- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー、ロディックが順当に初戦突破◇USオープン

テニスのグランドスラムであるUSオープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は大会初日の31日、男子シングルス1回戦が行なわれ、大会6連覇を目指す第1シードのR・フェデラー(スイス)をはじめ、第5シードのA・ロディック(アメリカ)、第8シードのN・ダビデンコ(ロシア)ら上位シード陣が順当に2回戦に勝ち上がった。

ディフェンディング・チャンピオンとしてセンターコートに登場したフェデラーは、全米学生チャンピオンであるD・ブリトン(アメリカ)を6-1, 6-3, 7-5のストレートで下し、危なげなく初戦を突破した。

「トリッキーな試合だったね。相手は本当に失うものが何もないんだからね。」と試合を振り返ったフェデラーは、もし今大会で優勝すれば1925年のビル・チルデン以来となる大記録達成となる。

そのことについてフェデラーは「ビル・チルデンの記録に並ぶためにここに来たのさ。だけど彼に会ったこともないし、彼のプレーを見たこともない。だから彼に関して話すのは記録のこと以外では難しいね。だけど、そんな昔にプレーしていた人物と肩を並べることは、とても素晴らしいことだと思うよ。」と記録達成への意気込みを語っている。

「今日の目標は惨敗しないことだけで、すこし盛り上げられればいいと思っていたんだ。」と試合後に語ったブリトンは、第2セットと第3セットで1度ずつフェデラーのサービスゲームでブレークに成功していた。フェデラーからリードを奪った時の心境についてブリトンは「自分がブレークアップしている。スゲェ!って思っていたよ。だけど、30秒も持たなかったけどね。」事実、ブリトンはその直後にブレークバックを許していた。

また、グランドスラム通算16勝目そめざすフェデラーは、この日の試合に出場したことでキャリア獲得賞金額が史上初めて5000万ドルを突破した選手となった。このことについてフェデラーは「テニスが全てではないと分かっているから、問題ではないよ。僕はテニスを楽しんでいるから、グランドスラムでの記録を破ったからといって引退する必要はない。テニスが全てではないのさ。」と彼ならではコメントを残した。

この日最後の試合となったナイトセッション2試合目に登場したロディックは、B・パウ(ドイツ)を6-1, 6-4, 6-2のストレートで下し、2回戦進出を決めている。試合開始が大幅に遅れたため、この試合が終了した頃には日付が変わっていた。

試合後の会見でロディックは「夜中過ぎまで残ったファンの多くは1日中いたと思うよ。彼らは本当にここで目にして体験したことを楽しんでくれた思う。もう午前1時だ。彼らの多くは明日も仕事だろう。だから彼らは僕よりも早く起きなきゃいけないのは確かだね。」と得意のユーモアを織り交ぜつつファンに感謝していた。

