国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

勝利で大喜び→ミスジャッジで取消しに

フィス
フィス(マドリッドOP)
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのリヨン・オープン(フランス/リヨン、レッドクレー、ATP250)は26日にシングルス準決勝が行われ、世界ランク112位のA・フィス(フランス)が第8シードのB・ナカシマ(アメリカ)を7-5, 4-6, 7-6 (7-5)のフルセットで破り、キャリア初のツアー決勝進出を果たした。この試合で、ミスジャッジによって1度勝利が取り消される珍しいシーンがあった。

>>【動画】勝利がミスジャッジによって取消されたシーン<<

現在18歳のフィスは、2021年に16歳でジュニア世界ランク3位を記録し、同年の全仏オープン・ジュニア(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)でシングルス準優勝を飾ったフランス期待の新星。

今シーズンはチャレンジャー大会で1度の優勝と1度の準優勝を飾ると、2月の南フランス・オープン(フランス/モンペリエ、室内ハード、ATP250)とオープン13・プロヴァンス(フランス/マルセイユ、ハード、 ATP250)でベスト4に進出した。

今大会は1回戦で世界ランク70位のジャン・ジジェン(中国)を破ると、2回戦ではM・イメル(スウェーデン)がラケットを審判台に叩きつけ失格処分となりベスト8に進出。準々決勝では第1シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)と対戦予定だったが、オジェ アリアシムが負傷により試合前に棄権したため準決勝に駒を進めた。

この試合の第1セット、ナカシマが5度のブレークポイントを逃すと終盤の第12ゲームでフィスがこの日初めて訪れたブレークポイントを1本でものにし先行する。

しかし第2セットでフィスはナカシマに2度のブレークを許し、試合はファイナルセットに突入する。ファイナルセットでは両者1度ずつのブレークを果たし、迎えた第10ゲームでフィスはマッチポイントを握る。

このポイントでナカシマが放ったバックハンドを線審がアウトとコールすると、母国の観客は大歓声をあげフィスの勝利を祝福。フィスはその場に大の字で倒れこみ全身で喜びを表現した。

しかし、フィスが起き上がり握手に向かおうとすると主審がボールマークの確認に訪れ判定をインに変更。これがナカシマのポイントとなり試合は続行されることになった。フィスは信じられないという表情で背中と後頭部に赤土がついたままプレーに戻った。

このゲームは結局ナカシマがキープし、試合はタイブレークに突入する。フィスは1度勝利を確信したものの、その後集中力を切らさずプレー。タイブレークでは1度のミニブレークに成功。自身は1度もミニブレークを許さず、最後はこの日「2度目の」勝利の瞬間を迎え、初のツアー決勝進出を果たした。

勝利したフィスは決勝で第4シードのF・セルンドロ(アルゼンチン)と対戦する。セルンドロは準決勝で第2シードのC・ノリー(イギリス)をストレートで破っての勝ち上がり。

[PR]5/28(日)~6/11(日)全仏オープンテニス WOWOWで連日生放送!
WOWOWオンデマンドでは大会第1日~第3日を無料配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>





■関連ニュース

・元世界10位 鬱病から涙の本戦進出
・BIG4以外で20年ぶりの第1シード
・1年の産休から復帰後2ヵ月で4強

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年5月27日10時26分)

その他のニュース

7月18日

ズベレフ「かなり痛みを感じてた」 (15時57分)

ノアがデ杯日本代表スポンサーに (14時43分)

錦織圭 五輪に向けパリへ出発 (13時13分)

前週準Vの島袋将、完勝で初戦突破 (9時42分)

世界121位が世界8位撃破の金星 (8時53分)

ナダル/ルード組、接戦制し4強 (7時55分)

7月17日

選手を誹謗中傷から守るAI導入へ (15時39分)

39歳ワウリンカ 初戦敗退 (14時05分)

野口莉央、予選から3連勝で初戦突破 (12時22分)

世界102位の大坂、全米OP本戦漏れ (11時15分)

全米OP 錦織は主催者推薦でのみ出場可能に (10時27分)

昨年王者撃破で‘18年王者が初戦突破 (10時02分)

望月 第7シードに屈し初戦敗退 (8時20分)

ナダル「成功を祈る」ボルグ息子へ (7時25分)

ナダル、ボルグに完勝で初戦突破 (0時50分)

【1ポイント速報】ナダルvsボルグ (0時00分)

7月16日

ダニエル太郎 激闘の末に初戦敗退 (22時44分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsスカトフ (19時00分)

西岡良仁86位浮上、日本勢トップに (18時43分)

四大大会2大会連続準Vで初トップ5へ (17時50分)

「ラファの誘いに答えるのは簡単」 (16時49分)

「マイシン」日本リーグから撤退 (15時32分)

全チームに賞金!テニス365団体戦開催 (14時51分)

アルカラスはBIG3にないオーラがある (12時34分)

小国から史上初の世界1位が誕生 (11時18分)

”サーブロボット” 2年ぶりツアー白星 (9時13分)

ナダル狂騒曲 月曜昼に異例の超満員 (8時11分)

7月15日

ナダル 2連覇アルカラスを祝福 (18時44分)

島袋将「先に繋がる良い1週間」 (17時36分)

四大大会で若手が台頭「良いこと」 (16時35分)

シナー1位 ジョコとアルカラス続く (13時04分)

大坂なおみ102位へ トップ100目前 (12時27分)

「ジョコは今でもスーパーマン」 (11時40分)

四大大会4度目V「勝ち続けたい」 (10時52分)

島袋将 第3シードに惜敗し準優勝 (8時30分)

ジョコ 偉業逃すも「最後ではない」 (7時20分)

BIG3以上の早さで四大大会4勝目 (6時39分)

小田/三木ペア 5大会連続準V (5時47分)

ウィンブルドン混合V「信じられない」 (4時52分)

準Vジョコ「彼が勝者にふさわしい」 (2時23分)

アルカラスV 史上6人目の快挙達成 (1時27分)

アルカラスがウィンブルドン2連覇 (0時39分)

【動画】ナダルとルードが圧倒!ダブルス1回戦のハイライト! (0時00分)

【動画】ナダルに熱狂!異例の客入りとなった満員の観客席! (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!