国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

小田凱人 引退国枝に「悔しい」

WOWOW
小田凱人
画像提供: WOWOW
テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は26日、車いすテニスの男子シングルス準決勝が行われ、第3シードの小田凱人が第2シードのG・フェルナンデス(アルゼンチン)を6-2, 4-6, 7-5のフルセットで破り、自身初のグランドスラム決勝進出を決めた。小田は24日に同大会を連日生中継しているWOWOWの独占インタビューに応じ、22日に引退を表明した国枝慎吾について語っている。

38歳の国枝は2021年の東京パラリンピック(日本/東京、ハード)で金メダルを獲得。昨年は7月のウインブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で優勝を果たし、四大大会とパラリンピックを制覇する生涯ゴールデンスラムを達成していた。

一方、16歳の小田は昨年5月に15歳でプロ転向を表明。6月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で四大大会初出場。準決勝で国枝に敗れたもののベスト4進出。11月に行われた車いすテニスの最終戦NEC車いすシングルスマスターズ(オランダ/オス、室内ハード)では、決勝で世界ランク1位のA・ヒューエット(イギリス)を6-4, 6-3のストレートで破り、大会史上最年少で優勝を果たす快挙を成し遂げている。

10月の楽天ジャパンオープンテニス チャンピオンシップス2022(日本 /東京、ハード、ATP500)では決勝で対戦し国枝が小田を6-3, 2-6, 7-6 (7-3)のフルセットで破り、2019年大会に次ぐ2度目の優勝を果たした。

【WOWOW独占インタビュー】

Q.国枝慎吾さんの引退を聞いて、今はどんな心境ですか?

かなり落ち込みましたし、(テニスを)始めた時から今までの道のりを思い出すことがありました。ただ、その中でも試合に集中しないといけなかったので、メンタルで難しい部分がありました。先週、先々週と試合がありましたけど、(国枝選手の引退が)頭をよぎったことがありました。ただ、今は全豪オープンの会場にいるので、集中して頑張らないといけないと思っています。やっぱり、悔しいですし悲しいことも数多くあります。一番は(国枝さんに)勝てずに終わってしまったことです。より一層、(昨年の)楽天オープン(決勝)の時の悔しさが出てきた感じです。

Q.一言で言い表せないと思いますが、国枝さんはどんな存在ですか?

唯一と言っていいくらい、素直にかっこいいと思える人。この人には一番勝ちたいと思いますし、負けた時はしょうがないと唯一思える選手で、自分にとってはオンリーワンの存在でした。引退されたということで、大会に国枝選手がいないのは少しショックではあります。ただ、余計に今までより自分が頑張らないといけないと同時に思いましたので、これからはもっともっと責任感を持ってやっていければと思います。

Q.国枝さんと対戦した一番の思い出の試合を教えてください。

(昨年の)楽天オープンもありますが、自分にとっては(昨年)全仏オープンです。初めてグランドスラムに出て、良い流れで試合に臨めました。すべてが初めての中で勝っている興奮とワクワク感の中で、国枝選手にも今回こそは勝てるのではないかと臨んだところ、本当にボコボコにされました。自分にとってはそんな感じの試合で、あそこで心が折れたというか圧倒的な力の差があった試合だったので、そこからより色々なことを考えることになりました。あの試合は自分にとって悔しいというか、苦しい思い出でした。

Q.国枝さんのすごさは色々あると思いますが、ご自身で一番尊敬する部分、もしくは国枝さんが持っている武器を1つ盗めるとしたら?

憧れているし尊敬しているけど、「盗めるなら」という思いはあまりないです。たどり着くべき場所だとは思いますが、そこに着くまでは自分なりの道で進んでいければいいと思っています。

[PR]青山・柴原ペア決勝進出なるか!1/27(金)女子ダブルス準決勝
全豪オープンテニス 1/16(月)~1/29(日)
WOWOWで連日生放送!WOWOWオンデマンドで全コートライブ配信!

