- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

第2シードのクエリーがマレー破り優勝◇ファーマーズ・クラシック

男子テニスツアーのファーマーズ・クラシック(アメリカ/ロス・アンゼルス、賞金総額61万9500ドル、ハード)は日曜日に決勝戦を行い、第2シードのS・クエリー(アメリカ)が第1シードのA・マレー(英国)を5-7, 7-6(7-2), 6-3の大逆転で下し、優勝を飾った。クエリーは同時に優勝賞金11万1950ドルを獲得した。クエリーの優勝は今季4度目。

クエリーは昨年の今大会でも優勝しており、見事、2年連続優勝を飾った。クエリーは今週、フルセットの試合を4度戦っており、土壇場での強さをみせつけた。今大会ではA・アガシ(アメリカ)が2001〜2002年にかけて2連覇しており、クエリーはそれに続く記録をマークした。

クエリーは第1セットを5−7で落とし、第2セットの第10ゲームではマレーにマッチポイントを握られる。しかしピンチに強いクエリーは、得意のサービスと一か八かのショットを繰り出し、逆転。第3セットでは第6ゲームでマレーのサービスをブレークして波に乗り、世界ランク4位のマレーに逆転勝ちした。

マレーは第3セットでブレークされた際に、怒りのあまりラケットのストリングを右手でパンチし、その勢いは右拳から血が流れるほどだった。

その後、3−5からの第9ゲームではマレーが1本のブレークポイントを握るが、クエリーがフォアハンドのエースでデュースに持ち込む。デュースではマレーのリターンが長くなり、クエリーのマッチポイントではマレーがバックハンドをミスし、試合に終止符がうたれた。

マレーの今大会出場は初めてのことで、出場予定だったN・ジョコビッチ(セルビア)が休養が必要とのことで、代理で出場していた。クエリーとマレーは過去に4度の対戦があり、いずれもマレーがストレート勝ちしていた。

ダブルス決勝では、世界トップペアのB・ブライアン(アメリカ)M・ブライアン(アメリカ)組がE・バトラック(アメリカ)JJ・ロジェール(アンティル)を6-7(6-8), 6-2 [10-7]の逆転で下し、ATPツアー100度目の決勝進出で62勝目をあげた。ブライアン組はT・ウッドブリッジ(オーストラリア)M・ウッドフォード(オーストラリア)組(ウッディーズ)が持つ61勝を超える偉業を成し遂げた。

マイク・ブライアンは「ウッディーズが目標をつくってくれた。ツアー当初はエベレストの山のような、到達困難な目標だったけどね。今が楽しい。どの優勝も特別なものさ。」と話している。

今回の記録達成にウッドフォードがコメントを寄せている。「(ウッディーズの場合)私が引退することを決めたせいで、記録が途絶えてしまった。でも君たちはこれからの何年も記録を更新続けることだろう。70、80勝は可能だろうね。」と祝福した。

ブライアン組は今大会で6勝目をあげた。今大会会場は2人のふるさとから程近く、家族らが見守る中、地元で偉業を達成したことになった。

ボブ・ブライアンは「ウッディーズを本当に尊敬している。彼らはパワーも強力なサービスも持っていなかったけれど、ポーチとテクニックで勝っていた。」と話した。

32歳の双子の2人は1998年にプロとなり、2001年にツアーで初優勝。これまでグランドスラムでは7勝を誇る。

決勝では第1セットを落としたブライアン組だったが、第2セットを奪い返すと、スーパータイブレークでは5−0と大きくリードする。そこから2度、相手ペアに追いつかれるが、7−7から3ポイントを連取すると、そのまま試合に終止符を打った。

バトラック/ロジェール組は今大会の会場となっているUCLAの大学チームでプレーをしており、今大会が同ペアで初めての決勝戦だったが、惜しくも母校で錦を飾ることはできなかった。

(2010年8月2日12時30分)
その他のニュース

1月20日

ナダル 12年ぶり出場「楽しみ」 (16時00分)

ヨネックス 新シューズ発売 (14時34分)

ティアフォー コロナ影響語る (13時22分)

大会への不満動画流出を釈明 (11時04分)

メド 昨季序盤の不調理由明かす (9時12分)

大坂 THのアンバサダー就任 (7時26分)

1月19日

アザレンカ 選手に向け声明 (18時17分)

故マラドーナ氏の教え明かす (16時36分)

躍進後の変化「慣れるしか」 (15時05分)

全豪欠場へ「5セットは危険」 (13時55分)

内山「72時間缶詰め」から外出 (11時48分)

父の母国へ支援「基本のこと」 (9時24分)

錦織、隔離措置の現状を報告 (7時52分)

1月18日

YouTube 内山70時間以上も缶詰め状態 (21時46分)

ナダル 歴代初の800週を更新 (16時30分)

錦織41位、西岡56位キープ (15時41分)

フェデラーの会社と契約解消へ (14時38分)

大坂3位 サバレンカ自己最高位へ (13時46分)

錦織41位 18日付世界ランク (12時00分)

ジョコ 全豪OP強さの秘訣とは (11時00分)

全豪OP 完全隔離選手が72名に (10時06分)

ダニエル太郎 搭乗者陽性で隔離 (8時12分)

1月17日

ナダルとの練習は「厳しい」 (15時57分)

便の同乗者が感染者に「不運」 (15時56分)

世界7位コーチが豪で感染確認 (14時09分)

ビッグ3 対トップ10勝率で独占 (13時04分)

ダニエル太郎 豪に到着を報告 (11時43分)

西岡良仁 豪の検査陰性を報告 (10時51分)

全豪OPの対応に不満明かす (9時55分)

全豪OP またも陽性者が発覚 (9時41分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!