国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

トップレベルの審判 誇り語る

カダー・ヌニ
カダー・ヌニ氏
画像提供: ゲッティイメージズ
女子プロテニス協会のWTA公式サイトは19日、試合の主審を務めるカダー・ヌニ氏のインタビューを掲載し、審判になるきっかけや審判としての誇りをまとめた。

【YouTube】これぞプロの超高速フォアハンド! 【テニス 関口 周一】と対決

>>YouTube テニス365チャンネル<<

アルジェリア系の両親を持ちフランス南西部で育ったカダー氏は、1976年に生まれ、1983年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)をY・ノア(フランス)が制したときは7歳だった。

カダー氏の4歳年上である兄のミロード氏は当時のことをこう振り返った。

「僕は6歳のころからバスケットボールをやっていて、実はテニスがあまり好きではなかったんだ。でもノアが全仏で優勝したあと弟(カダー氏)がテニスをしたいと言い出した。彼は壁打ちをするために木片を使って自分のラケットを作ったりしていたんだ」

また、当時のテニスについてカダー氏は「テニスはフランスでは高価なスポーツで、自分たちで何かできることは少なかった。テニスクラブではクレーコートを掃除したり、ラインを引いたり、クラブハウスのペンキを塗ったり。色々なことを手伝ったよ。そんなある時、地元大会の審判を募集しているのを見つけたから兄と僕は椅子に座って小遣いを稼ぎ、参加したかったレッスン費用を賄っていたんだ。それが審判を始めたきっかけだよ」と語った。

「それは10歳から12歳のころで、大人の試合をジャッジしたんだ。12歳の少年が大人に『正しいのはこっち』と言っていた。でも、今言うのも変だけど当時はみんなにも好かれていたんだよね。試合が終わったときは選手からフィードバックをもらったり感想を言ってもらった。若いときに良い経験をすると、楽しくなりもっと続けたいと思うようになるんだ」

その後カダー氏はフランステニス連盟FFTの名簿に掲載されるようになっていった。

「フランスの連盟は審判教育にも熱を入れていて、良いプログラムを持っている。国内だけでもたくさん大会が開催されるから、審判が常に必要だし、連盟も資金を投入している。教育はとても重要だと思う」

1991年にカダー氏は他の若い審判たちとともに各地域を代表して選出され、審判キャンプに参加。翌年には弱冠16歳ながら全仏オープンの線審としてグランドスラムデビューを飾ることとなった。

カダー氏は「当時の僕にとってテニス大会と言えば近所のものだったから、その年齢で全仏オープンに参加できるのは信じられないことだった。テレビで見ていた場所だよ?ただただうれしかった。審判団の中では最年少だったから『僕はここで何をしているんだろう?』という感じだった」

カダー氏はその後、審判として生活していくことを決め、大学で社会学を短期間勉強した後はバーで働きながらテニス審判としての生活をスタートさせた。

1998年に審判としての資格「ホワイトバッジ」を取得すると、2002年に「ブロンズバッジ」、2004年に「シルバーバッジ」、2007年には「ゴールドバッジ」を獲得。2008年からはWTAチェア・アンパイア・チームの一員として活動していく。

これまでは2007・2009・2013・2014年の4度全仏オープンの女子シングルス決勝で主審を務め、2018年にはウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)の決勝でもジャッジ。その他にも多くの国際大会で活躍してきた。

「初めてのグランドスラム決勝、初めてのWTAツアーの決勝、初めてのオリンピック。全ての体験は素晴らしい思い出だ。テニスは僕の人生の中で仕事以上のこと。世界中を旅する僕を支えてくれる妻と子どもたちには感謝だし、WTAにも感謝をしたい。10年以上ともに旅を続けてきたけど、この先の10年もみんなと仕事をしたいと思っている」

最後にカダー氏は審判という仕事について思いを明かした。

「デビューから何年も経った今でも、この仕事が与えてくれる全てのチャンスを大事にしたい。ツアーに参加し始めたときは新しい街やレストランに行くのが本当に楽しみだった。今では現地に友人ができ、彼らに会うのを楽しみにしている」

