- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ストローク力優位の先駆者 革命児アガシ、現役終止符

3日の全米オープン男子シングルス3回戦で敗れ、アンドレ・アガシ(米国)が現役に終止符を打った。テニスに破天荒ともいえたファッションを持ち込み、女優とのラブロマンスでわかせる一方、現代のストローク力優位のテニスの先駆けとなった。20年以上活躍した世界の名手だった。
16歳でプロ転向した当初は、派手な格好が話題となった。長髪、蛍光色の柄のウエアにデニム地の短パン、ラケットは黄色。「ウエアは白」と伝統を重んじるウィンブルドンと対立した革命児だった。1992年、そのウィンブルドンで、反応抜群のリターンと強ストロークで4大大会初優勝。芝コートをベースラインから制したボルグ(スウェーデン)以来の選手だった。
だが、手首の故障などで97年に世界141位まで転落。「日々、自分の最大限を出すことだけを考えた」。99年に女優ブルック・シールズさんとの結婚生活が破局を迎えたが、同年の全仏オープンで男子史上5人目の4大大会全制覇を達成。
元テニスの女王、シュテフィ・グラフさんと2001年に結婚したことが転機になった。「最後の6年を頑張れたのは彼女のおかげ。多くのものを与えてくれた」。30歳を過ぎても4大タイトルを取り、世界1位にも史上最年長で復活。晩年は髪をそり上げ、冷静沈着な求道者のような姿で、ファンの支持も増した。
ラケットを置く。「悲しみではない。未来への期待が入り交じった感情」。稼いだ巨額の富で恵まれない子どもたちのための基金や施設を運営している。今後は静かにその活動に励むという。(共同)(了)

(2006年9月4日16時13分)
その他のニュース

7月16日

日比野菜緒 ホノルルでV (19時35分)

錦織20位 日本勢世界ランク (17時02分)

ジョコ TOP10返り咲き (15時32分)

Vジョコ「長い道のりだった」 (14時03分)

錦織 世界ランク20位へ浮上 (12時01分)

ルール改定の話し合い求む (11時08分)

ペヤ/メリチャー組が初優勝 (10時28分)

上地 ウィンブルドン複5連覇 (9時52分)

ジョコ 3年ぶりに芝食べる (7時22分)

ジョコ 苦しい時期乗り越えV (2時10分)

ジョコ 3年ぶり4度目V (0時30分)

【1ポイント速報】ジョコvsアンダーソン (0時29分)

7月15日

ナダル ジョコ称賛「史上最高」 (16時49分)

産後10カ月で準Vに手応え (16時02分)

添田豪 CH決勝進出ならず (15時46分)

ペア2大会目でグランドスラムV (13時59分)

錦織「充電」後はワシントンへ (11時04分)

涙ケルバー、セリーナを称賛 (10時27分)

ジョコ ナダルは「ファイター」 (7時27分)

田島組「悔しい」 決勝ならず (4時36分)

ケルバー、セリーナ破り初V (1時21分)

【1ポイント速報】セリーナvsケルバー (1時19分)

7月14日

ジョコ 死闘制し決勝進出 (23時34分)

【1ポイント速報】ナダルvsジョコ (23時28分)

97年ぶり快挙「意味がある」 (17時00分)

ワウリンカ WCで出場へ (16時41分)

上地 シングルス決勝進出ならず (13時59分)

6時間半制すも長時間に苦言 (11時02分)

史上2番目 6時間36分の死闘 (10時16分)

歴代最多タイ王手のセリーナ (10時01分)

ジョコ ナダルにリードで順延 (7時28分)

田島組4強「緊張しました」 (6時48分)

【1ポイント速報】ナダルvsジョコ (6時47分)

97年ぶり快挙 死闘制し決勝へ (3時51分)

7月13日

フェデラーのユニクロ予約販売 (20時31分)

錦織「リベンジしたい」と綴る (17時00分)

「悔しい」と内藤/ 佐藤組 (15時00分)

劇的勝利 3時間激闘制し決勝へ (14時00分)

HEAD 新SPEED世界先行発売 (12時49分)

錦織8強当たり前と満足せず (11時00分)

王者 国枝まさかの初戦敗退 (10時00分)

ナダル、フェデラー気遣う (6時19分)

田島尚輝、複第1シード破る (2時35分)

セリーナ 決勝進出でV王手 (0時09分)

【1ポイント速報】女子準決勝 (0時07分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!