国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

中断の連続に「笑っちゃった」

ダニール・メドベージェフ
決勝進出を果たしたメドベージェフ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)は20日、シングルス準決勝が行われ、第3シードのD・メドベージェフが第5シードのS・チチパス(ギリシャ)を7-5, 7-5のストレートで破り、クレーコートでの「ATPマスターズ1000」初の決勝進出を果たした。

>>メドベージェフらBNLイタリア国際 組合せ・結果<<

昨年までクレーコートで大きな結果を出せず「苦手」としていた27歳のメドベージェフだったが、今年は4月のロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)で8強入り。前週のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)では大会初の16強入りした。

今大会では初戦となる2回戦で世界ランク43位のE・ルースブオリ(フィンランド)、3回戦で第31シードのB・ミラリェス(スペイン)、4回戦で第19シードのA・ズベレフ(ドイツ)、準々決勝で世界ランク101位のY・ハンフマン(ドイツ)を下し4強へ。チチパスとの対戦に臨んだ。

準決勝、メドベージェフは第1ゲームでいきなりブレークに成功するも第8ゲームでブレークバックを許す。この時点で雨天により試合は一時中断。約2時間40分の中断を経て再開されると第9ゲームをチチパスがサービスキープ。しかし、この時点で再び雨脚が強くなり試合が中断となる。

その後約1時間40分の中断を経て再開されると、チチパスのサービスゲームとなった第11ゲーム、0-40から追いついたメドベージェフが1度のブレークポイントを握る。最後はチチパスがダブルフォルトを犯しブレークに成功。2度の中断を経てメドベージェフが先行する。

続く第2セット、第1ゲームでメドベージェフがブレークポイントを握ると最後はパッシングショットを決めてブレークに成功。その後、チチパスの反撃を受け第6ゲームでブレークバックを許すも第11ゲームで2度目のブレークに成功。サービング・フォー・ザ・マッチとなった第12ゲームでは1度目のマッチポイントをものにし、決勝進出を決めた。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはメドベージェフのコメントが掲載されている。

「今日は楽しくプレーできたよ。雨の影響で合計7回くらいウォームアップをしたんだ。時には雨のために気分が悪くなったり、その状況に腹を立てたりすることもある。でも今日は、なぜかわからないけどちょっと笑ってしまったんだ」

「『よし、コートを開けたからウォームアップしよう』と言われることが何度もあった。僕らはコートに戻り、ウォームアップを始めるけど『雨がひどいのでウォームアップを中止してください』という言葉を受け取る。僕らは笑っていたよ」

決勝でメドベージェフは第7シードのH・ルーネ(デンマーク)と対戦する。ルーネは準決勝で第4シードのC・ルード(ノルウェー)を6-7 (2-7), 6-4, 6-2の逆転で下しての勝ち上がり。メドベージェフはこの試合で勝利し優勝を飾ることができれば、次週の世界ランク更新で2位に浮上する。
2019年のバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)以来となるクレーコートでのツアー決勝となるメドベージェフ。バルセロナでは準優勝に終わっていたが、今回は念願のクレー初優勝を飾ることができるか。通算20勝目がかかる決勝は現地時間21日16時(日本時間21日の23時)以降に開始される。



■関連ニュース

・錦織、復帰は「もうちょっと」
・ナダル全仏欠場&引退意向【発表全文】
・全米決勝に登場した少年亡くなる

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年5月21日12時08分)

その他のニュース

6月16日

元世界6位撃破 22歳がツアー初V (23時45分)

デ ミノー 通算9度目V 自己最高7位へ (22時31分)

ダニエル太郎 相手棄権で本戦へ (21時32分)

【中止】ダニエル太郎vsコキナキス (21時20分)

西郷里奈 大東建託OP東京大会でV (19時54分)

シナー明かす フェデラーの助言 (19時02分)

9度目V王手で自己最高8位へ (18時03分)

大坂撃破の元世界4位 5年ぶりV王手 (16時26分)

18歳の本田尚也 ナダルと練習 (15時52分)

【厳選】今週のスーパープレー5選 (15時08分)

幻の焼き芋付き!女子ダブルス大会 (15時07分)

3試合以上できる!混合ダブルス大会 (14時57分)

島袋将 大会側のミスで出場取消しに (11時20分)

元世界6位が復活 3冠に王手 (10時06分)

ダニエル太郎 逆転勝ちで本戦王手 (8時48分)

大坂なおみ 初戦で世界8位と激突 (7時33分)

錦織圭 17日開幕芝大会は欠場 (6時37分)

6月15日

大東建託OP有明 、決勝カードが決定 (18時18分)

ダブルス新ルール 改善し試験導入は継続 (16時44分)

17歳新星にWC 芝ツアー初参戦 (15時53分)

31本エース 逆転勝ちで芝4強へ (14時03分)

デミノー、ラオニッチに快勝で4強 (12時56分)

大坂なおみ 次戦は17日開幕の独大会 (11時42分)

大坂撃破「本当に勝ちたかった」 (10時39分)

世界15位ルーネ、ジャパンOP出場へ (9時34分)

大坂なおみ 元世界4位に屈し4強ならず (2時59分)

6月14日

【1ポイント速報】大坂なおみvsアンドレースク (22時00分)

ナダル 7月クレーに19年ぶり出場 (17時31分)

ウィンブルドン賞金 10年で2倍に (16時24分)

フェデラー 特別上映会に出席 (14時09分)

世界400位が第1シード撃破の金星 (13時03分)

ベレッティーニ8強 シャポ撃破 (12時14分)

ラオニッチ 25本エースで8強 (11時26分)

ナダル ウィンブルドンを欠場 (10時17分)

【画像】本田尚也とナダルの2ショット写真 (0時00分)

6月13日

コレあの素材で出来てます テニスクラファン実施中 (18時55分)

錦織圭と大坂なおみ 五輪出場権獲得 (17時52分)

西岡良仁 2年ぶりトップ100陥落 (17時07分)

世界232位が元王者破る番狂わせ (15時58分)

ナダルとフェデラーに共通する価値観 (14時47分)

大坂と自身「似たようなキャリア」 (13時36分)

ナダルとアルカラス 五輪で複出場 (10時34分)

女王 ぶっつけ本番でウィンブルドンへ (9時09分)

大坂なおみ 芝のプレーに「自信」 (8時24分)

大坂なおみ 54分完勝で芝6年ぶり8強 (0時13分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!