- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラーがメジャー22大会連続4強入り◇USオープン

テニスのグランドスラムであるUSオープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は大会10日目の9日、ナイトセッションで男子シングルス準々決勝が行われ、第1シードのR・フェデラー(スイス)が、第12シードのR・ソデルリング(スウェーデン)を6-0, 6-3, 6-7 (6-8), 7-6 (8-6)で下し、準決勝進出を決めた。

第1セットで3度、第2セットで1度のブレークに成功し、2セットアップとしたフェデラーは、お互いにサービスキープで迎えた第3セットのタイブレークで後2ポイントで勝利というところまで辿り着く。しかし、そこからソデルリングが反撃に転じ、逆転で第3セットを奪取すると試合は第4セットに突入する。

第4セットでもお互いにサービスキープが続き、このセットもタイブレークに突入する。このタイブレークで先にチャンスを掴んだのはソデルリングで、6−5とセットポイントを迎える。しかし、フェデラーが続く3ポイントを連取しゲームセット、試合時間は2時間33分であった。

「終盤になるにつれて接戦になったね。試合が進むほどにロビンのプレーが良くなっていったから、勝ててホッとしているよ。彼はタフな相手と分かっていたけど、序盤は簡単に行き過ぎたね。彼は試合中に調子を上げてきたよ。」と、語るフェデラーは、この日の勝利でソデルリングに対し12連勝としている。

過去12回対戦するも、フェデラーからいまだ勝ち星を挙げられていないソデルリングは「たとえとても小さくても、彼と試合するたびにチャンスはあると感じるんだ。でも、彼はいつも良いプレーをしているんだ。」と、まるでお手上げ状態。

第4セットのタイブレークでソデルリングが6−5とリードした場面、フェデラーはサービスウィナーを決めて6−6と並ぶ。続くポイントで、ソデルリングのバックハンドがサイドに切れフェデラーにマッチポイントが訪れると、ソデルリングのフォアハンドがサイドアウトし試合終了となった。

「最初の2セットの僕よりも悪いプレーは難しいね。良くなるしかなかったよ。第3セットからは、彼にプレッシャーを与えられたと思う。」と、ソデルリングは試合を振り返った。

今大会5連覇中のフェデラーは、これで今大会での連勝記録を39に伸ばすとともに、1920年代にビル・チルデンが達成して以来となる6連覇の偉業達成まで後2勝に迫った。

また、この日のフェデラーはサーブが好調で28本のサービスエースを決めると、5本あったブレークピンチも全て守りきり、ソデルリングに1度もブレークを許さなかった。

「僕にとって、彼のサーブを読むのはとても難しいことですし、この状況下での彼のサーブにとても感銘を受けました。今日は本当に風が強かった。」と、ソデルリングはフェデラーのサーブについて述べている。

土曜日に予定されている準決勝で、フェデラーは第4シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と決勝進出を争う。ジョコビッチは、第10シードのF・ベルダスコ(スペイン)を下し、3年連続での準決勝進出を果たした。

ソデルリングと同じく、フェデラーに4勝8敗と負け越しているジョコビッチは、今大会では2007年の決勝と2008年の準決勝でフェデラーと対戦し、それぞれ敗れている。「フェデラーでもない限りは、自分の試合に完璧さを求められないね。」とはジョコビッチのコメント。

この日の勝利で、グランドスラムでの準決勝進出を22大会連続としたフェデラー。最後にフェデラーがメジャーベスト4の座を逃したのは、2004年の全仏オープンでの3回戦敗退まで遡らなくてはならない。また、フェデラーのほかに、10大会以上連続でグランドスラムの準決勝進出を果たした選手はいない。

この大記録についてフェデラーは「(準決勝進出が)目標ではないのは確かだね。多分、僕のキャリアとって最も素晴らしい記録の一つだろうね。続けることが出来て嬉しいよ。」と、コメントを残している。

(2009年9月10日15時10分)
その他のニュース

6月16日

添田豪、快勝でCH4強へ (14時01分)

マレー 復帰戦のドロー決定 (12時04分)

フェデラー 初戦は世界56位に (10時55分)

棄権ラオニッチ「申し訳ない」 (10時05分)

6月15日

大坂らバーミンガム組み合わせ (21時41分)

アンダーソンら芝前哨戦出場一覧 (18時30分)

サーフェス変更も逆転勝ち (18時08分)

内山靖崇「残念」CH4強ならず (17時39分)

チョリッチMPしのぎ逆転4強 (16時58分)

ベルテンス 2試合制し4強 (15時52分)

添田豪 11本エースでCH8強 (14時51分)

MPしのぎ4強入り 激闘制す (13時51分)

フェデラーら レーバー杯参戦 (12時02分)

快勝ラオニッチ「良かった」 (11時22分)

ガスケ 1日2試合制し4強へ (10時52分)

6月14日

錦織に続きティームもハレ欠場 (20時09分)

好調ガリン 今季4度目8強 (19時10分)

モンフィス 激闘の末に敗れる (18時01分)

ズべレフ撃破 復活の兆し (17時09分)

完勝「全てがうまくいった」 (15時00分)

ハチャノフ 完敗で初戦敗退 (13時35分)

ズべレフ 今季初の芝は黒星 (12時02分)

チチパス 風に苦戦で初戦敗退 (11時29分)

錦織 ハレ大会を欠場 (10時33分)

6月13日

クヴィトバ けが癒えず欠場 (19時11分)

マクドナルド 手術成功を報告 (18時45分)

デ ミノー初戦突破で8強へ (16時48分)

ラオニッチ 激闘制し8強入り (13時19分)

サーフェス変更もシード撃破 (12時04分)

圧巻29秒キープも初戦敗退 (11時12分)

マレー、シングルス復帰へ希望 (10時44分)

マレー 復帰へ向け会場で練習 (7時35分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!