- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

準々決勝でウィリアムズ姉妹が対決◇USオープン

USオープンテニス大会第8日目の1日、女子シングルス4回戦が行われ、第7シードのV・ウィリアムズ(アメリカ)は、第9シードのA・ラドワンスカ(ポーランド)を6-1, 6-3のストレートで下すなど、女子シングルスのベスト8が出揃った。

31本の凡ミスを犯しつつも、33本のウィナーを決め、勝利を収めたヴィーナスは、準々決勝で妹である第4シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)と対戦することとなった。セリーナは、主催者推薦のS・ブレモン(フランス)を6-2, 6-2で下し、2年連続での8強入りを果たしている。

両者は過去16度の対戦があり、8勝8敗と全く五分の対戦成績を残している。このうち、グランドスラムでの対戦は10戦あり、こちらも5勝5敗と、勝ち星を分け合っている。また、この全米オープンであった3度の姉妹対決は、姉のヴィーナスが2勝1敗と勝ち越しているが、その内2度の決勝での対戦は、1勝1敗となっている。

第6シードのD・サフィーナ(ロシア)は、A・グローネフェルド(ドイツ)を7-5, 6-0で下し、2006年以来2度目の準々決勝進出を果たしている。今季の全仏オープンで決勝に進出するなど、この夏は好調を維持しているサフィーナは、最近出場した3大会全てで決勝に進出しているほか、直近の7大会中6大会で決勝に進出している。

北京五輪の銀メダリストでもあるサフィーナは、今大会初の4強入りを懸けて、第16シードのF・ペネッタ(イタリア)と対戦することになった。ペネッタは、第32シードのA・モレスモ(フランス)に6-3, 6-0で圧勝し、初の全米オープン8強入りを果たしている。

この試合で、元女王のモレスモは、14回もダブルフォルトを犯すなど、サーブが大乱調、7度のブレークをペネッタに許した。対するペネッタは、ファーストサーブの確率がわずか42%ながらも、ダブルフォルトは2本しか犯さず、凡ミスもモレスモの40に対し、わずか21と、堅実なプレーでモレスモを寄せ付けなかった。

(2008年9月2日12時25分)
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!