西岡 良仁ら出場「デビスカップ 日本vsポーランド」
2/4(土)2/5(日)WOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・全豪オープン女子シングルスの組み合わせ・結果
・全豪オープン男子シングルスの組み合わせ・結果
・錦織 圭「名を刻めて嬉しい」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年1月27日7時10分)

その他のニュース

2月28日

ディアドラ 春夏アイテム第1弾が勢揃い (20時55分)

トップ10復帰へ チチパス初戦突破 (19時50分)

元1位を逆転で撃破「クレイジー」 (19時02分)

再タッグ後初戦で白星「いい感じ」 (18時05分)

3時間超え死闘制し2回戦へ (17時07分)

波乱 ズベレフが初戦敗退 (16時14分)

干物プレゼント!初中級~中級 混合ダブルス大会開催 (15時44分)

干物プレゼント!初級 混合ダブルス大会開催 (15時31分)

西岡良仁、深夜終了に見解 (15時00分)

ポルトガルテニスのパイオニアが引退 (13時42分)

イレギュラーに不満「プレー不可能」 (12時39分)

派手な雄叫びに激怒「黙ってろクソ野郎」 (11時14分)

躍進の18歳 6試合で4人トップ50撃破 (10時06分)

本玉真唯 予選突破も世界43位に完敗 (8時40分)

メド初戦突破、元世界6位新コーチ帯同 (7時45分)

【1ポイント速報】本玉真唯vsシニアコバ (6時55分)

2月27日

モンフィスにリベンジ成功、次戦マレー (22時56分)

予選勝者コボリがオジェ撃破 (22時04分)

ダニエル太郎「ベストは尽くした」 (19時00分)

通算2度目 トップ10撃破の金星 (18時03分)

西岡良仁「なんとか乗り切った」 (17時06分)

3時間死闘制し6連敗阻止 (16時37分)

30年前の父の記録目指し2回戦へ (15時25分)

西岡良仁 逆転勝ちで初戦突破 (14時36分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsボルジェス (14時05分)

ダニエル太郎 デミノーに完敗で初戦敗退 (13時48分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsデミノー (12時09分)

エース1本で15万円の寄付を表明 (11時03分)

2度のMP凌ぎ3度のタイブレーク制して初戦突破 (9時56分)

2年ぶり出場へ ナダルがIWで練習開始 (8時13分)

マレー 史上5人目の大台到達「悪くないね」 (7時18分)

2月26日

ジョコらテニス界から5名ノミネート (22時13分)

日本勢トップ日比野菜緒 順位9上げる (19時38分)

準V全豪OP以来の出場 ポイント防衛へ (18時22分)

ダニエル64位 西岡は82位へ (14時38分)

西岡良仁 アカプルコ本戦入りならず (13時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsモウ (11時17分)

本玉真唯 予選勝ち抜き「WTA500」本戦へ (10時02分)

ツアー5勝目で「ATP500」初制覇 (8時28分)

1日3試合 5時間戦いツアー単複2冠達成 (7時32分)

【動画】チリOPのイレギュラーバウンド (0時00分)

【動画】相手のガッツポーズに激怒「黙ってろクソ野郎」 (0時00分)

2月25日

復帰迫るナダル 練習動画公開 (19時05分)

錦織圭の新コーチ”ヨハンソン”とは (18時21分)

29歳でツアー初V「奇跡だと思う」 (16時07分)

ダニエル太郎 初戦でデミノーと激突 (15時31分)

予選勝者が第2シード撃破し決勝へ (14時57分)

マレー 南米テニスに「MSやるべき」 (14時09分)

西岡良仁 完勝でアカプルコ本戦に王手 (12時54分)

望月慎太郎 ヒジカタと熱戦も予選敗退 (12時38分)

【1ポイント速報】西岡良仁、望月慎太郎 予選1回戦 (9時51分)

逆転勝ちでキャリア最大タイトル獲得 (9時19分)

激闘の第1セット制しツアー6勝目 (8時34分)

錦織 新コーチは元全豪王者に (7時31分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!