この他の試合の結果は以下の通り。

N・ダビデンコ (8) ○-× D・キンドルマン(ドイツ), 6-3, 6-4, 7-5
R・ソデルリング(スウェーデン) (12) ○-× A・モンタネス(スペイン), 6-1, 3-6, 6-1, 6-4
T・ロブレド(スペイン) (14) ○-× D・ヤング(アメリカ), 6-4, 3-6, 6-2, 6-3
R・シュティエパネック(チェコ共和国) (15) ○-× S・ボレッリ(イタリア), 6-4, 6-4, 6-4
T・ハース(ドイツ) (20) ○-× A・ファリャ(コロンビア), 7-5, 4-6, 7-6 (9-7), 6-2
J・ブレーク(アメリカ) (21) ○-× R・ラミレス=イダルゴ(スペイン), 6-1, 6-4, 7-5
P・コールシュライバー(ドイツ) (23) ○-× A・セッピ(イタリア), 6-0, 6-4, 6-4
M・ヨージニ(ロシア) ○-× P・H・マチュー(フランス) (26), 2-6, 7-5, 6-0, 6-2
J・アイズナー(アメリカ) ○-× V・ハネスク(ルーマニア) (28), 6-1, 7-6 (16-14), 7-6 (7-5)
L・ヒューイット(オーストラリア) (31) ○-× T・アルベス(ブラジル), 6-0, 6-3, 6-4
G・ガルシア=ロペス(スペイン) ○-× P・ポランスキー(カナダ), 6-4, 6-4, 5-7, 3-6, 6-1
S・グロイル(ドイツ) ○-× G・ラペンティ, 6-3, 4-6, 3-6, 6-0, 7-6 (11-9)
M・キウディネッリ(スイス) ○-× P・スタラーチェ(イタリア), 7-6 (7-3), 7-6 (7-2), 6-0
S・デウバーマン(インド) ○-× F・ジル(ポルトガル), 6-3, 6-4, 6-3
M・イルハン(トルコ) ○-× C・ロクス(ベルギー), 3-6, 6-3, 3-6, 7-5, 7-5
J・ヘルニチ(チェコ共和国) ○-× R・シュトラー(ドイツ), 1-6, 7-6 (7-5), 6-4, 2-6, 6-3
M・グラノジェルス(スペイン) ○-× M・ズベレフ(ドイツ), 2-6, 7-5, 3-6, 6-4, 6-0
R・ケンドリック(アメリカ) ○-× M・バッサロ=アルグエッロ(アルゼンチン), 6-3, 6-2, 6-2
O・ロクス(ベルギー) ○-× I・クニツィン(ロシア), 6-3, 6-0, 6-2
J・I・チェラ(アルゼンチン) ○-× O・エルナンデス(スペイン), 6-4, 6-4, 6-2
M・ジケル(フランス) ○-× D・ツルスノフ(ロシア), 6-2, 5-7, 6-3, 6-3
L・メイヤー(アルゼンチン) ○-× A・ゴルベフ(カザフスタン), 6-4, 4-6, 7-5, 6-3

今大会の優勝賞金は160万ドル。

(2009年9月1日17時37分)
その他のニュース

8月22日

マレー 14年ぶりCH出場へ (20時38分)

ペール8強「本当にうれしい」 (16時02分)

ナダル 西岡ら全米会場で練習 (11時11分)

アニシモワ 父の急死で全米欠場 (11時02分)

錦織ら全米OPシード発表 (7時35分)

大坂ら全米OPシード順一覧 (7時18分)

内山靖崇 全米OP本戦へ王手 (7時02分)

清水綾乃 全米予選2回戦敗退 (6時22分)

8月21日

錦織 ジョコら楽天出場一覧 (20時15分)

ティアフォー相手棄権 3回戦へ (16時04分)

3カ月でコーチ契約解消へ (14時20分)

シャポバロフ「会心の勝利」 (14時16分)

ジョコら全米OP会場で練習 (11時57分)

ダニエル太郎ら予選1回戦敗退 (11時54分)

日比野 逆転で予選2回戦へ (11時51分)

元世界8位 今季限りで引退へ (11時45分)

松岡修造、全米OPを語る (10時54分)

ベルディヒ 復帰戦は2回戦敗退 (8時27分)

8月20日

チョン 全米OP予選2回戦へ (18時09分)

インカレ 単複決勝の結果一覧 (17時07分)

マレー 2週連続の初戦敗退 (16時29分)

フェデラーら全米会場で練習 (14時55分)

錦織 最終戦ランクは8位 (11時19分)

清水綾乃 全米OP予選2回戦へ (11時15分)

杉田ら全米OP予選2回戦へ (8時51分)

8月19日

インカレ 今村と山尾が決勝へ (21時56分)

インカレ 佐藤南帆が単複決勝へ (21時34分)

メドヴェデフ 初のトップ5へ (19時16分)

錦織7位 西岡は59位へ浮上 (16時45分)

西岡59位へ 自己最高目前 (15時21分)

テニス365とウインザーが提携 (15時13分)

キーズV トップ10返り咲き (14時46分)

大坂1位 全米は第1シード (13時29分)

メドヴェデフ「最高の1週間」 (12時01分)

錦織 世界ランク7位へ後退 (11時13分)

メドヴェデフ マスターズ初V (7時29分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!