シモン 逆転で今季初の決勝へ

ゲッティイメージズ
決勝進出を果たしたシモン
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのフィーバー・ツリー・チャンピオンシップス(イギリス/ロンドン、芝、 ATP500)は22日、シングルス準決勝が行われ、世界ランク38位のG・シモン(フランス)が第4シードのD・メドヴェデフ(ロシア)を6-7 (4-7), 6-4, 6-3の逆転で破り今季初の決勝進出を果たした。

今季4度目の4強入りを果たしたシモンは、世界ランク13位のメドヴェデフのサービスゲームで13本のエースを奪われるも、4度ブレークに成功し2時間37分で激闘を制した。

男子プロテニス協会のATPの公式サイトで、シモンのコメントが掲載されており「挽回するのは難しかった。メドヴェデフとは何度も練習を共にしているから互いによく知っている。だから今日の試合はタフになるとわかっていた」と試合を振り返った。

「彼と球を打ち続けるのは大変。でも試合をしていく中で、疲れてくるとときどきリラックスしていいプレーができる時がある。今日は脚が疲れていても、球を打つ感覚はよかった」

初優勝を狙うシモンは決勝戦で、世界ランク113位の F・ロペス(スペイン)と対戦する。ロペスは準決勝で、第8シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)を逆転で下している。

また、ロペスは元世界ランク1位のA・マレー(イギリス)とのダブルスでも決勝へ進出しており、R・ラム(アメリカ)/ J・ソールズベリー(イギリス)組と対戦する。

「男子テニスATPツアー500 ハレ」
「男子テニスATPツアー500 ロンドン」

【配信予定】
6/17(月)~6/23(日) WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織、シモンは「タフな相手」
・シモン キャリア通算450勝
・マレー/ロペス組が決勝進出

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年6月23日14時17分)
その他のニュース