- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOP技術特集TOPボレー編
ボレー編

Vol.6 自分だけの武器を作ろう! ボレー編

つなぎのボレーが得意だけど今は、
決められないという人は……

少し角度のあるボレーを生かそう

現状:つなぎは得意だが、決めのボレーが苦手

ボレーに確実さがあり、決めるのは得意ではないが、つなぐボレーは得意という人は意外に多い。こういう人は、当たり損ねのミスは少なく、深さのコントロールもできるが、思い切った攻撃ができないという傾向があるわけだが、やはりボレーをする以上、「決める技術」というのは欠かせないものだ。

目標:少し角度をつけるボレーを身につける

このタイプの目標としてお勧めなのは、サービスボックスの角を狙うボレーを武器にすることだ(下図参照)。これなら、アングルボレーより簡単で、深いボレーより攻撃力があるので、それほどリスクを冒さずに効果的な攻撃ができる。あとは多少の冒険心と練習の積み重ねがあれば大丈夫だ。

ダブルスやつなぎのボレーが得意な人は、無意識のうちについ深く打ってしまって、かえって決まらないというケースが多くなるので、頭の切りかえも必要なのだ。

ボレーでは、角度をつけるほど決まりやすいが、その分ミスの危険も増すので、つなぎのボレーが得意な人は大きく角度をつけるのが恐くて、つい無難に深く返してしまう傾向がある。だが、そんな場合でも、サービスボックスの角あたりを狙うボレーなら、少し練習すればあまり抵抗なく打つことができ、無理をしないでも攻めることができる。これと深いつなぎのボレーを組み合わせるだけで、ひとつの武器になるのだ。

戦略:多彩なボレーを打つ必要はない

組み立てのパターンは、それほど複雑ではなく、角度をつけるボレーと深いストレートの(つなぎの)ボレーの2種類と、スマッシュがあればOKだ。詳しくは、下の図を見てほしいが、大事なのは、自分が得意とする2種類のボレーをいかに有効利用するかということを、よく考えることだ。そして、それを実戦で試し、成功して決める自信がついてくれば、自然に他のパターンも作れるようになってくるはずだ。

フォアのクロスボレーでは、打ちたい方向にボールを運ぶようにスウィングすると、アウトしやすくなってしまうので要注意だ。角度のあるボレーでは、わざと球足を短くしなければいけないので、「運ぶ」感覚は必要ない。それよりも、「面を合わせるだけで角度をつける」という感覚を覚えることが大切で、フォロースルーはほとんどないぐらいのつもりでかまわない。

武器を生かすための技術:ネットに出るためのパターン

武器を生かすために当然必要になるのは、ネットに出るためのパターンだ。サーブで出るのか、リターンで出るのか、アプローチショットで出るなら、どうやってその形に持っていくのか、自分なりに整理しておく必要がある。技術的には、もちろん最後の仕上げのスマッシュも、欠かすことはできない。

組み立てのパターンは、クロスに厳しいパスを打たれたらストレートに深く返しておき、ストレートに来たらクロスに決めるというのが基本となる。また、素直にオープンコートに打つというパターンを先に見せておいて、ときどきクロスのパスを逆にクロスに切り返すというのも有効だ(最初からクロスに打っても拾われやすい)。こうすれば2種類のボレーだけでも有効な攻撃ができるので、1、2本抜かれても気にせず、積極的に攻めていこう。

鈴木貴男のフォア・クロスボレー(倍速デジタル撮影)
無理なく角度をつけて打ったフォアボレーの模範例。テイクバックの段階でクロスにも打てる面を用意しておき、あとはボールに面を合わせるだけという感覚のボレーだ。インパクトの瞬間に面の角度を変える(面をこねる)のは、フォアのクロスボレーの場合は非常にミスにつながりやすいので禁物だ。練習段階では、相手に読まれることを気にする必要はなく、きちんと狙い通りに打つことだけを意識すれば良い。
G.ルゼッドスキのバック・クロスボレー
バックボレーでは、クロスに打つときにフォアよりもミスが出にくいので、どんどん積極的にトライしていきたい。技術的な基本はフォアと同じで、面をこねず、運ぶこともせず、クロス方向に向けて用意した面をボールに合わせ、あとはインパクトのタッチで球足の長さをコントロールするという形になる。

「前後の動きでエースを取ろう」>>

(テニスジャーナル 2003年12月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

ボレー編一覧






テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!