国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

関口周一が引退「幸せだった」

関口周一
関口周一
画像提供: tennis365.net
日本テニスの頂点を争う大会、三菱電機ビルソリューションズ 全日本テニス選手権 98th(東京/有明、ハード)は1日に男子シングルス3回戦が行われ、今大会での引退を表明していた第1シードの関口周一は第14シードの磯村志に4-6, 4-6のストレートで敗れベスト8進出を逃すとともに、現役生活に幕を閉じた。

>>【画像】会見で笑顔を見せる関口周一<<

昨年の同大会の準優勝者で32歳の関口は今季9月のUCHIYAMA CUP(北海道/札幌、ハード、ITF)で優勝するなど下部大会を中心に活躍していたものの、先月1日に今大会での現役引退を表明していた。

迎えた最後の全日本テニス選手権、関口は第1シードとして出場したため1回戦が免除となり、初戦となった2回戦でワイルドカード(主催者推薦)で出場した松岡隼を6-0, 6-1のストレートで下し3回戦に進出した。

迎えた3回戦、両者ともに持ち味の安定感あるプレーを披露しキープを続けたものの、関口は終盤の第10ゲームでブレークを許し先行される。

続く第2セット、第3ゲームでダブルフォルトを犯すなど磯村のサービスが乱れたところを関口がブレークに成功しリードする。しかし、関口は第6ゲームでブレークバックを許し、最後は第10ゲームでこのセット2度目のブレークを奪われ力尽きた。

試合後の会見で関口は引退を決意した理由について明かした。

「プレースタイル的にやっぱり僕はロングラリーをしなきゃいけない。ビッグショットがあってポイントを短く終わらせられないので、そうなると1大会2大会は良いプレーができても、ランキングが500位600位になってしまって(現在は539位)、そうすると1万5000ドルとか2万5000ドルの大会で3つ4つ連続で勝っていかないと300位とか、グランドスラムの予選を目標にすることすらできなくなってしまいます」

「プレースタイル的に少しでも動きの質が落ちてしまうと、試合に勝つことも難しくなってしまうので。でもまだ1大会2大会であれば連続で良いプレーをできる感触は持っていたので、だったらランキングを上げるとか、グランドスラムを目指すんじゃなくて今年はもう全日本に全部のエネルギーを注ごうかなと思いました」

また、これまでのキャリアを振り返り「幸せだった」と語った。

「キャリアを振り返ると、西岡選手とかああいうふうにいきなりトップ100に入っちゃうような選手以外は誰もがグランドスラムの予選、全日本選手権というのはきっと欲しいタイトルだと思いますし、僕もそれを目標にしていました」

「何も自分がしたかった目標は達成できなかったですけど、テニスが好きでしたし、目標が達成できなくても自分なりに一生懸命やりました」

「もちろん後悔する場面とか試合っていうのは頭にたくさん浮かんできますけど、だからって死ぬわけじゃないんで(笑)自分なりに一生懸命、大好きなテニスをできた14年だったかなと思います」

「周りの人との巡り合いとか、そういう点ではすごく恵まれていました。いろんな人が助けてくれて、何とか去年は全日本のタイトルに届きそうでしたし、一生懸命やり続けられたのもそういう方たちのおかげだと思ってるので、そういうところで幸せだったなと思っています」

関口は笑顔で現役生活を終え、第2の人生を歩み出した。




■関連ニュース

・「BIG4全員から勝利」に驚き
・「彼はTOP10に入る、問題は…」
・ラケット直撃し脳震盪、急遽欠場

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年11月1日19時14分)

その他のニュース

2月27日

2度のMP凌ぎ3度のタイブレーク制して初戦突破 (9時56分)

2年ぶり出場へ ナダルがIWで練習開始 (8時13分)

マレー 史上5人目の大台到達「悪くないね」 (7時18分)

2月26日

【告知】ダニエル太郎vsデミノー (22時17分)

【告知】西岡良仁vsボルジェス (22時16分)

ジョコらテニス界から5名ノミネート (22時13分)

日本勢トップ日比野菜緒 順位9上げる (19時38分)

準V全豪OP以来の出場 ポイント防衛へ (18時22分)

ダニエル64位 西岡は82位へ (14時38分)

西岡良仁 アカプルコ本戦入りならず (13時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsモウ (11時17分)

本玉真唯 予選勝ち抜き「WTA500」本戦へ (10時02分)

ツアー5勝目で「ATP500」初制覇 (8時28分)

1日3試合 5時間戦いツアー単複2冠達成 (7時32分)

2月25日

復帰迫るナダル 練習動画公開 (19時05分)

錦織圭の新コーチ”ヨハンソン”とは (18時21分)

29歳でツアー初V「奇跡だと思う」 (16時07分)

ダニエル太郎 初戦でデミノーと激突 (15時31分)

予選勝者が第2シード撃破し決勝へ (14時57分)

マレー 南米テニスに「MSやるべき」 (14時09分)

西岡良仁 完勝でアカプルコ本戦に王手 (12時54分)

望月慎太郎 ヒジカタと熱戦も予選敗退 (12時38分)

【1ポイント速報】西岡良仁、望月慎太郎 予選1回戦 (9時51分)

逆転勝ちでキャリア最大タイトル獲得 (9時19分)

激闘の第1セット制しツアー6勝目 (8時34分)

錦織 新コーチは元全豪王者に (7時31分)

2月24日

フェデラーをフォア史上3位に (22時59分)

汚職防止規則違反で15カ月出場停止 (21時56分)

ナダルとアルカラスに次ぐ4強 (19時24分)

ラケット叩きつけに「滅多にない」 (18時37分)

3時間半超え死闘の末ズベレフ撃破 (17時25分)

イタリア人女子5人目の決勝進出 (16時09分)

昨年Vチチパス撃破 ルード決勝へ (14時58分)

17歳の躍進止める、予選勝者が4強へ (14時42分)

予選から出場し世界1位撃破、初の決勝へ (13時36分)

ジョコとナダルまさかの同乗!? 写真公開 (11時31分)

西岡良仁&望月慎太郎 初戦の相手決定 (10時38分)

18歳が快進撃で決勝進出「言葉ない」 (9時15分)

女王敗退 3年半ぶりに予選勝者に屈す (7時42分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!