国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレー 21歳とのペアで混合複出場

アンディ・マレー、エマ・ラドゥカヌ
マレーとラドゥカヌ
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は3日、混合ダブルスにA・マレー(イギリス)E・ラドゥカヌ(イギリス)とペアを組み出場することを発表した。

>>ジョコビッチvsファーンリー 1ポイント速報<<

>>西岡 良仁vsペリカー 1ポイント速報<<

現在シングルス世界ランク113位のマレーは2013年と2016年のウィンブルドン王者。今年は引退を示唆するなかで迎えた大会となった。

しかし、先月19日に行われたシンチ・チャンピオンシップス(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)2回戦を腰の負傷により途中棄権すると、その後同箇所の手術を敢行。手術から約10日間でウィンブルドンのシングルス初戦を迎えることとなっていたが試合前に棄権を表明していた。

シングルスを欠場したマレーだが兄のJ・マレー(イギリス)とともにワイルドカード(主催者推薦)でダブルスに出場する予定。1回戦ではR・ヒジカタ(オーストラリア)/ J・ピアース(オーストラリア)組と対戦することが決定している。

そして今回、混合複に出場することも決定し、2021年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)シングルスで優勝した21歳のラドゥカヌとペアを組み参戦することとなる。

ウィンブルドンの公式サイトはマレーのコメントを掲載しており「興奮している。土壇場で決まったので長い間考えていたわけではない。エマ(ラドゥカヌ)とプレーする機会を得られたのは素晴らしいことだよ」と語った。

「コロナ禍の年の時に少し話したことはあるけど、お互いにシングルスで好成績を収めていたので実現しなかった。これが最後のチャンスだった。いい試合になると思うよ。(混合)でプレーする機会があったときはいつも本当に楽しかった。ファンもいつも本当に楽しんでいると思う。私たちがプレーする試合はどれも素晴らしい雰囲気になるはずだよ」

ワイルドカード(主催者推薦)で出場するマレー/ラドゥカヌ組は混合ダブルス1回戦でM・アレバロ(エルサルバドル)/ ザン・シュアイ(中国)組と顔を合わせる予定。

[PR]ウィンブルドンテニス
7/15(月・祝)までWOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンドでは日本人選手の全試合をライブ配信予定!


■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ニューエラ】最新テニスキャップ・Tシャツ
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・マレーがウィンブルドン棄権
・マレー「ここでもう1度プレーする機会を…」
・マレー兄弟 ウィンブルドン複出場へ

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年7月4日19時47分)

その他のニュース

7月24日

錦織圭 パリ五輪会場で練習 (8時00分)

元世界1位マレー 現役引退を表明 (7時34分)

7月23日

西岡86位 22日付日本勢世界ランク (15時43分)

柴原瑛菜 シングルスツアー初白星 (14時45分)

大坂102位、内島は自己最高位へ (13時43分)

東京五輪銀メダリストがパリ欠場へ (11時50分)

ダニエル、ジョコと練習「夢みたいな貴重な経験」 (11時03分)

20歳が初のトップ20へ (9時56分)

世界7位が五輪欠場、傷癒えず (8時27分)

西岡良仁 ストレート勝ちで初戦突破 (7時29分)

7月22日

30歳で悲願のツアー初優勝 (22時02分)

第2シードの本玉真唯が初戦突破 (21時01分)

西岡良仁 初戦は予選勝者に (19時07分)

熱戦制し2連覇「厳しい試合」 (17時59分)

飛躍の20歳 全サーフェスV達成 (14時24分)

復帰後早くも2度目V「信じられない」 (12時14分)

ダニエル太郎 ジョコと五輪に向け練習 (11時10分)

20歳フィスがズベレフ破り2度目V (9時35分)

ナダル撃破しツアー初V「感動」 (8時42分)

ナダル準Vも「満足できない」 (7時42分)

7月21日

19歳 リターン無双、2年連続決勝進出 (20時02分)

今井慎太郎V 高額賞金「ありがたい」 (19時20分)

西郷里奈が高額賞金大会V (18時21分)

チチパス下し今季3度目の決勝進出 (13時31分)

ナダルと決勝「夢のよう」 (11時53分)

望月慎太郎 6連敗 遠い白星 (10時42分)

ズベレフ 快勝で2連覇王手 (9時01分)

ナダル 131度目の決勝進出、復活V王手 (8時20分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!