国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織以来の4強、望月慎太郎とは

望月慎太郎
ジャパンOPでの望月慎太郎
画像提供: tennis365.net
男子テニスの木下グループ ジャパンオープンテニス チャンピオンシップス(日本/東京、ハード、ATP500)にワイルドカード(主催者推薦)を受け取り出場し、ツアー大会初のベスト4進出を果たした世界ランク215位の望月慎太郎。日本勢としては元世界ランク4位の錦織圭以来 史上2人目となる快挙を遂げた20歳はどんな選手なのか解説する。

>>シェルトンらジャパンOP組合せ・結果<<

神奈川県出身の望月は3歳でテニスを始め、11歳の時に小学生日本一を競う、第31回第一生命全国小学生テニス選手権大会(東京/相娯園総合グラウンドテニスコート、クレー)で4強入り。さらに12歳の時には有望な若手選手を支援する「盛田正明テニス・ファンド」 の奨学生となり、米フロリダ州のIMGアカデミーで腕を磨いた。

そして、2019年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)ジュニア男子シングルスでは日本人男子として初優勝の快挙を達成。2019年7月15日付の男子ジュニア世界ランキングでは日本人男子初の1位に輝いた。さらに、同年のジュニアデビスカップでは日本代表を優勝に導く活躍を見せた。

その後、望月は2020年にはモレロス・オープン(メキシコ/モレロス、ハード、ATPチャレンジャー)でチャレンジャー複初の準優勝。2021年のシンガポール・テニス・オープン(シンガポール/シンガポール、室内ハード、ATP250)ではツアー初出場を果たした。

順調に見えた望月だが2022年は1年を通して苦しむことに。同年11月のユニ・チャームトロフィー愛媛国際オープン(日本/松山、ハード、ATPチャレンジャー)では4強入りしたもののランキングも大きく変わることなく1年を終えた。

それでも2023年、2月にテネリフェ・チャレンジャー2(スペイン/テネリフェ、ATPチャレンジャー)のダブルスで優勝を飾ると同年4月のチッタデーリャ・ディスフィーダ・オープン(イタリア/バルレッタ、クレー、ATPチャレンジャー)ではチャレンジャー大会シングルスで念願の初タイトルを獲得した。

さらに7月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で予選3試合を勝ち抜きグランドスラム初の本戦出場。1回戦でT・ポール(アメリカ)にストレート負けを喫したものの、大会明けとなる2023年7月17日付の世界ランキングでキャリアハイとなる192位を記録し初のトップ200入りを決めた。

その後はツアー4大会に出場するも本戦白星を挙げることができず。前週のロレックス・上海・マスターズ(中国/上海、ハード、ATPマスターズ)では予選1回戦で敗れ、木下グループ ジャパンオープンテニス チャンピオンシップスに臨んだ。

2年連続でワイルドカードを受け取った望月は1回戦、世界ランク31位のT・M・エチェベリー(アルゼンチン)と対戦するとストレート勝ちを収めてツアー初白星。試合終了後、望月は念願の勝利にベンチで感情をあらわにし涙を流した。

そして続く2回戦では昨年王者で第1シードである世界ランク10位のT・フリッツ(アメリカ)と激突。第1セットを0-6で落とす苦しい展開となるも6-4で第2セットを獲得。ファイナルセットではゲームカウント3-5の崖っぷちから7-6 (7-2)の逆転勝ちを収め大金星を挙げた。

勢いそのままに準々決勝で世界ランク41位のA・ポピリン(オーストラリア)破った望月だが準決勝では同50位のA・カラツェフにストレート負け。錦織以来5年ぶり史上2人目のジャパン・オープン決勝進出とはならなかったものの4強入りする快進撃を見せた。

なお、望月は22日時点でのATP世界ランキングでは前回から84上げて自己最高位となる131位を記録。来月28日に開幕する21歳以下最終戦Next Gen ATPファイナルズ(サウジアラビア/ジェッダ、ハード)出場をかけた「RACE TO Jeddah」(21歳以下最終戦出場ランキング)で14上げて15位に浮上した。

日本人初の21歳以下最終戦Next Gen ATPファイナルズ出場の可能性を残しており、残りわずかとなった2023年シーズンの活躍にも注目が集まる。

【望月のジャパン・オープン結果】

1回戦 vs.エチェベリー, 6-4, 7-6 (7-5)
2回戦 vs.フリッツ, 0-6, 6-4, 7-6 (7-2)
準々決勝 vs. ポピリン, 7-5, 2-6, 7-5
準決勝 vs. カラツェフ, 3-6, 4-6

[PR]西岡 良仁、綿貫 陽介、島袋 将、望月 慎太郎、小田 凱人ら出場予定!
10/16(月)~10/22(日)「木下グループジャパンオープンテニス」WOWOWで連日独占生放送&WOWOWオンデマンドでは全コート配信予定!


