国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

青山/柴原「嬉しかった」

柴原瑛菜と青山修子
柴原瑛菜と青山修子
画像提供: AFP/アフロ
全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は29日、女子ダブルス決勝が行われ、第10シードの青山修子/ 柴原瑛菜組は第1シードのB・クレチコバ(チェコ)/ K・シニアコバ(チェコ)組に、4-6, 3-6のストレートで敗れ、ペアとして初のグランドスラム優勝とはならなかった。青山/柴原組は試合後、同大会を連日生中継しているWOWOWの独占インタビューに応じ「ベスト4の壁を超えたことは、すごく大きなことで嬉しかった」と語った。

>>【動画】ジョコビッチ 10度目の全豪OP優勝を決めた瞬間<<

ツアー通算8勝を誇る柴原と青山のペア。全豪オープンでは2021年にベスト8、昨年は初のベスト4進出を果たしている。

この日の第1セット、第1ゲームでブレークを許した青山/柴原組は直後の第2ゲームでは2度のブレークポイントを掴むも活かせず。その後のサービスをキープされ先行を許す。

続く第2セットでも第1ゲームでブレークを許したが、第3ゲームから3ゲーム連取に成功。イーブンとするも第6ゲームから4ゲーム連取を許し1時間29分で敗戦。女子日本勢では2003年にK・クレイステルス(ベルギー)とペアを組み全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)とウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)を制した杉山愛以来 約20年ぶりの快挙とはならなかった。

Q.あと一歩でした。今の気持ちを聞かせてください。
柴原:やっぱり悔しいです。相手もしぶとく厳しいプレーをしてきて、もうひと踏ん張りのところが足りませんでした。

青山:優勝を目指してやっているので悔しい気持ちが一番強いですが、相手もすごく強くて、最初の方に少しチャンスがありましたが、その後はチャンスを見つけるのが、なかなか難しかったです。その中でも、何とか食らいついて最後までファイトできたのは良かったと思います。課題も見えたのでまた頑張るしかないな、という気持ちです。

Q.初めての決勝で緊張はあった
青山:いつもと同じ感じで試合に入れたとは思いますが、少しプレーに硬さがあったかなと思います。2ゲーム目のブレークチャンスで、いつもなら決められるようなボレーをミスしてしまったので、そういったところでいつもとは違う緊張感があったのもしれません。

柴原:相手が経験のある何度もグランドスラムで優勝しているペアだったので、(いつもより)もっと良いプレーを出さないといけないという気持ちがありました。

Q.試合を重ねるごとにコンビネーションが良くなった実感は
柴原:前哨戦から全豪に入って1試合ずつ二人でのプレーが良くなってきて、準決勝(第2シードのガウフ、ペグラ組と対戦)もストレート勝ちでした。毎日進化している感じがあってうれしかったです。

青山:今大会は流れをつぶさなかったことが良かったと思います。これまでは良いプレーもあれば、悪い時間帯もある、という感じだったのが、(流れが悪い時も)しぶとく二人で話し合いながら戦えたので、強いペアにも勝ち切ることができたと思います。


試合後インタビューに応じる青山(左)と柴原

Q.世界1位のペアと対戦して差を感じた部分は?
青山:サービスの差があったと思います。私は大会を通してリターンの調子が良かったのですが、(決勝では)良いリターンをなかなか返させてもらえなかったという印象です。そういう状況でも相手のプレーの質を落とさせる戦い方や、サービスに関してもコートを広く使って相手を動かすようなコントロールを付けていきたいと思います。

Q.大会を振り返って
青山:ベスト4の壁を超えたことは、すごく大きなことで嬉しかったです。ただ、日々の練習はグランドスラム優勝のためにやっているので、まだまだ夢をかなえるのは難しいな、と思いました。“もっと頑張れ”ということなのかと思います。

[PR]西岡 良仁、ダニエル 太郎、綿貫 陽介ら出場!「デビスカップ 日本vsポーランド」
2/4(土)2/5(日)WOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!


■配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・青山/柴原「経験の差が出た」
・青山/柴原「優勝したい」
・青山/柴原ペア 全豪OP準V

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年1月30日22時00分)

その他のニュース

2月28日

本玉真唯 予選突破も世界43位に完敗 (8時40分)

メド初戦突破、元世界6位新コーチ帯同 (7時45分)

【1ポイント速報】本玉真唯vsシニアコバ (6時55分)

2月27日

モンフィスにリベンジ成功、次戦マレー (22時56分)

予選勝者コボリがオジェ撃破 (22時04分)

ダニエル太郎「ベストは尽くした」 (19時00分)

通算2度目 トップ10撃破の金星 (18時03分)

西岡良仁「なんとか乗り切った」 (17時06分)

3時間死闘制し6連敗阻止 (16時37分)

30年前の父の記録目指し2回戦へ (15時25分)

西岡良仁 逆転勝ちで初戦突破 (14時36分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsボルジェス (14時05分)

ダニエル太郎 デミノーに完敗で初戦敗退 (13時48分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsデミノー (12時09分)

エース1本で15万円の寄付を表明 (11時03分)

2度のMP凌ぎ3度のタイブレーク制して初戦突破 (9時56分)

2年ぶり出場へ ナダルがIWで練習開始 (8時13分)

マレー 史上5人目の大台到達「悪くないね」 (7時18分)

2月26日

ジョコらテニス界から5名ノミネート (22時13分)

日本勢トップ日比野菜緒 順位9上げる (19時38分)

準V全豪OP以来の出場 ポイント防衛へ (18時22分)

ダニエル64位 西岡は82位へ (14時38分)

西岡良仁 アカプルコ本戦入りならず (13時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsモウ (11時17分)

本玉真唯 予選勝ち抜き「WTA500」本戦へ (10時02分)

ツアー5勝目で「ATP500」初制覇 (8時28分)

1日3試合 5時間戦いツアー単複2冠達成 (7時32分)

2月25日

復帰迫るナダル 練習動画公開 (19時05分)

錦織圭の新コーチ”ヨハンソン”とは (18時21分)

29歳でツアー初V「奇跡だと思う」 (16時07分)

ダニエル太郎 初戦でデミノーと激突 (15時31分)

予選勝者が第2シード撃破し決勝へ (14時57分)

マレー 南米テニスに「MSやるべき」 (14時09分)

西岡良仁 完勝でアカプルコ本戦に王手 (12時54分)

望月慎太郎 ヒジカタと熱戦も予選敗退 (12時38分)

【1ポイント速報】西岡良仁、望月慎太郎 予選1回戦 (9時51分)

逆転勝ちでキャリア最大タイトル獲得 (9時19分)

激闘の第1セット制しツアー6勝目 (8時34分)

錦織 新コーチは元全豪王者に (7時31分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!