- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

チェコとアルゼンチンは1勝1敗で初日終える◇デビスカップ

テニスの国別対抗戦であるデビスカップ準々決勝、チェコ共和国とアルゼンチンの対戦(チェコ/オストラバ)は、初日のシングルスを終え1勝1敗のタイで2日目のダブルスを迎えることとなった。

この日の第1試合、チェコのエースであるT・ベルディフ(チェコ共和国)が、J・モナコ(アルゼンチン)を6-4, 2-6, 2-6, 6-3, 6-2のフルセットで下し、まずチェコが1勝目を挙げた。続く第2試合では、世界ランク5位のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)が、I・ミナール(チェコ共和国)に6-1, 6-3, 6-3で快勝、1勝1敗として初日を終えることとなった。

この日の試合で12本のサービスエースを決めたデル=ポトロは「サーブがとても良かった。それがキーポイントだったね。」と試合を振り返った。デル=ポトロはこの勝利で、デビスカップのシングルス成績を5勝2敗としている。

一方、足首を痛めたR・シュティエパネック(チェコ共和国)の代わりにシングルスに出場したミナールは「失うものはなかった。だけど序盤であまりにもミスが多すぎた。」と反省の弁。シュティエパネックはダブルスに出場を予定している。

世界ランク20位のベルディフは、自らのサーブに苦しみながらも3時間27分のマラソンマッチを勝ち抜いた。「ファーストサーブに問題があった。それが一番の問題だね。」

2日目のダブルスでは、全仏オープンでダブルス優勝を果たしているL・ドロウィー(チェコ共和国)とシュティエパネックのペアと、デル=ポトロとL・メイヤー(アルゼンチン)のペアが2勝目を争う。

(2009年7月11日14時48分)
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!