国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

連覇かリベンジか 決勝は頂上決戦に

イガ・シフィオンテク、アリナ・サバレンカ
シフィオンテクとサバレンカ
画像提供: ゲッティイメージズ
女子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、WTA1000)は2日、シングルス準決勝が行われ、第1シードのI・シフィオンテク(ポーランド)と第2シードのA・サバレンカが決勝進出を果たした。世界ランク1位のシフィオンテクと世界ランク2位のサバレンカがタイトルをかける頂上決戦は2年連続となった。

>>シフィオンテク、サバレンカらマドリッドOP組合せ<<

>>ルブレフ、フリッツらマドリッドOP組合せ<<

世界ランク1位で22歳のシフィオンテクは今季、2月のカタール・トータルエナジー・オープン(カタール/ドーハ、ハード、WTA1000)で3連覇を達成すると3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、WTA1000)で2年ぶり2度目の大会制覇を果たすとともにキャリア通算19度目のツアー優勝を飾った。

今大会では初戦となる2回戦で世界ランク52位のワン・シユ(中国)、3回戦で第27シードのS・シルステア(ルーマニア)、4回戦で同27位のS・ソリベス=トルモ(スペイン)、準々決勝で第11シードのB・ハダッド=マイア(ブラジル)を下し4強入り。2日に行われた準決勝では第18シードのM・キーズ(アメリカ)を6-1, 6-3のストレートで退け2年連続2度目の決勝進出を決めた。

試合後、シフィオンテクは決勝戦に向けて「かなり自信があるわ。プレーする全てのトーナメントでかなり良い結果を残しているし、準決勝まで一貫性を保つことができた。ここは素晴らしい場所。努力が報われてうれしいわ。決勝戦は本当に自信がある」とコメントした。

一方、25歳で世界ランク2位のサバレンカは今季、1月のブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、WTA500)で準優勝しシーズンをスタートさせると、続く全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)では2連覇を達成し、四大大会2勝目を挙げた。

昨年女王として出場した今大会、初戦となる2回戦で世界ランク48位のM・リネッタ(ポーランド)、3回戦で同183位のR・モントゴメリー(アメリカ)、4回戦で第13シードのD・コリンズ(アメリカ)、準々決勝では17歳で世界ランク43位のM・アンドレーワを破りベスト4進出。準決勝では第4シードのE・ルバキナ(カザフスタン)を逆転で下し2年連続の優勝に王手をかけた。

サバレンカは2年連続でシフィオンテクと決勝を戦うことに「素晴らしい決勝戦になるだろう。彼女(シフィオンテク)とは何度もいい試合をした。いつもタフな戦いだった。決勝戦が楽しみで仕方がない。今回も優勝するために全力を尽くす。昨年の決勝戦はこれまでプレーした中で最高の試合だったと思う。特にクレーコートではね。レベルが非常に高かったしクリーンで激しく、力強い試合だった。これまでプレーした中で最高の決勝だった」と述べた。

2年連続でシフィオンテクとサバレンカとなった決勝戦は現地4日を予定。両者は過去に9度対戦しており、シフィオンテクの6勝3敗。昨年のムチュア・マドリッド・オープン決勝ではサバレンカが6-3, 3-6, 6-3のフルセットで勝利。なお、最後に顔を合わせたのは昨年11月の最終戦 GNPセグロス・WTAファイナルズ(メキシコ/カンクン、ハード)の決勝であり、シフィオンテクが6-3, 6-2のストレート勝ちを収めている。


【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新シューズ&ウエア発売中>


■関連ニュース

・2年連続決勝へ 昨年のリベンジなるか
・昨年女王が逆転勝ち 連覇に王手
・17歳の快進撃止め昨年女王が4強

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年5月3日15時18分)

その他のニュース

7月24日

西岡良仁 2回戦は世界97位に (15時31分)

前週Vの元世界6位、接戦制し2回戦へ (13時01分)

ティーム 最後のクレーは初戦敗退 (11時56分)

5連敗阻止で全仏OPぶり白星 (10時57分)

ナダル/アルカラスのペア名は? (10時05分)

大坂なおみ パリ五輪会場で連日調整 (8時54分)

錦織圭 パリ五輪会場で練習 (8時00分)

元世界1位マレー 現役引退を表明 (7時34分)

7月23日

西岡86位 22日付日本勢世界ランク (15時43分)

柴原瑛菜 シングルスツアー初白星 (14時45分)

大坂102位、内島は自己最高位へ (13時43分)

東京五輪銀メダリストがパリ欠場へ (11時50分)

ダニエル、ジョコと練習「夢みたいな貴重な経験」 (11時03分)

20歳が初のトップ20へ (9時56分)

世界7位が五輪欠場、傷癒えず (8時27分)

西岡良仁 ストレート勝ちで初戦突破 (7時29分)

7月22日

30歳で悲願のツアー初優勝 (22時02分)

第2シードの本玉真唯が初戦突破 (21時01分)

西岡良仁 初戦は予選勝者に (19時07分)

熱戦制し2連覇「厳しい試合」 (17時59分)

飛躍の20歳 全サーフェスV達成 (14時24分)

復帰後早くも2度目V「信じられない」 (12時14分)

ダニエル太郎 ジョコと五輪に向け練習 (11時10分)

20歳フィスがズベレフ破り2度目V (9時35分)

ナダル撃破しツアー初V「感動」 (8時42分)

ナダル準Vも「満足できない」 (7時42分)

7月21日

19歳 リターン無双、2年連続決勝進出 (20時02分)

今井慎太郎V 高額賞金「ありがたい」 (19時20分)

西郷里奈が高額賞金大会V (18時21分)

チチパス下し今季3度目の決勝進出 (13時31分)

ナダルと決勝「夢のよう」 (11時53分)

望月慎太郎 6連敗 遠い白星 (10時42分)

ズベレフ 快勝で2連覇王手 (9時01分)

ナダル 131度目の決勝進出、復活V王手 (8時20分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!