「ひどかった」逆転負けで敗退

ゲッティイメージズ
ベスト4進出とはならなかったズベレフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのノベンティ・オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)は20日、シングルス準々決勝が行われ、第2シードのA・ズベレフ(ドイツ)は世界ランク33位のD・ゴファン(ベルギー)に6-3, 1-6, 6-7 (3-7)の逆転で敗れて、2017年以来2年ぶり3度目のベスト4進出とはならなかった。

この試合、ズベレフは2度のブレークに成功し第1セットを先取。しかし、第2セットに入ると12度のブレークチャンスをゴファンに与えるなど失速。そのうち3度を決められ、セットカウント1-1に追いつかれる。

迎えたファイナルセットでは互いに1度ずつブレークを奪いタイブレークに突入。最後はズベレフのバックハンドのスライスがネットにかかり、2時間16分の熱戦の末に力尽きた。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはズベレフのコメントが掲載されている。

「(第1セットの後から)サービスがひどかった。さらにそれに合わせてラリーでもうまくいかなくなってしまった。そのようなことになれば主導権はあっという間に向こうにいってしまう」

「それでもポジティブなことはある。僕はここで3度の素晴らしい試合ができた。もちろん負けてうれしいことはないが、ウィンブルドンには良い気分で臨めるだろう」

一方、勝利したゴファンは今季ツアー初の決勝進出をかけて、準決勝で世界ランク22位のM・ベレッティーニ(イタリア)と対戦する。両者は初の顔合わせ。

前週のメルセデス・カップ(ドイツ/シュツットガルト、芝、ATP250)でタイトルを獲得ている23歳のベレッティーニは、準々決勝で第3シードのK・ハチャノフ(ロシア)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第1シードのR・フェデラー(スイス)、世界ランク43位のPH・エルベール(フランス)が4強へ駒を進めた。

「男子テニスATPツアー500 ハレ」
「男子テニスATPツアー500 ロンドン」

【配信予定】
6/17(月)~6/23(日) WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ズベレフ「芝で結果出したい」
・ブーイングで謝罪ズベレフ
・錦織6位 6/17最終戦ランク

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年6月22日10時01分)
その他のニュース