国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

セリーナ 20度目の3回戦進出

セリーナ・ウィリアムズ
3回戦に進出したセリーナ
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は3日、女子シングルス2回戦が行われ、第3シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)が世界ランク117位のM・ガスパリョン(ロシア)を6-2, 6-4のストレートで下し、3年連続20度目の3回戦進出を果たした。

>>大坂vsコスチュク 1ポイント速報<<

>>大坂 なおみら全米オープン対戦表<<

同大会で2014年以来6年ぶり7度目の優勝を狙うセリーナはこの日、7本のサービスエースを放つなどして27本のウィナーを決める。6度のブレークに成功し1時間33分で勝利した。

セリーナは試合後に「上手く戦えたと思う。このまま続けていきたい。今日はとてもよかった感じがする」と振り返った。

3回戦では2017年の同大会覇者で第26シードのS・スティーブンス(アメリカ)と対戦する。スティーブンスは2回戦で世界ランク130位のO・ゴヴォルツォバ(ベラルーシ)をストレートで下しての勝ち上がり。

セリーナはスティーブンスとの対決について「彼女はとてもいい選手。実際に全米オープンで優勝しているからすごい試合になる。本当によくなければグランドスラムで優勝なんてできない。家に帰って集中して準備するべきことがたくさんある」と語った。

同日の2回戦では第2シードのS・ケニン(アメリカ)、第7シードのM・キーズ(アメリカ)、第15シードのM・サッカリ(ギリシャ)、第18シードのD・ヴェキッチ(クロアチア)、第20シードのK・ムチョバ(チェコ)らが3回戦に進出した。

[PR]「全米オープンテニス」
トッププレーヤーが繰り広げる激戦の模様をWOWOWで連日独占生中継でお届け!

「錦織 圭出場!男子テニスATPツアー キッツビューエル」
錦織 圭が約1年ぶりにツアー復帰するATPツアーをWOWOWで錦織戦を独占放送&配信!


■詳細はこちら>




■関連ニュース

・セリーナ 涙の途中棄権でV逃す
・セリーナがジョコ発言を批判
・大坂「知ってもらいたい」

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2020年9月4日13時45分)

その他のニュース

11月28日

複1位ペアが取組む支援を特集 (15時52分)

大坂戦 今季ベストマッチ候補に (14時43分)

プリスコバ 新コーチにバイン氏 (13時29分)

キリオス 食糧支援は「恩返し」 (11時59分)

ITF Jr新大会 WC争いが終了 (10時21分)

日本リーグの中止が決定 (9時01分)

11月27日

ティーム 東京五輪出場を明言 (16時38分)

YONEX 第7回Jrキャンプ開催 (14時54分)

ペンギン型振動止め 終了間近 (13時58分)

YouTube 尾崎里紗にインタビュー (11時58分)

ITF Jr新大会、WCかけ熱戦 (11時42分)

西岡良仁のイベントが開催 (10時44分)

マラドーナ氏との思い出綴る (9時18分)

ハチャノフ、コロナ陽性を報告 (7時33分)

11月26日

ビッグ3の年間最終ランクに注目 (16時00分)

マレーら 各分野最高の選手選出 (12時32分)

手術後のリハビリ動画を公開 (11時26分)

マドリッドOP 開催期間2週間に (10時13分)

マラドーナ氏急逝、選手ら追悼 (8時03分)

11月25日

TFight プレゼント企画 (16時39分)

最終戦「印象的な瞬間」を投稿 (16時02分)

錦織ら23日付の日本勢ランク (14時52分)

【GEEK通信】「プリンス白ツアー5機種で5連勝」 (14時00分)

レーバー杯参戦へ「楽しみ」 (10時57分)

白石、阿部がV 無観客インカレ (9時06分)

大坂3位 23日付世界ランク (8時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!