"

- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOP技術特集TOPフォアハンド編
フォアハンド編

Vol.3 上級者への道 フォアハンド編 上巻

前提の技術 テイクバックと面の作り方

テイクバックには3つのポイントがある

テイクバックには、前提の技術として非常に大事な要素が多く含まれている。そのポイントは、大きく分けて次の3つがあり、1と2に関してはこのページで、3は下巻で詳しく解説していく。
1.面を伏せる(外に向ける)
2.振り子のように引いて後ろでループ
3.できるだけコンパクトにする

1.テイクバックで面を伏せる(外に向ける)

フォアハンドにおいては、テイクバックで面を伏せるというのは、インパクトの面を安定させるために、欠かすことのできない重要な前提の技術となる。
単純に考えれば、テイクバックでもインパクト時と同様に地面に対して垂直な面を用意すれば良さそうなものだが、下の2点のイラストを見てもらえばわかるように、実際にはそう単純ではない。腕の自然な動き方を考えれば、面を下に向けた状態で用意するのが理にかなっているのだ。
また、ラケットヘッドを立てて引く場合には、ラケット面を外に向けることを意識すれば良い。そうすれば、スウィング始動時には自然に面が下を向いた状態になるはずだ。

このようにテイクバックで面を伏せた状態にして、そこから腕の形を変えずに肩を支点にした振り子の動きをすれば、インパクトに向けて自然に面が垂直になっていく。これが腕の自然な動きを生かしたスウィングだ。逆にインパクトの形から腕をゆっくり後ろに振ってみれば、そうした面の動きが確認できるはずだ。

このように面を垂直にしてテイクバックすると、スウィングが始動して加速度がかかったときに面が上を向いてしまう。したがってインパクトまで面を垂直に保つためには、腕の操作(面をかぶせていく動き)が必要になり、スウィングが速くなるほど操作がシビアになって、面が不安定になってしまうのだ。

R.フェデラーの安定したラケット面の動き
上のイラストで示したような面の動きが、そのまま表われているフォアハンドの強打の例。テイクバックで面を伏せるという基本が身についていれば、どんなにスウィングが速くなっても破綻は起こらないが、小手先の操作で面を合わせている場合は、スウィングが速くなるほど制御がむずかしくなり、面の狂いが大きくなってしまう。

2.振り子のように引いて後ろでループさせる

テイクバックに関する2つめのポイントは、振り子のような動きで引いていって、最後に後ろで小さくループさせるという点だ。昔から一般的に「トップスピンはループスウィング」と言われるが、手の部分(グリップの位置)だけに注目すると、ループ状に回すというよりも振り子の動きに近い(最後だけ回す)というのが実態であり(イラスト左下参照)、それはほとんどのプロに共通している。
それをラケットヘッドの動きとして見ると、「ループさせている」というようにも見えるわけだが、そこで「腕を回さなければ」と誤解してしまうと、右下のイラストのような間違ったテイクバックになってしまいやすいので注意してほしい。
また、最近の傾向としては、高い打点で打つために高く引く(手の位置が高い)選手が多くなっているが、サナギ段階では、それほど高く引く必要はない。それよりも、振り子的な動きを完全に身につけることを意識して、徐々に振り子の動きを高いところでやれるようにしていく(アガシの連続写真参照)という考え方で取り組んでほしい。初めから高く引こうとすると、間違った動きをクセにしてしまう可能性があるので注意しよう。

ラケットヘッドの動きを見ると大きくループさせているように見えるテイクバックでも、手の位置の軌道に注目するとこのように振り子状の動きになっている(最後の部分では小さくループさせる)というのが、プロ選手たちに共通するポイントだ。初めは全体的に低い位置でもかまわないので、振り子的な動きを習慣づけることが大切だ。

このように腕自体をループさせる(上に回す)テイクバックをすると、面が上を向いた状態になりやすいので、こういうクセをつけてしまうのは非常に危険だ。しかし、プロのように高く引こうとする意識が強すぎたり、正しいテイクバックが身についていない段階から無理に高く引こうとしたりすると、こうした間違った動きを身につけてしまう危険性があるので注意しよう。

A.コスタの標準的なテイクバック
1〜4にかけての右手(グリップ部)の動きは、まさに上のイラストと同じ振り子のような動きになっており、その段階では打球面は外を向いているが、5〜6にかけて面が下を向き、基本に忠実なテイクバックが完成している。また、4の段階で手の位置が十分高くなっているため高い打点にも対応でき、初中級者にも真似しやすい模範例と言える。
A.アガシの高い位置でのテイクバック
こちらは、上のコスタの例に比べてかなり上向きな振り子の動きになっている。腰の高さからスタートして、左手を離す時点(3)で右手はすでに胸ぐらいの高さにあり、後ろに引いた時点(4)では頭の高さ程度だ(これらは高く引く場合の目安にしたい)。また、高く引いてはいるが、後ろへの引きはあまり大きくないという点もぜひ見習ってほしい。
<< 前ページ

「前提の技術 ボールとの距離のとり方」>>

(テニスジャーナル 2003年5月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

フォアハンド編一覧

オススメ記事
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!