「16歳のときは審判になりたいと思っていても、それがやりたいことだと色んな人の前で言いたくなかった。自分ができることを精一杯やって、いずれ到達したい目標だったんだ。年々もっともっと上達しようと思って、もう一歩、もう一歩と進んできたら、自然とこうなれたんだ」

[PR]「テニスツアー再開!全米OP開幕!優勝で振り返る錦織圭大坂なおみ、これまでの偉業」
テニスツアー再開と全米オープン開催決定を記念し、錦織圭・大坂なおみが残した数々の優勝シーンをプレーバック!日本が誇る2人のすごさをあらためて見つめ直す特別番組をWOWOWで無料放送。

【放送日】
8/2(日)午後5:00 ※無料放送

■詳細・放送スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・審判に起きたハプニング特集
・ゴールドバッジの審判を特集
・フランス人審判が永久追放

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2020年7月20日15時12分)

その他のニュース

4月14日

【告知】ルードvsチチパス (17時02分)

誤審が影響「全く違う結果になった」 (16時28分)

【初中~中級】男子ダブルス大会開催 (15時44分)

幻の焼き芋 貰える!混合ダブルス大会開催 (15時25分)

内山靖崇 4年半ぶり6度目の優勝 (14時55分)

【1ポイント速報】内山靖崇 2年7ヵ月ぶり決勝戦 (12時34分)

ジョコ撃破 6度目の対戦で初 (12時10分)

シナー敗退、重要場面で誤審の不運 (10時43分)

大坂なおみ 2年ぶりクレー 相手決定 (9時11分)

ジョコ 準決勝で敗退「がっかり」 (7時18分)

4月13日

内山靖崇 2年半ぶりCH決勝へ (22時25分)

大坂なおみら全選手がBJK杯振り返る (20時56分)

杉山愛監督「世界一は夢じゃない」 (20時32分)

大坂なおみ パリ五輪出場に意欲 (19時36分)

日本 11月開催BJKファイナルズ出場決定 (19時09分)

青山/柴原ペアは敗北、日本3勝1敗で予選突破 (17時58分)

「大坂はGSを1つ、2つ獲れる」 (17時40分)

【1ポイント速報】BJK杯「日本vsカザフスタン」2日目 (16時54分)

日比野「自然に涙が出ました」 (16時49分)

日比野 激闘制し3連勝、ファイナル進出決定 (15時21分)

チチパス 失セット0で4強へ (12時09分)

ティアフォー 4ヵ月でコーチと別れ (11時09分)

熱戦制したシナー、ルーネ撃破で4強 (9時28分)

ジョコ 不調乗り越え9年ぶり4強 (8時37分)

4月12日

【会見全文】大坂なおみ「特別な感情」 (21時13分)

杉山監督「2人とも素晴らしかった」 (19時06分)

大坂なおみ「とても緊張した」 (18時44分)

日比野「攻守のバランス良かった」 (17時22分)

大坂なおみ 相手エース撃破!日本勝利に王手 (17時15分)

【1ポイント速報】BJK杯「日本vsカザフスタン」初日 (15時25分)

日比野菜緒が完勝で日本が先勝! (15時20分)

“指揮者”ジョコがブーイングに応戦 (11時56分)

大会史上最長3時間30分の死闘制す (11時33分)

好調シナー 今季3度目MSで8強 (10時27分)

大坂ら日本代表5選手にインタビュー (9時10分)

ジョコ 昨年負けた相手に雪辱果たす (0時06分)

【動画】シナーが誤審でブレークを逃した場面 (0時00分)

【動画】ジョコビッチ撃破!ルード勝利の瞬間 (0時00分)

4月11日

チチパスがズベレフ撃破し8強 (22時46分)

【1ポイント速報】ジョコビッチ、ズベレフら3回戦 (20時15分)

ATPとヨコハマタイヤが契約締結 (18時18分)

錦織圭、次週バルセロナOP欠場 (16時50分)

日比野菜緒が公開練習に登場 (14時10分)

世界4位エース不在も日本戦に自信 (12時42分)

大坂なおみ「戦略的なプレーを」 (12時08分)

大坂なおみらBJK杯組合せ決定 (11時34分)

【中止】島袋/内山vs松井/上杉 (11時14分)

メド 主審に激怒「アウトだろ」 (8時31分)

ナダル、バルセロナOP出場を切望 (7時46分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!