初戦突破 (15時49分)

錦織 9年間のコーチ関係解消へ (12時26分)

フェデラー 東京五輪「出たい」 (10時57分)

錦織 最終戦ランク12位へ後退 (10時23分)

杉田祐一 LLで本戦入り (10時01分)

10月14日

フェデラー、イズナーに勝利 (20時48分)

錦織とフェデラーが登場 (16時56分)

錦織 世界ランク9位へ後退 (15時00分)

スイトリナ 最終戦出場が確定 (14時50分)

マレー ヨーロピアンOP出場へ (14時26分)

杉田 ストックホルム本戦王手 (12時51分)

ズベレフ「彼は今、世界最高」 (10時54分)

大坂3位 10/14付の世界ランク (8時55分)

ガウフ初V「信じられない」 (7時23分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!