■WOWOWオンデマンドはこちら>




■関連ニュース

・快進撃の望月 21歳以下最終戦へ前進
・望月慎太郎 ジャパンOP決勝ならず
・望月は「信じられない」フリッツ脱帽

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年10月22日16時46分)

その他のニュース

2月23日

37歳モンフィス 大会最年長で4強入り (11時03分)

マレー&ルブレフ撃破の18歳が4強へ (10時02分)

母国への侵攻 歌で苦しみ表現 (8時29分)

綿貫「治療に専念」膝の負傷明かす (7時19分)

2月22日

レジェンド審判が死去、悲しみ広がる (23時10分)

フェデラー 華麗なプレー公開にファン歓喜 (22時05分)

完敗の西岡良仁「苦しい試合」 (20時05分)

元世界4位に罰金850万円、賭博規則違反 (19時08分)

【出場選手一覧】ジョコらマイアミOP (17時44分)

【出場選手一覧】大坂なおみらマイアミOP (16時50分)

20試合目で”天敵”以外に初黒星 (15時30分)

対トップ20は13連勝 上位勢に負けないシフィオンテク (14時54分)

西岡良仁 ズベレフに完敗で8強ならず (13時24分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsズベレフ (11時58分)

【特典あり】アンケート開催中 テニスとストレッチ (11時55分)

17歳 期待の逸材がツアー初勝利 (11時19分)

捻挫で離脱へ Pt失効多い来月に間に合うか (10時44分)

年齢差2倍 マレーとの死闘制し8強 (9時09分)

錦織「Working hard!」練習動画公開 (8時00分)

ルーネとムラトグルー 再タッグ発表 (7時22分)

2月21日

ハレプ「1年半の悪夢が終わった」 (22時35分)

世界10位が手首の手術成功を報告 (19時05分)

ツアー10連敗阻止 ガスケ初戦突破 (18時01分)

44歳カルロビッチ 正式に現役引退 (17時06分)

前週V ワウリンカ撃破「うれしい」 (16時03分)

勝負分けた1ポイント「これがテニス」 (15時38分)

西岡 ズべレフ戦へ「反省踏まえる」 (14時47分)

アルカラス 2ポイント目で転倒し棄権 (13時04分)

ダニエル太郎 好調世界44位に屈する (12時03分)

西岡良仁 失ゲーム1の圧勝で初戦突破 (10時43分)

ご乱心 重要ポイント手放すまさかの行動 (10時26分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎&西岡良仁 1回戦 (9時38分)

マレー 連敗脱出、全身で喜び表現 (8時44分)

杉田祐一【引退コメント全文】 (7時28分)

日比野菜緒、善戦も16強ならず (0時08分)

【1ポイント速報】日比野菜緒vsジェン (0時00分)

2月20日

大波乱 全豪Vの世界2位が初戦敗退 (20時51分)

世界11位が全豪OP以来の勝利 (19時13分)

ワウリンカ 前週Vと激突「挑戦」 (18時32分)

3時間死闘制し今季マッチ2勝目 (17時43分)

ダニエル62位 西岡は84位 (16時30分)

シナーを称賛「優勝しても驚かない」 (12時55分)

今季2度目の途中棄権で涙 (11時12分)

強風ものともせず快勝 中国選手初の白星 (10時13分)

好調プリスコバ 要因は新コーチ就任 (8時36分)

フリッツ 大会史上2人目の連覇達成 (7時23分)

【動画】ヤストレンスカの新曲「Hearts」 (0時00分)

【動画】フェデラーが公開した華麗なストローク (0時00分)

【動画】勝負を分けた運命の「1ポイント」 (0時00分)

【動画】セットポイントを逃がし"ご乱心" (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!