国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

悪夢の再現で準Vも「今は夢見てる」

メドベージェフ
準優勝のメドベージェフ
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は28日に男子シングルス決勝が行われ、第3シードのD・メドベージェフは第4シードのJ・シナー(イタリア)に6-3, 6-3, 4-6, 4-6, 3-6の逆転で敗れ、大会初優勝を逃すと共に2021年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)に次ぐ2度目の四大大会制覇とはならなかった。試合後、メドベージェフは「今、僕はこれまで以上に夢を見ている」と語った。

>>【動画】22歳シナー 四大大会初V、大逆転で全豪OP優勝決めた瞬間<<

>>シナーら全豪オープン組合せ<<

同大会では2021年と2022年に準優勝を飾っている27歳で世界ランク3位のメドベージェフ。初制覇を狙う今大会は3試合のフルセットマッチを含む6試合を勝ち抜き、2年ぶり3度目の決勝進出を果たした。

決勝戦、開始からメドベージェフは強烈なショットで主導権を握ると第1セットでは2度のブレークを果たし先行する。第2セットでも勢いに乗るメドベージェフは2度のブレークに成功。第7ゲームでこの試合初のブレークを許したものの、2度目のサービング・フォー・ザ・セットとなった第9ゲームをキープし、2セットアップと優勝に王手をかける。

しかし、ここからシナーの反撃を受ける。第3セットは終盤までサービスキープを続け迎えた第10ゲームでブレークを奪われ1セットを返される。さらに第4セットも終盤の第10ゲームでブレークポイントを握られると、シナーに強烈なフォアハンドショットを決められブレークを許し、2セットオールに追いつかれる。

迎えたファイナルセット、第6ゲームでブレークポイントをシナーに握られると、最後は強烈なフォアハンドウィナーを決められブレークされる。その後メドベージェフはブレークバックを果たせず、3時間44分で力尽きた。

この結果、四大大会決勝の通算成績が1勝5敗となったメドベージェフ。全豪オープンにおいては3度目の準優勝となった。

2022年大会の決勝でもR・ナダル(スペイン)に対し2セットアップから逆転で敗れる悪夢で優勝を逃したメドベージェフは当時「夢を見るのをやめた」と失意のコメントを残していたが、今回の試合後の会見で2022年大会での発言を念頭に心境を語った。

「(2022年とは)気持ちも違うし、状況も違うと思う。今、僕はこれまで以上に夢を見ている。今日だけではなくて、人生全般においてね」

「でも、もう夢を見ている子供ではないね。それは今の僕自身であって、夢を持ち自分の現在と将来のためにできることすべてをしている27歳だよ。僕はそれが大好きだ。だから決勝に進めたんだ。勝ちたかった。惜しかった。惜しかったよね?上手く言えないけど、遠くなかったよ」

今大会、決勝戦を含め5セットマッチを4試合こなし、24時間以上コートに立っていたメドベージェフは身体的に厳しかったことを認めたものの、会見では「今シーズン、次のステップに進む準備はできている。力強いスタートを切れたよ」と前を向いた。

一方、勝利したシナーは四大大会初タイトルとなった。




■関連ニュース

・大坂 なおみ 2月は3週連続大会出場
・ジョコ「最悪の試合」全豪OP敗退
・露選手と握手のウクライナ選手が謝罪

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年1月29日9時22分)

その他のニュース

4月15日

チチパス 2年ぶり3度目の優勝 (0時04分)

【1ポイント速報】ルードvsチチパス (0時00分)

4月14日

錦織圭 マドリッドOP欠場 (22時15分)

アルカラス 負傷で2週連続欠場 (20時49分)

ナダル「人生の一部を過ごした場所」 (19時48分)

内山 5年ぶりV「更に上を目指す」 (19時03分)

単敗退ズベレフ 5年ぶり複V王手 (18時03分)

誤審が影響「全く違う結果になった」 (16時28分)

【初中~中級】男子ダブルス大会開催 (15時44分)

幻の焼き芋 貰える!混合ダブルス大会開催 (15時25分)

内山靖崇 4年半ぶり6度目の優勝 (14時55分)

【1ポイント速報】内山靖崇 2年7ヵ月ぶり決勝戦 (12時34分)

ジョコ撃破 6度目の対戦で初 (12時10分)

シナー敗退、重要場面で誤審の不運 (10時43分)

大坂なおみ 2年ぶりクレー 相手決定 (9時11分)

ジョコ 準決勝で敗退「がっかり」 (7時18分)

4月13日

内山靖崇 2年半ぶりCH決勝へ (22時25分)

大坂なおみら全選手がBJK杯振り返る (20時56分)

杉山愛監督「世界一は夢じゃない」 (20時32分)

大坂なおみ パリ五輪出場に意欲 (19時36分)

日本 11月開催BJKファイナルズ出場決定 (19時09分)

青山/柴原ペアは敗北、日本3勝1敗で予選突破 (17時58分)

「大坂はGSを1つ、2つ獲れる」 (17時40分)

【1ポイント速報】BJK杯「日本vsカザフスタン」2日目 (16時54分)

日比野「自然に涙が出ました」 (16時49分)

日比野 激闘制し3連勝、ファイナル進出決定 (15時21分)

チチパス 失セット0で4強へ (12時09分)

ティアフォー 4ヵ月でコーチと別れ (11時09分)

熱戦制したシナー、ルーネ撃破で4強 (9時28分)

ジョコ 不調乗り越え9年ぶり4強 (8時37分)

4月12日

【会見全文】大坂なおみ「特別な感情」 (21時13分)

杉山監督「2人とも素晴らしかった」 (19時06分)

大坂なおみ「とても緊張した」 (18時44分)

日比野「攻守のバランス良かった」 (17時22分)

大坂なおみ 相手エース撃破!日本勝利に王手 (17時15分)

【1ポイント速報】BJK杯「日本vsカザフスタン」初日 (15時25分)

日比野菜緒が完勝で日本が先勝! (15時20分)

“指揮者”ジョコがブーイングに応戦 (11時56分)

大会史上最長3時間30分の死闘制す (11時33分)

好調シナー 今季3度目MSで8強 (10時27分)

大坂ら日本代表5選手にインタビュー (9時10分)

ジョコ 昨年負けた相手に雪辱果たす (0時06分)

【動画】シナーが誤審でブレークを逃した場面 (0時00分)

【動画】ジョコビッチ撃破!ルード勝利の瞬間 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!