- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

チブルコワらシード勢が順当に勝利◇MPSグループ選手権

女子テニスツアーのMPSグループ選手権(アメリカ/マイアミ、賞金総額22万ドル、クレー)は、大会初日の月曜日にシングルス5試合が行われ第3シードのD・チブルコワ(スロバキア)M・シンク(ハンガリー)を6-1, 6-4のストレートで退けるなど、シード勢が順当に1回戦を勝利で飾った。

チブルコワはシンクのサービスで4回握ったブレークポイントを全て活かし、自身の第1サーブでは69%、第2サーブでも55%の確率でポイントを獲得、第2セットでも1度ブレークを許すのみで、1時間21分で試合を手中に収めた。
それでもチブルコワは満足の行くリターンが出来たと感じていなかった。

「1回戦はどんな大会でも厳しいもの。何が起きてもおかしくない。彼女(シンク)を左右に動かすことができたし、安定したプレーもできたわ。でも、リターンが短くてベストの状態ではなかった。それでもラリーではボールを散らすことができたし、サーブが良かったからそれに助けられたわ。」と、試合を振り返っていたチブルコワは、2回戦でJ・クレイバス(アメリカ)を6-1, 6-4のストレートで下したA・クドリャフツェワ(ロシア)と対戦する。

その他、第5シードのA・パブリュチェンコワ(ロシア)E・マカロバ(ロシア)を7-5, 5-7, 6-4のフルセットで、第6シードのA・ウズニアッキ(カナダ)も主催者推薦のS・ステファンスを6-4, 6-3のストレートで倒し、順当に2回戦進出を決めた。

パブリュチェンコワはこの日、13本ものダブルフォルトを犯すなど、乱調なプレーから各下のマカロバに苦戦。この試合ではパブリュチェンコワが8回、マカロバが9回のブレークを許すなど、ブレーク合戦だったが最後はパブリュチェンコワが3時間に渡るマラソンマッチを何とか制しての勝利だった。

ウズニアッキは終始安定したプレーを見せ、第1セットは2度のブレークを許すも3度のブレークを奪い、第2セットも1度ブレークされるも、2度のブレークに成功し、1時間29分でステファンスを退けた。

パブリュチェンコワはA・ロディオノワ(ロシア)と予選勝者のB・マテック(アメリカ)の勝者と、ウズニアッキは予選勝者のS・カラタンチェバ(ブルガリア)と主催者推薦の森田あゆみ(日本)の勝者とそれぞれ2回戦を行う。

残りの1回戦では、S・アービッドソン(スウェーデン)が主催者推薦のC・ガリクソン(アメリカ)を6-0, 6-2で一蹴した。アービッドソンは第1シードのC・ウォズニアキ(デンマーク)P・シュニーダー(スイス)の勝者と2回戦で顔を合わせる。

今大会の優勝賞金は3万7000ドル。

(2010年4月6日13時03分)
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!