錦織 世界ランク31位へ後退

ゲッティ イメージズ
錦織圭
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスの2月24日付ATP世界ランキングが発表され、錦織圭は前回から1つ下げて31位へ後退した。

リオ・オープン(ブラジル/リオデジャネイロ、レッドクレー、ATP500)で優勝を果たしたC・ガリン(チリ)は前回から7つ上げて自己最高の18位へ浮上した。

デルレイビーチ・オープン(アメリカ/デルレイビーチ、ハード、ATP250)で準優勝を飾った西岡良仁は前回から15上げて自己最高の48位を記録し、初のトップ50位を果たした。

2月24日付のATP世界ランキングは以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■1位[ - ]…N・ジョコビッチ(セルビア)
9,720ポイント(9,720ポイント)

■2位[ - ]…R・ナダル(スペイン)
9,395ポイント(9,395ポイント)

■3位[ - ]…R・フェデラー(スイス)
7,130ポイント(7,130ポイント)

■4位[ - ]…D・ティーム(オーストリア)
7,045ポイント(7,045ポイント)

■5位[ - ]…D・メドヴェデフ(ロシア)
5,890ポイント(5,890ポイント)

■6位[ - ]…S・チチパス(ギリシャ)
4,745ポイント(4,745ポイント)

■7位[ - ]…A・ズベレフ(ドイツ)
3,885ポイント(3,885ポイント)

■8位[ - ]…M・ベレッティーニ(イタリア)
2,860ポイント(2,860ポイント)

■9位[ - ]…G・モンフィス(フランス)
2,860ポイント(2,860ポイント)

■10位[ - ]…D・ゴファン(ベルギー)
2,555ポイント(2,600ポイント)

「男子テニス国別対抗戦デビスカップ 予選ラウンド 日本 vs エクアドル」
母国の名誉と威信を懸けてしのぎを削る“テニスのワールドカップ”こと男子テニス国別対抗戦デビスカップをWOWOWで放送。11月にスペイン・マドリードで開催されるファイナルズ出場権を懸けて行なわれる、日本とエクアドルの予選ラウンドの模様をお届けする。

【放送予定】
3月6日(金)、7日(土)連日生中継


■詳細・放送スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織の大逆転勝ちが1位に
・西岡「不愉快な試合でした」
・西岡、錦織「超強かった」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2020年2月24日10時19分)
その他のニュース