- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

大坂なおみ 世界1位までの軌跡

女子プロテニス協会のWTAは11日に公式サイトで、世界ランク1位の大坂なおみを特集した。

>>錦織vsエルベール 1ポイント速報<<

>>錦織らロッテルダム対戦表<<

21歳の大坂の急激なランキングの上昇は女子プロテニス史上でも際立つもの。今年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)決勝でP・クヴィトバ(チェコ)を下しグランドスラム2大会連続優勝を果たしたことにより、48週間女王だったS・ハレプ(ルーマニア)から世界ランク1位の座を奪った。それはアジア人男女通じて初のシングルスでの世界1位となった。

大坂は昨年3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、プレミア・マンダトリー)でツアー初優勝、それから6カ月後には全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で四大大会初優勝を成し遂げた。

大坂は徐々にランキングを上げていたが、この13カ月の上昇は急激だった。

昨年の全豪オープン前の世界ランキングは72位。ツアー初優勝を飾ったBNPパリバ・オープンには世界ランク44位で臨んでいた。その初優勝の勝ち上がりは、ハレプ、Ka・プリスコバ(チェコ)M・シャラポワ(ロシア)A・ラドワンスカ(ポーランド)D・カサトキナ(ロシア)らを下し、世界ランキングは22位にまで上昇させた。

その後、クレーコートと芝のシーズンは目立った活躍がなく、世界ランク20位前後に停滞していた。しかし全米オープンでの優勝で、9月10日にトップ10デビューすると、わずか20週後には女子プロテニス史上26人目となる世界1位へ上り詰めた。これはコンピューター・ランキングが導入されて以来、最速のものとなった。

トップ10デビューからわずか20週後の世界一は、それまで最速だったM・ヒンギス(スイス)E・グーラゴン=コーリー(オーストラリア)の25週を超えるものとなった。

26人の世界ランク1位達成選手のトップ10デビュー日と、世界一になった日は以下の通り。

C・エバート(アメリカ)
トップ10デビュー:1975年11月3日(20歳)
世界ランク1位到達:1975年11月3日(20歳)
(※エバートは、1975年11月3日にコンピューター・ランキングが導入された時、最初に世界ランク1位の選手)

【大坂なおみ】
トップ10デビュー:2018年9月10日(20歳)
世界ランク1位到達:2019年1月28日(21歳)

【M・ヒンギス】
トップ10デビュー:1996年10月7日(16歳)
世界ランク1位到達:1997年3月31日(16歳)

【E・グーラゴン=コーリー】
トップ10デビュー:1975年11月3日(24歳)
世界ランク1位到達:1976年4月26日(24歳)

A・イバノビッチ(セルビア)
トップ10デビュー:2007年5月14日(19歳)
世界ランク1位到達:2008年6月9日(20歳)

【M・シャラポワ】
トップ10デビュー:2004年7月5日(17歳)
世界ランク1位到達:2005年8月22日(18歳)

C・ウォズニアッキ(デンマーク)
トップ10デビュー:2009年5月18日(18歳)
世界ランク1位到達:2010年10月11日(20歳)

M・セレス(アメリカ)
トップ10デビュー:1989年9月11日(15歳)
世界ランク1位到達:1991年3月11日(17歳)

J・ヤンコビッチ(セルビア)
トップ10デビュー:2007年1月29日(21歳)
世界ランク1位到達:2008年8月11日(23歳)

【Ka・プリスコバ】
トップ10デビュー:2015年8月10日(23歳)
世界ランク1位到達:2017年7月17日(25歳)

S・グラフ(ドイツ)
トップ10デビュー:1985年8月5日(16歳)
世界ランク1位到達:1987年8月17日(18歳)

T・オースティン(アメリカ)
トップ10デビュー:1978年3月13日(15歳)
世界ランク1位到達:1980年4月7日(17歳)

G・ムグルサ(スペイン)
トップ10デビュー:2015年7月13日(21歳)
世界ランク1位到達:2017年9月11日(23歳)

K・クレイステルス(ベルギー)
トップ10デビュー:2001年6月11日(18歳)
世界ランク1位到達:2003年8月11日(20歳)

J・エナン(ベルギー)
トップ10デビュー:2001年6月11日(19歳)
世界ランク1位到達:2003年10月20日(21歳)

D・サフィーナ(ロシア)
トップ10デビュー:2006年10月2日(20歳)
世界ランク1位到達:2009年4月20日(22歳)

M・ナブラチロワ(アメリカ)
トップ10デビュー:1975年11月3日(19歳)
世界ランク1位到達:1978年7月10日(21歳)

V・アザレンカ(ベラルーシ)
トップ10デビュー:2009年3月23日(19歳)
世界ランク1位到達:2012年1月30日(22歳)

