国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

西岡「第2セットが勝利に繋がった」

西岡良仁
試合終了後に倒れこむ西岡良仁
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は3日、男子シングルス3回戦が行われ、第27シードの西岡良仁が世界ランク172位のT・セイボス ワイルドを3-6, 7-6 (10-8), 2-6, 6-4, 6-0のフルセットで破り、大会初のベスト16進出を果たした。同大会を全日程生中継するWOWOWは試合後のインタビューを行った。

>>【動画】西岡良仁 全仏OP初16強を決めた瞬間、死闘制しコートに倒れこむ<<

>>ジョコビッチ、西岡 良仁ら全仏OP組み合わせ<<

27歳の西岡が全仏オープンに出場するのは6年連続7度目。今年1月の全豪オープンでは錦織圭に続く日本人男子2人目、自身初となる四大大会でのシードを獲得しており、今大会は2度目となった。

昨年の全仏オープンでは1回戦で敗れており最高成績は2019年と2020年、2021年に記録した2回戦進出。今大会、1回戦では世界ランク50位のJ・J・ウルフ(アメリカ)、2回戦では68位のM・パーセル(オーストラリア)を下し、初の3回戦進出を決めている。

対するセイボスワイルドは、1回戦で第2シードのD・メドベージェフを、2回戦で世界ランクで423位のG・ペラ(アルゼンチン)を破り、四大大会初の3回戦へ駒を進めている。

この日の第1セット、セイボス ワイルドの強烈なフォアハンドに苦しんだ西岡は第8ゲームでブレークを許す。ラケットを叩きつけるなど苛立ちを見せチェアアンパイアから警告を受けた西岡はリターンゲームで1度もブレークポイントを握れず、先行される。

続く第2セット、第7ゲームでブレークを許した西岡だったが、直後の第8ゲームでブレークバックに成功。しかし、第11ゲーム、30-30の場面、最後は自身が放ったフォアハンドがアウトの判定を受け30-40に。これに対し西岡はチェアアンパイアに駆け寄り猛抗議。すると2度目のペナルティを取られてポイントペナルティとなりブレークを許す。

それでも直後の第12ゲームでブレークバックに成功しタイブレークに突入。西岡は序盤でミニブレークを許し3-6とリードを許すも3度のセットポイントを凌ぎ6-6のイーブンに。自身は3度目のセットポイントを活かし、1セットオールに追いつく。

第3セット、第1ゲームでブレークチャンスを活かせなかった西岡は直後の第2ゲームでブレークを許す。その後もセイボス ワイルドの強烈なショットを受け、ブレークバックのチャンスを掴めず、第8ゲームで2度目のブレークを許し、セットカウント1-2と後がなくなる。

それでも第4セット、第1ゲームでブレークに成功した西岡。直後の第2ゲームではブレークバックのチャンス凌ぐと、その後はブレークチャンスを与えず。サービング・フォー・ザ・セットとなった第10ゲームをキープし、セットカウント2-2に追いつく。

迎えたファイナルセットの第1ゲーム、40-0としブレークチャンスを得た西岡。セイボス ワイルドが粘りを見せるも6度目をものにして第4セット同様にいきなりブレークに成功。その後、ミスが目立つセイボス ワイルドに畳みかけた西岡は1ゲームも与えず、3時間38分の死闘を制した。

西岡はキャリア初の四大大会16強入りを果たした今年1月の全豪オープンに続き、グランドスラム2大会連続で4回戦進出。また、日本人男子が全仏オープンのシングルスで16強入りするのは2021年の錦織以来2年ぶりとなった。

【西岡良仁インタビュー】

Q. グランドスラム2大会連続のベスト16おめでとうございます。今の気持ちから教えてください。

「正直、第2セットが取れたのが勝ちに繋がったと思います。あれが取れていなかったら今日の勝ちはなかったです。結構いろんなことが起きましたが、負けている中でも常にファイトしてポイントを取りに行く姿勢が勝利に繋がりました。今日は大きい勝利だったと思います」

