キリオス「切り替え簡単じゃない」

ゲッティイメージズ
会見で語るキリオス
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスで世界ランク26位のN・キリオス(オーストラリア)は18日、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)の会場で会見に臨み、現在も被害が拡大しているオーストラリアの山火事被害と自身の大会への思いを語った。

>>ナダル、ジョコら全豪OP男子対戦表<<

>>大坂ら全豪OP女子対戦表<<

オーストラリアで現在も延焼が続いている山火事被害は、煙や火災の影響で多くの人命や動植物、民家などの建造物に被害を出している。

オーストラリアのキャンベラ出身のキリオスは会見で「この大会に100パーセント集中する、という切り替えをするのは簡単なことじゃない。僕の心はテニスをプレーすることにおいてまだ完全な状態ではない。現実で何が起きているのか、まだとても厳しい状況のはず。それでもできる限りの準備はしているつもりはある。練習などを見る人たちは僕を見て興奮して喜んでくれている。ここでプレーする度に多くのサポートを受けていると感じることができるんだ。現時点での最大のパフォーマンスを見せなければいけない」と決意を語った。

24歳のキリオスは全豪オープンに7年連続7度目の出場。2015年にはベスト8へ駒を進めたが、昨年は1回戦でM・ラオニッチ(カナダ)にストレートで敗れている。

今大会の初戦では世界ランク52位のL・ソネゴ(イタリア)と対戦する。両者は2度目の顔合わせでキリオスの1勝。

「ソネゴはとても難しい選手。去年シンシナティで彼とプレーしたがタフな試合だった。すべてが秀でていて、サービスやフォアハンドがとても良い」

この試合の勝者は2回戦で世界ランク44位のP・クエバス(ウルグアイ)と同57位のG・シモン(フランス)のどちらかと対戦する。

「全豪オープンテニス」
2020シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープン。2019年全豪を制覇し、日本人で初めて世界ランキング1位になった大坂なおみなど、今年の行方を占うトッププレーヤーたちの熱い戦いに世界中が注目する!

【放送予定】
1月20日(月)~2月2日(日)WOWOWにて連日生中継[大会第1・2日無料放送

■詳細・配信スケジュールはこちら>





■関連ニュース

・試合放棄キリオス「酷かった」
・フェデラー、キリオスを支持
・キリオス バスケ優先し大会欠場

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2020年1月19日18時13分)
その他のニュース