国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコ「態度は理解できない」

ノヴァーク・ジョコビッチ
ノヴァーク・ジョコビッチ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)は16日にシングルス4回戦が行われ、昨年王者で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第13シードのC・ノリー(イギリス)を6-3, 6-4のストレートで下し、17年連続のベスト8進出を果たした。ジョコビッチは試合後の会見でノリーの言動について述べている。

>>【動画】ジョコビッチがスマッシュを当てられたシーン<<

>>ジョコビッチらBNLイタリア国際 組合せ・結果<<

今季2勝をあげているジョコビッチがBNLイタリア国際に出場するのは17年連続17度目。昨年を含め過去6度優勝を飾っている。

今大会は2回戦で世界ランク61位のT・マルティン・エチェベリー(アルゼンチン)をストレートで、3回戦では第26シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)をフルセットで下して4回戦に駒を進めた。

この試合の第1セット、第2ゲームでブレークに成功したジョコビッチは序盤から3ゲーム連取に成功。自身のサービスゲームではファーストサービス時にポイントを92パーセントという高い確率で獲得し、ノリーに1度もブレークポイントを与えず先行する。

続く第2セット、第3ゲームでジョコビッチが先にブレークするも、直後の第4ゲームでノリーにブレークバックを許す。このゲームの最後のポイントではノリーがどこにでもスマッシュを打てる状況で、諦めて後ろを向いていたジョコビッチにスマッシュを当ててしまった。

ノリーはすぐに手を挙げ謝るも、ジョコビッチはノリーを睨みつけ一触即発の事態に。第5ゲーム後のチェンジコート時にすれ違った際もジョコビッチはノリーを睨みつけていた。その後、ジョコビッチは第9ゲームで2度目のブレークを奪い1時間30分で勝利した。

試合後の握手の際にはジョコビッチはノリーと目を合わさなかった。さらに、試合終了後、相手選手がコートを去る際に拍手を送ることが多いジョコビッチだが拍手を送ることもなかった。

大会の公式サイトはジョコビッチのコメントを掲載し、ノリーの言動について触れている。

「彼が僕を対して打ったときのリプレイは見た。もしかしたら、彼は故意に僕に向かって打った訳ではないと言えるかもしれない。彼が僕を見ていたかどうかは分からない。ボールはとてもスローで、ネットに近かった。僕はポイントが終わったので、ただ振り向いただけだよ」

「それがどうしたというより、色々なことが重なったのかもしれない。彼は最初から、ルールで認められていることをすべて利用した。僕のサーブの前にメディカルタイムアウトを取り、僕をボールを当て、1ポイント取るごとに僕の顔に向かって“Come on”と叫んだ。テニスはフェアなゲームではない。彼がやったことはすべて許されるけど正しくはない」

「彼とはツアーに参加している時ずっと仲良くしてきたし、一緒に練習してきた。コート外ではとてもいい人だったので、コート上でのこのような態度は正直理解できない。でも、それが現実なんだ。彼が火種を起こしたので、僕もそれに応えただけ。でも、コートで起きたことはコートに置いて次に進むよ」

勝利したジョコビッチは準々決勝で第7シードのH・ルーネ(デンマーク)と対戦する。ルーネは4回戦、予選勝者で世界ランク77位のA・ポピリン(オーストラリア)を6-4, 5-7, 6-4のフルセットで下しての勝ち上がり。

同日には第3シードのD・メドベージェフ、第4シードのC・ルード(ノルウェー)、第5シードのS・チチパス(ギリシャ)、第15シードのB・チョリッチ(クロアチア)、第24シードのF・セルンドロ(アルゼンチン)が8強に駒を進めている。




■関連ニュース

・ジョコ 一触即発も17年連続8強
・ジョコビッチ、マドリッド欠場
・ジョコ 敗北も「正直うれしい」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年5月17日11時13分)

その他のニュース

5月21日

ダニエル太郎 接戦の末に初戦敗退 (22時56分)

西岡良仁 圧勝で初戦突破 (22時41分)

【1ポイント速報】西岡良仁、ダニエル太郎1回戦 (21時00分)

第1シード虫賀心央ら初戦突破 (20時54分)