S・ウィリアムズ(アメリカ)
トップ10デビュー:1999年4月5日(17歳)
世界ランク1位到達:2002年7月8日(20歳)

【S・ハレプ】
トップ10デビュー:2014年1月27日(22歳)
世界ランク1位到達:2017年10月9日(26歳)

V・ウィリアムズ(アメリカ)
トップ10デビュー:1998年3月30日(17歳)
世界ランク1位到達:2002年2月25日(21歳)

A・ケルバー(ドイツ)
トップ10デビュー:2012年5月21日(24歳)
世界ランク1位到達:2016年9月12日(28歳)

L・ダベンポート(アメリカ)
トップ10デビュー:1994年5月9日(17歳)
世界ランク1位到達:1998年10月12日(22歳)

A・モレスモ(フランス)
トップ10デビュー:1999年5月10日(19歳)
世界ランク1位到達:2004年9月13日(25歳)

A・サンチェス=ビカリオ(スペイン)
トップ10デビュー:1989年5月22日(17歳)
世界ランク1位到達:1995年2月6日(23歳)

J・カプリアティ(アメリカ)
トップ10デビュー:1990年10月29日(14歳)
世界ランク1位到達:2001年10月15日(25歳)

錦織圭出場予定!男子テニスATPツアー500 ロッテルダム」

【配信予定】
2/11~2/17 WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・大坂を称賛「全て持ってる」
・大坂なおみ「もう若くない」
・錦織は「大きな子ども」と大坂

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年2月12日18時06分)

その他のニュース

3月31日

西岡 モンテカルロは欠場 (12時02分)

ナダルのレプリカ像が公開「感謝」 (11時44分)

「少し緊張」初対戦制し4強へ (10時37分)

アルカラス4強 フリッツに快勝 (9時33分)

【1ポイント速報】アルカラスvsフリッツ (8時03分)

錦織 股抜きショット披露 (7時22分)

ハチャノフ 快勝でメド待つ準決へ (6時08分)

メド、マイアミで初の4強へ (5時23分)

【画像】ナダルのレプリカ像がお披露目 (0時00分)

3月30日

島袋、守屋ら筑波大学OP8強 (21時03分)

錦織圭と添田豪のラリー公開 (20時46分)

YouTube 杉村太蔵が毎トーへ挑戦 (20時02分)

甲府国際OP 岡村恭香らが8強 (19時39分)

内山靖崇、棄権「突発的な怪我」 (18時25分)

元8位ソックら3選手がWC獲得 (18時02分)

西岡コーチ 4連敗も「プロセス」 (17時31分)

ダニエル太郎「クレーに備えて」 (16時42分)

サバレンカ撃破「とても満足」 (15時29分)

メド 試合「中止だと思っていた」 (13時20分)

アンドレースク 靭帯断裂の大けが (12時25分)

マイアミOP アルカラス戦ら順延に (10時52分)

筑波大学MEIKEIOP 1回戦が終了 (10時08分)

シナー 中断挟むも快勝で4強 (8時34分)

ナダル「少しずつ」クレーに照準 (7時15分)

デ杯GSの組み合わせと開催国発表 (6時26分)

サバレンカ撃破でシルステア4強 (5時30分)

3月29日

ペグラ 逆転でベスト4進出 (21時58分)

ワウリンカ モンテカルロのWC獲得 (18時18分)

17歳 石井さやかとDeNA契約 (17時32分)

メドベージェフ 2年連続8強 (17時04分)

ユーバンクス MS1000初の8強へ (14時39分)

【1ポイント速報】メドベージェフvsアリス (12時23分)

ハチャノフ、チチパス撃破で8強 (11時00分)

アンドレースク「最悪の痛み」 (10時12分)

ルバキナ 快勝でマイアミ4強 (8時02分)

連覇狙うアルカラス 8強へ (7時09分)

フリッツ、ルーネ下し初の8強 (6時26分)

シナー完勝で8強 ルブレフ撃破 (5時27分)

3月28日

元世界3位 復帰戦へ練習公開 (20時39分)

サバレンカがクレチコバ撃破 (19時05分)

ルバキナ、マッチ11連勝で8強 (17時59分)

アンドレースク 車いすで退場 (16時45分)

MS初16強に涙「気持ちいい」 (15時59分)

ナダル、モンテカルロ出場明言せず (13時30分)

アルカラスコーチ「警戒態勢で」 (12時31分)

西岡、米2大会「タフだった」 (10時56分)

クレチコバ「評価されていない」 (10時07分)

オジェ撃破「自信があった」 (9時20分)

錦織 公式サイト4月に終了 (8時05分)

チチパス「試合を待っていた」 (7時44分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!