ダニエル太郎、次戦はマレー

ゲッティイメージズ
ダニエル太郎
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は18日、男子シングルス1回戦が行われ、予選から出場している世界ランク120位のダニエル太郎が同じく予選勝者の同151位のT・バリオス ベラ(チリ)を7-6 (7-5),6-1,6-1のストレートで破り、2019年以来3年ぶり2度目の初戦突破を果たした。

>>ダニエル太郎ら全豪OP組み合わせ<<

>>ダニエル太郎vsマレー 1ポイント速報<<

ともに予選3試合を勝ち抜き駒を進めた本戦1回戦。第1セット、ダニエルは4本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに81パーセントの高い確率でポイントを獲得。ブレークチャンスを与えないプレーを披露すると、タイブレークを制し先行する。

第2セットではさらにサービスの調子を上げると、ストローク戦でもバリオス ベラを圧倒。サービスゲームでは1ポイントも許すことなくセットカウント2-0と勝利に王手をかけた。

第3セット、試合の主導権を離さなかったダニエルは強烈なフォアハンドウィナーを決め第4ゲームで先にブレーク。続く第6ゲームでもバックハンドウィナーを放ちリードを広げると、最後までバリオス ベラにブレークを許さず、1時間59分で勝利を手にした。

ダニエル太郎は試合後の会見で「タイブレークでダウンになるのはショック。メンタル的にとてもきついモーメントだった。僕の方が気持ち的に押していたので、そこでタイブレークで離されちゃうとあーあという気持ちになってしまう」と語った。

「でもとにかく1ポイント1ポイント続けてみようと思ったら知らないうちに7-5になっていた。あそこで冷静さを失わなかったのは大きかった」

勝利したダニエルは2回戦でワイルドカード(主催者推薦)で出場している世界ランク113位のA・マレー(イギリス)と対戦する。マレーは第21シードのN・バシラシヴィリ(ジョージア)を6-1, 3-6, 6-4, 6-7 (5-7), 6-4のフルセットで下しての勝ち上がり。

次戦のマレー戦に向けては次のように述べた。

「マレーは本当にファイター。でも、今は2回戦のことはあんまり考えていなくて、明日になってから考えたいかなと思っています。とても尊敬していて、彼が世界2位の時にデビスカップでやっている。今はまた違う試合なのでちゃんと準備して入っていきたいと思います」

同日には第2シードのD・メドベージェフ(ロシア)、第5シードのA・ルブレフ(ロシア)、第11シードのJ・シナー(イタリア)、第13シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)、第15シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)らが初戦突破を決めている。

[PR]全豪オープンテニス
1/17(月)~30(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ダニエル太郎 快勝で初戦突破
・ダニエル太郎 ジョコ撃破で驚き
・ダニエル太郎 敗戦も「誇り」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2022年1月18日17時46分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)