内山靖崇 激闘制し全仏予選2回戦へ (19時54分)

【1ポイント速報】内山靖崇 全仏オープン予選1回戦 (18時50分)

シュワルツマン 全仏OP予選2回戦へ (18時38分)

内島萌夏 快勝で全仏予選2回戦へ (18時05分)

足でボール扱うトリックショット (15時02分)

ズベレフ2位ジョコは14位 最終戦ランク (10時41分)

19歳でトップ100へ 中国史上最年少記録樹立 (9時00分)

ナダル 大歓声の中全仏センターコートで練習 (7時33分)

ティーム「もうあのレベルには戻れない」 (6時25分)

坂詰姫野 全仏OP予選敗退 (5時18分)

島袋将 全仏OP予選1回戦で敗退 (0時22分)

【1ポイント速報】全仏オープン予選1回戦 (0時00分)

5月20日

齋藤咲良、四大大会初挑戦で勝利 (23時42分)

ティーム 最後の全仏OP 予選2回戦進出 (21時10分)

大東建託OP 福井大会が開幕 (20時29分)

望月慎太郎 全仏OP初の予選2回戦へ (19時42分)

内島萌夏 世界ランク日本勢トップに (18時37分)

錦織圭 全仏OPへ向け世界11位と練習 (17時51分)

「完璧な1週間」2度目Vで全仏へ (17時07分)

ズベレフ 今世紀3人目の複数回V (16時40分)

強心臓みせ15年ぶり快挙V (15時36分)

賞金総額2万円!団体戦が開催 (14時22分)

伊ペアが母国でV「夢のよう」 (12時55分)

22勝目ズベレフ 世界4位へ浮上 (11時28分)

大坂なおみ 世界ランク134位に浮上 (10時35分)

初Vならず「もっといいプレーを」 (8時58分)

ズベレフ「いいプレーできれば、誰にでも勝てる」 (7時32分)

ダニエル太郎、初戦は世界54位に (6時26分)

ズベレフ完勝Vでマスターズ6勝目 (5時36分)

5月19日

ティーム&シュワルツマン 全仏OP予選へ (22時48分)

日本勢7名出場!全仏OP予選組合せ決定 (21時45分)

ダニエル太郎 予選勝ち抜き本戦へ (19時54分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 予選決勝 (19時10分)

17歳の西村佳世が大東建託OP優勝 (18時07分)

2度目Vかマスターズ初制覇か (16時31分)

失セット0で決勝へ 6度目V王手 (15時28分)

初級~女子ダブルス大会開催、焼き芋貰える! (13時59分)

試合が多くできる!混合ダブルス大会  (13時48分)

全仏OP3連覇へ レジェンドお墨付き (11時48分)

綿貫陽介が全仏OP欠場 (10時10分)

まさかのミスに審判も爆笑 (8時42分)

2大会連続準V「何度負けても…」 (7時15分)

頂上決戦制しV 史上3人目の快挙も達成 (6時00分)

5月18日

世界2位シナー 全仏OPへ練習再開 (22時49分)

阿部宏美/永田杏里ペアが優勝 (22時05分)

ナダル&フェデラーを広告に起用 (20時04分)

ダニエル太郎 完勝で予選決勝へ (19時11分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 リヨン予選1回戦 (17時30分)

松井/上杉ペア 2大会連続の準優勝 (17時10分)

ジョコvsマレー 実現の可能性 (16時32分)

ベッカーに並ぶ歴代7番目の記録 (15時32分)

チチパス兄弟、全仏ダブルスに出場 (15時02分)

ティーム&シュワルツマン 全仏会場で練習 (12時06分)

ジョコ 全仏OP前週の大会参戦 (11時05分)

西岡 リヨン初戦はモンフィスに (9時20分)

“ダークホース”ジャリーが決勝へ (8時02分)

逆転勝ちズベレフが決勝へ (6時57分)

錦織圭 全仏OP前週の大会を欠場 (6時05分)

【動画】ナダル 大歓声のなかフィリップシャトリエへ (0時00分)

【動画】強い!女王シフィオンテク 3度目の優勝に大はしゃぎ! (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!