Q. 加えて第4・ファイナルセットでいきなりのブレーク。集中力を切らさなかったですね。

「彼が疲れているのは見えていました。第3セットに関しては彼は飛ばし気味で来ていたので、これが続いたら無理だなと思いましたけど、さすがにずっと続けることはないと思っていました。加えてサーブの威力が断然、落ちたので完全に狙えるチャンスだと思いました。取り切れる部分を取り切れたので良かったと思います」

Q. 次はいよいよ四大大会ベスト8への挑戦です。抱負を聞かせてください。

「今年はこれが2回目の挑戦ということになります。全豪オープンでは残念な結果だったので、しっかりと今日、明日でリカバリーして良い状態で挑めるように頑張りたいと思います」

勝利した西岡は4回戦で世界ランク49位のT・マルティン・エチェベリーと対戦する。マルティン・エチェベリーは3回戦で第15シードのB・チョリッチ(クロアチア)を6-3, 7-6 (7-5), 6-2のストレートで下しての勝ち上がり。

[PR]5/28(日)~6/11(日)全仏オープンテニス WOWOWで連日生放送!
日本人選手の試合はWOWOWオンデマンドで全試合ライブ配信予定!


■放送&配信スケジュールはこちら>





■関連ニュース

・西岡「ペナルティで火付いた」
・西岡良仁 錦織圭以来の全仏OP16強
・西岡良仁「やりにくかった」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年6月4日7時58分)

その他のニュース

6月15日

ダブルス新ルール 改善し試験導入は継続 (16時44分)

17歳新星にWC 芝ツアー初参戦 (15時53分)

31本エース 逆転勝ちで芝4強へ (14時03分)

デミノー、ラオニッチに快勝で4強 (12時56分)

大坂なおみ 次戦は17日開幕の独大会 (11時42分)

大坂撃破「本当に勝ちたかった」 (10時39分)

世界15位ルーネ、ジャパンOP出場へ (9時34分)

大坂なおみ 元世界4位に屈し4強ならず (2時59分)

6月14日

【1ポイント速報】大坂なおみvsアンドレースク (22時00分)

ナダル 7月クレーに19年ぶり出場 (17時31分)

ウィンブルドン賞金 10年で2倍に (16時24分)

フェデラー 特別上映会に出席 (14時09分)

世界400位が第1シード撃破の金星 (13時03分)

ベレッティーニ8強 シャポ撃破 (12時14分)

ラオニッチ 25本エースで8強 (11時26分)

ナダル ウィンブルドンを欠場 (10時17分)

6月13日

コレあの素材で出来てます テニスクラファン実施中 (18時55分)

錦織圭と大坂なおみ 五輪出場権獲得 (17時52分)

西岡良仁 2年ぶりトップ100陥落 (17時07分)

世界232位が元王者破る番狂わせ (15時58分)

ナダルとフェデラーに共通する価値観 (14時47分)

大坂と自身「似たようなキャリア」 (13時36分)

ナダルとアルカラス 五輪で複出場 (10時34分)

女王 ぶっつけ本番でウィンブルドンへ (9時09分)

大坂なおみ 芝のプレーに「自信」 (8時24分)

大坂なおみ 54分完勝で芝6年ぶり8強 (0時13分)

6月12日

【1ポイント速報】大坂なおみ リベマOP2回戦 (23時11分)

得意の芝で元世界6位が復帰 (16時18分)

元世界3位ラオニッチ 復帰戦の芝で快勝 (14時28分)

ズベレフ 疲労の蓄積で母国大会欠場 (12時39分)

柴原瑛菜 ラドゥカヌに屈し初戦敗退 (12時16分)

マレー 今季芝初戦で黒星 (11時37分)

島袋 ノリーにフルセットで敗れる (10時59分)

【動画】大坂なおみ撃破の瞬間!アンドレースクが熱戦制し4強 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!