国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

逆転4強ワウリンカ「悪くない」

スタン・ワウリンカ
第1シードのワウリンカ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのI.CLTK プラハ・オープン2020(チェコ/プラハ、レッドクレー、ATPチャレンジャー)は20日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードのS・ワウリンカ(スイス)が第6シードのS・ナガル(インド)を2-6, 6-0, 6-1の逆転で破り、ベスト4進出を果たした。

【YouTube】これぞプロの超高速フォアハンド! 【テニス 関口 周一】と対決

>>YouTube テニス365チャンネル<<

この日、ワウリンカは2度のブレークを許し第1セットを落としたものの、第2セットでは3度のブレークに成功し、6ゲームを連取。セットカウント1−1に追いつきファイナルセットに突入する。ファイナルセットではファーストサービスが入ったときに100パーセントの確率でポイントを獲得するなど、ナガルにブレークチャンスを与えることなく、1時間19分で勝利した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはワウリンカのコメントが掲載されている。

「タフなスタートになってしまった。ボールの感触があまり良くなくて、飛び過ぎてしまった。でも、試合に勝てたことは良かったし、コートに長い時間入れたことも良かった。ポジティブに考えていきたいね」

「まだまだ僕のレベルには程遠い。だからこそここに来たんだ。コンディションは悪くない。準決勝でのプレーを楽しみにしている」

35歳のワウリンカは決勝進出をかけて、準決勝でワイルドカード(主催者推薦)で出場している世界ランク405位のM・ブルベンスキー(チェコ)と対戦する。ブルベンスキーは準々決勝で同201位のE・イメル(スウェーデン)をフルセットで下しての勝ち上がり。

四大大会3勝を誇るワウリンカは、22日に開幕するW&Sオープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、ATP1000)と31日からの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)を欠場し、ヨーロッパで調整することを選択している。

同日には第3シードのPH・エルベール(フランス)らが4強へ駒を進めた。

[PR]「全米オープンテニス
晩夏のニューヨークで行なわれるグランドスラムが開催決定!トッププレーヤーが繰り広げる激戦の模様をWOWOWでは連日独占生中継でお届け。栄冠を手にするのは果たして!

さらに、錦織&大坂の過去試合を無料配信中!

【放送予定】
8月31日(月)〜9月14日(月)WOWOWにて連日独占生中継

■詳細はこちら>


■関連ニュース

・錦織 ワウリンカは「素晴らしい」
・錦織「もうすぐ復帰できる」
・ジョコらW&S組み合わせ

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2020年8月21日15時44分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!