- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 4時間死闘制し16強

錦織圭
4時間の死闘を制した錦織圭
画像提供: ゲッティ イメージズ
テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は31日、男子シングルス3回戦が行われ、第7シードの錦織圭が第31シードのL・ジェレ(セルビア)を6-4, 6-7 (6-8), 6-3, 4-6, 8-6のフルセットで破り、辛くも5年連続6度目のベスト16進出を果たした。

>>錦織vsペール 1ポイント速報<<

>>錦織ら全仏OP対戦表<<

世界ランク7位の錦織は第5ゲームで得意のドロップショットなどミスし、同32位のジェレにブレークを許す。しかし、直後の第6ゲームでバックハンドのダウンザラインを決めるとブレークバックに成功。さらに第10ゲームもブレークし、第1セットを先取。

第2セットに入っても好調の錦織は、今年2月のリオ・オープン(ブラジル/リオデジャネイロ、レッドクレー、ATP500)でツアー初優勝を飾ったジェレを圧倒。第3ゲームから3ゲームを連取する。

ゲームカウント4−1とした錦織だったが、第7ゲームでフォアハンドのミスを重ねるとブレークバックされる。続く第8ゲームではブレークポイントを逃し、タイブレークではセットポイントをつかむも、セットカウント1−1に追いつかれる。

第3セットはジェレに流れが傾きかける中、第3・第9ゲームでミスを誘い出してブレークに成功し、勝利へ王手をかけた。第4セットは2度のブレークを許し、ファイナルセットへ突入する。

その後、ゲームカウント0−3と崖っぷちを迎えたが、ミスを連発するジェレに追いつく。さらに第13・第14ゲームを連取し、4時間を超える死闘の末に勝利した。

4回戦では、世界ランク38位のB・ペール(フランス)と対戦する。ペールは同57位のP・カレノ=ブスタ(スペイン)の途中棄権により16強へ駒を進めている。

「全仏オープンテニス」
5/26(日)〜6/9(日)、WOWOWにて連日生中継![第1日無料放送]

WOWOWメンバーズオンデマンドでは、未放送の試合をお楽しみいただけるピックアップコートも連日ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織「昔ひどい経験してる」
・錦織 ゲン担ぎは「ないです」
・錦織に惜敗 主審へ激怒も謝罪

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年6月1日0時17分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!