国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダルコーチ「ラファは死ぬまでプレーする」

カルロス・モヤ、ラファエル・ナダル
(左から)モヤとナダル
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)に出場する元世界ランク1位のR・ナダル(スペイン)のコーチであるC・モヤ(スペイン)が男子プロテニス協会のATPのインタビューに応え、現在のナダルの状況などを明かした。

>>錦織 圭、西岡 良仁、ダニエル 太郎、望月 慎太郎ら全仏OP組合せ<<

>>大坂 なおみ、日比野 菜緒ら全仏OP組合せ<<

ナダルは昨年6月に左大腰筋の関節鏡手術を受けリハビリに励み、今年1月に復活。しかし、その後も負傷で再離脱すると、今シーズン限りでの現役引退を示唆している。

前週まで行われたBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)では2回戦でH・フルカチュ(ポーランド)に屈したナダル。今季限りでの引退を示唆しており最後の全仏オープンになる可能性がある。

全仏オープンでは史上最多となる14勝をあげ、マッチでは112勝3敗を記録。過去の敗戦は2009年の4回戦でのR・ソダーリン(スウェーデン)戦と、2015年と2021年のN・ジョコビッチ(セルビア)戦のみという圧倒的な成績を残している。

2017年からナダルについているモヤは全仏オープン前にインタビューに臨み、現状のナダルを説明した。

Q,ラファの調子は?
「良くなっている。上向きだ。練習でのレベルはかなり高い。あとはそれを試合で発揮する必要がある。彼は自信を持ってプレーできるほどフィットしていると信じている。ローマでもいい練習をしていたが、2回戦でフルカチュに負けた。ローマでは浮き沈みが激しかった。高いレベルでプレーするときもあったが、一貫性に欠けていた。復帰後、彼が自信をもって試合に臨んだのはフルカチュ戦が初めてだったかもしれない。期待通りにはいかなかった。この1週間の練習は、彼がいつも試合で求めているレベルを出すのに役立つだろう」

Q,ナダルはコート上で13時間の準備を積み重ねてきました。
「今回はいつもよりかなり遅れている。だからいつもより長い時間練習しているんだ。コートでの時間を増やすことで、彼の準備を加速させなければならなかった。あまりやりたくないことだけど、結局はラファに必要だと思うことに合わせるしかないんだ。今回はそういうことだね」

Q,タフな相手とも練習を?
「これまでもそうだった。ローラン・ギャロスに来たときも、開幕戦までの数日間、ズベレフやチチパスなどと練習してきた。その点で、僕たちもパワーアップしたのは事実だ。彼にリズムを与え、いわば彼を殺すことなくフォームを見つけることができるような最初の対戦相手を探している。そして、その週の進み具合に応じて、その点でもより厳しくしてきた。すべてはプロセスの一部だ。少なくとも、彼が練習を楽しんでいる姿を見ることができている」

Q,組合せは不運でしたか?1回戦でA・ズベレフ(ドイツ)と対戦します。
「もちろん、ズベレフは最悪の相手の1人だ。彼はけがもなく、自信に満ちている。彼はローマで勝ったばかりだしね。常に起こりうることだった。ラファがノーシードであることを考えれば、今まではドローは公平で優しかった。今回は最悪の事態だ。私たちは、彼が徐々にリズムと自信を取り戻せるようなドローを期待していた。でも、状況は違う。ズベレフを引き当てたのだから、最善の方法でアプローチしなければならない」

「彼はやる気満々だし、とても前向きな姿勢を持っている。私たちとしては、自分たちがどこにいて、誰と一緒にいるのかを知っている。それを持ち続けるんだ。とてもタフで、よく戦う試合になるだろう。ラファが練習通りのプレーができれば......そうポジティブに考えてはどうだろうか?」

Q,ラファエル・ナダルがローランギャロスにいます。勝つためにここにいますか?
「今、我慢することはないだろう。ラファは死ぬまでプレーし、100パーセントの力を出し切るだろう。5セットマッチという新しい状況だ。彼はこの2年間、5セットマッチを経験していない。彼に何か起こるとすれば、それは練習や試合の不足が原因ではない。彼の体が対応できないような無理が原因だろうが、何も起こらないはずだと確信しているよ」

[PR]全仏オープンテニス 5/26(日)~6/9(日)
WOWOWで連日生中継!
大会第1日を無料放送&ライブ配信!
WOWOWオンデマンドでは日本人選手の試合を全試合ライブ配信予定!


■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ディアドラ】2024最新ウエア・シューズ
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・猛烈ラケット破壊→観客にプレゼント
・綿貫 陽介が全仏OP欠場
・初戦でナダル回避「よかった」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年5月26日14時59分)

その他のニュース

6月23日

シナー 世界1位として初の決勝へ (10時03分)

加藤未唯 失格騒動の因縁ペアに雪辱 (8時49分)

6月22日

大坂なおみ ウィンブルドン前哨戦欠場 (22時20分)

ダニエル太郎 初戦は元世界9位 (21時45分)

錦織圭 初戦は世界29位に決定 (20時58分)

大坂なおみ、キリオスと混合複出場 (17時30分)

芝で中国史上初の4強 (16時36分)

内島萌夏 パリ五輪出場権獲得 (15時21分)

ナダルの従弟がツアー予選出場 (13時56分)

ルード、チチパスらがウィンブルドン複出場 (12時24分)

西岡、今季芝初戦は予選から (11時06分)

3試合連続フルセット 苦しみながらも4強 (10時01分)

ルーネとフリッツ撃破し4強へ (8時18分)

マレー 背中負傷について声明 (7時19分)

6月21日

世界4位ルバキナ 腹痛で途中棄権 (22時03分)

錦織圭 芝コートで調整開始 (21時11分)

複世界9位が五輪出場できず不満 (18時15分)

シナー 世界1位維持へ視界良好 (16時02分)

ジョコ 手術から2週間でコートへ (15時02分)

チチパス下し8強「最高の気分」 (13時25分)

世界1位のまま引退した28歳がプレーへ (12時20分)

新王者 また異次元ショット「非現実的」 (11時02分)

世界2位撃破「大変な試合だった」 (9時03分)

アルカラス 痛恨の2回戦敗退 (8時18分)

加藤未唯 失格騒動の因縁ペアと再戦 (7時05分)

6月20日

加藤未唯ペア 相手棄権で4強 (22時05分)

ウィンブルドン女王が芝で転倒し棄権 (20時56分)

元世界8位 10か月ぶり実戦復帰へ (19時03分)

ジョコ パリ五輪出場権を獲得 (16時03分)

ズベレフ8強「より良いプレーを」 (15時09分)

シナー/フルカチュの豪華ペア 8強へ (13時30分)

接戦制しディミ撃破 コルダ8強 (11時58分)

「僕の夢」4年に一度の舞台立てず (10時52分)

エース9本と“不発”ラオニッチ敗退 (10時00分)

メド撃破 ジャンが熱戦制し8強 (8時19分)

マレー 背中負傷で途中棄権 (7時26分)

【動画】シナー 異次元のショット披露 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!