国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

「シナーはもっと良くなれる」

ヤニック・シナー
マイアミOPを制したシナー
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)は3月31日、シングルス決勝が行われ、第2シードのJ・シナー(イタリア)が第11シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)を6-3,6-1のストレートで破り、大会初優勝を飾るとともに今季3度目のツアー制覇を果たした。試合後、シナーのコーチの一人であるダレン・ケーヒル氏は「彼はもっと良くなれる」と明かした。

>>【動画】シナーがディミトロフを破りマイアミOPで初優勝した瞬間<<

22歳で世界ランク3位のシナーは準決勝で昨年王者で第3シードのD・メドベージェフにストレートで勝利し決勝に進出。また、今年は全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)などで優勝しており、マッチでの敗戦はBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)準決勝でのC・アルカラス(スペイン)戦のみで、21勝1敗という驚異的な成績を残し優勝に王手をかけた。

決勝戦、第4ゲームで訪れたブレークポイントを凌ぎ切ったシナーは直後の第5ゲームでブレークに成功。その後はファーストサービスが入ったときに100パーセントの確率でポイントを獲得するなどディミトロフに挽回を許さず。第9ゲームではブレークポイントとなるセットポイントを握ると最後はラリー戦からバックハンドのダウンザラインを決め、第1セットを先取した。

第2セットも流れを渡さなかったシナーは第4ゲームで先にブレークを奪うと、ディミトロフに最後までブレークを許すことなく1時間13分で快勝。1月の全豪オープン、2月のABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ/ロッテルダム、室内ハード、ATP500)に続く今季3勝目をあげた。

シナーにとっては昨年8月のナショナル・バンク・オープン(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)以来2度目の「ATP1000」のタイトル獲得に。また、4月1日付けの世界ランキングでアルカラスを抜き自己最高を更新する世界ランク2位へと浮上した。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトにシナーのコーチの一人であるケーヒル氏のコメントを掲載し次のように語った。

「彼は素晴らしいプレーをしているし、今日の彼のレベルは凄まじかった。でも、彼はもっと良くなれる。より精錬され少し年齢を重ね、強く、速く、そして賢くなるにつれ、それら全てのことが彼のゲームに現れる。僕らは彼のサーブやテンポの速いゲーム、スライス・バックハンド、フォアハンドの方向性、サーブのリターンを改善することに取り組んできた」

「これ(改善する姿勢)はN・ジョコビッチ(セルビア)の素晴らしいところでもある。36歳のノヴァークはまだ自分のゲームの改善を模索しており、私たちは彼が調整を行っていることを知っている。メドベージェフもそうだし、カルロス(アルカラス)はサーブの改善に取り組み続けている。それは誰にとっても普通のことなんだ」

「今、どのコートで、どの選手と対戦しても彼はリスペクトを忘れることはないが、恐れることもない。それは本当に重要なことで、そこに足を踏み入れたとき、ベストを尽くす準備ができているということなんだ」

一方、敗れたディミトロフは1月のブリスベン国際(オーストラリア/メルボルン、ハード、ATP250)に次ぐツアー通算10勝目をあげることはできなかったものの、4月1日付けの世界ランキングで2018年10月以来となる約5年5ヵ月ぶりのトップ10復帰を果たしている。


【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新シューズ&ウエア発売中>


■関連ニュース

・シナー 完勝でマイアミOP初V
・シナー今季3勝目「本当に誇り」
・ディミ「シナーは現時点で世界最強」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年4月1日16時48分)

その他のニュース

4月21日

大激闘の末に3連覇阻止し決勝へ (0時09分)

【1ポイント速報】シフィオンテクvsルバキナ (0時00分)

4月20日

日比野ペア 逆転負けで決勝逃す (21時55分)

スコア操作&賭博、審判が永久追放 (18時35分)

17歳新星を撃破「現実離れしてた」 (17時23分)

ズベレフ「この天候では勝てない」 (16時26分)

高級リゾートで団体戦、非日常体験 (15時00分)

全チーム賞金獲得!団体戦が開催 (15時00分)

女王シフィオンテク 3連覇へあと2勝 (14時32分)

極寒の戦い制す、7度目の正直なるか (13時54分)

大坂なおみ以来の珍記録 (11時47分)

無敗記録を継続 3連覇へ前進 (10時34分)

世界3位撃破「信じられない結末」 (9時11分)

大苦戦チチパス、逆転勝ちで4強 (8時06分)

4月19日

ズベレフ 世界106位に敗れ4強逃す (22時55分)

先月負傷のマレー 練習再開 (21時19分)

ルバキナ 接戦制しクレー初戦白星 (18時58分)

西岡良仁、世界40位とバスケ対決 (17時58分)

わずか48分、母国大会で圧勝し8強 (17時13分)

弧を描く“バナナショット”披露 (15時34分)

世界1位 今季クレー初戦白星で8強へ (14時32分)

フェデラーも協力 新作テニスゲーム (13時53分)

島袋将 元世界31位ハリスに敗北 (12時21分)

【1ポイント速報】島袋将vsハリス (10時53分)

17歳フォンセカ、ツアー2度目の8強へ (10時16分)

デミノー撃破の19歳フィスが8強へ (8時35分)

ダニエル太郎 オジェに屈し8強ならず (7時19分)

4月18日

通算200勝達成「知らなかった」 (22時05分)

日比野菜緒ペア 不戦勝で4強 (21時02分)

ナダル 全仏OPに覚悟「命を懸ける」 (19時18分)

試合後に気持ち溢れ号泣 (17時34分)

大坂なおみ撃破「対戦できて光栄」 (15時53分)

NEW ERAコラボ第3弾があたるプレゼント企画実施中 (15時28分)

島袋将 チャレンジャー大会8強へ (14時19分)

【1ポイント速報】島袋将vsホン (12時33分)

錦織、全仏&全米の新作ウエア発表 (12時25分)

東レPPO 毎トー優勝者に予選WC付与決定 (12時04分)

ナダルに勝利「一生に一度のチャンス」 (11時01分)

36歳バウティスタ=アグ 400勝に到達 (8時58分)

ナダル敗退「このコートに別れを告げることができた」 (7時37分)

ナダル 世界11位に敗れ16強ならず (1時10分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!