国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ティーム 初の全米OP決勝へ

ドミニク・ティーム
決勝進出を決めたティーム
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は11日、男子シングルス準決勝が行われ、第2シードのD・ティーム(オーストリア)が第3シードのD・メドヴェデフ(ロシア)を6-2, 7-6 (9-7), 7-6 (7-5)のストレートで破り、初の決勝進出を果たした。

>>大坂vsアザレンカ 1ポイント速報<<

この試合、ティームは第6ゲームで先にブレークすると、ファーストサービスが入ったときに100パーセントの確率でポイントを獲得するなど安定感のあるサービスゲームを披露し、第1セットを先取。

しかし、第2セットではダブルフォルトを犯すなどミスを繰り返し第1ゲームでブレークを許す展開に。それでもベースラインの後方から放つストロークで主導権を握るティームは、メドヴェデフのサービング・フォー・ザ・セットとなった第10ゲームでブレークに成功。直後の第11ゲームでは5度のブレークチャンスを与えたものの、これを全て凌ぐと、その後のタイブレークも制しセットカウント2−0と王手をかける。

第3セット、第2ゲームで先にブレークを許したティームだったが、第9ゲームでブレークバックすると第2セットに続きタイブレークに突入。これを制し、熱戦の末にメドヴェデフを振り切った。

勝利したティームは四大大会初のタイトル獲得をかけて、決勝で第5シードのA・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。両者は10度目の顔合わせでティームの7勝2敗。今年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)準決勝ではティームが逆転勝ちをおさめている。

一方、敗れた24歳メドヴェデフは2年連続2度目の全米オープン決勝進出とはならなかった。

[PR]「全米オープンテニス」
晩夏のニューヨークで行なわれるグランドスラムが開催決定!トッププレーヤーが繰り広げる激戦の模様をWOWOWでは連日独占生中継でお届け。栄冠を手にするのは果たして!

【放送予定】
〜9月14日(月)WOWOWにて連日独占生中


■詳細・放送スケジュールはこちら>



■関連ニュース

・ティームら全米オープン対戦表
・錦織 圭 大坂 なおみに同情
・大坂、アザレンカら全米オープン対戦表

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2020年9月12日12時01分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!