シャラポワ、フェデラー、錦織圭などテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!
tennis365.net
HOME → ニュースTOP → 今日のニュース(一覧) → 今日のニュース(詳細)

→ニュース | news

全豪オープン2009特集

大阪でシャラポワジャパンツアー開幕

マリア・シャラポワ
大阪のファンとともにイベントを楽しんだシャラポワ
画像:tennis365.net

(日本、大阪)

21日、大阪城ホールで「マリア・シャラポワ ジャパンツアー2005」が開幕した。

2月の東レ・パンパシフィック(優勝)以来10ヶ月ぶりの来日となるM・シャラポワは、今回はツアー戦とは違うリラックスした側面も見せ、詰め掛けた満員のファンにも最大のエンタテイメント・サービスを行った。

まずは、前日に到着し疲れが残っているにも関わらず、イベント開演前には20人の小学生にキッズクリニックを行い、熱心に指導した。

イベント本プログラム最初のファッションショーが始まると、自らがデザインを手がける「サマンサタバサ」のバッグを持ったモデルとともに登場、それぞれのバッグやアクセサリーを紹介し、デザイナーとしての素質を見せた。「私は小さいときからファッションに興味があり、このようなデザインをすることも夢だったので、それが叶って嬉しい。」とご機嫌の様子。

続いて行われたダブルスマッチでは、シャラポワは杉山愛とペアを組んで、ともに関西出身の森上亜希子不田涼子ペアと対戦。マイクを付けて臨んだこの試合では、試合中に選手同士の会話やジョークなどで観客を沸かせ、シャラポワが司会の松岡修造をコートに連れ出すシーンも。結果はタイブレイクの末にシャラポワ・杉山ペアが勝利を収めた。

この後、地元大阪の阪神タイガースの矢野輝弘捕手がラケットを持って登場し、シャラポワのサーブに挑戦したが、3球とも大ファウルで完敗。「野球のほうがあってるわね。(テニスの)才能が無い」と、シャラポワの厳しいコメントに苦笑いの矢野選手だった。

最後に行われたシングルスマッチでは、シャラポワは長旅の疲れからか、杉山選手に逆転負けを喫したが、最後は笑顔でコートを一周し、大阪のファンに飛び切りの笑顔を振りまいた。

このイベントは、22日に名古屋、23日に東京でも行われる。

マリア・シャラポワ・ジャパンツアー2005の公式ページはこちら

(2005年12月22日)

ページの先頭へ
→会社情報 →採用情報 →利用規約 →サイトマップ →個人情報保護に関して →アフィリエイトについて →訂正とお詫び →選手写真について →当サイトへのリンク
(c) 2004 - 2009 Fubic Corporation All rights reserved