- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 世界234位破り3回戦へ

男子テニスのシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)は1日、シングルス2回戦が行われ、第7シードの錦織圭が世界ランク234位のD・ヤング(アメリカ)を6-3, 6-4のストレートで破り、2年連続5度目の3回戦進出を果たした。

>>錦織vsシャポバロフ 1ポイント速報<<

>>錦織らシティOP対戦表<<

シード勢は1回戦免除のため、この日が初戦だった錦織は元世界ランク38位のヤングの強打を振り切り、第6ゲームではネットプレーを決めるなどでブレークに成功。その後、ヤングにブレークポイントを握られた場面では強烈なウィナーを放ってピンチをしのぎ、第1セットを先取。

第2セットは第1ゲームでヤングのサービスゲームを破った。第8ゲームではブレークバックを許したが、冷静な試合運びで第9・第10ゲームを連取し、初戦快勝の好発進で3回戦へ駒を進めた。

3回戦では、第9シードのD・シャポバロフ(カナダ)と対戦する。シャポバロフは2回戦で世界ランク63位のD・メドヴェデフ(ロシア)を逆転で下しての勝ち上がり。

シティ・オープンで錦織は2015年に優勝、昨年は準決勝でA・ズベレフ(ドイツ)に敗れた。

一方、敗れたヤングは予選2試合を勝ち抜き本戦入り。1回戦では元世界ランク3位のS・ワウリンカ(スイス)をフルセットで破り、錦織との2回戦へ進出していた。

その他の日本勢では、杉田祐一と予選勝者の綿貫陽介は初戦で敗れた。

現在開催中の男子テニスATPワールドツアー500「ワシントンD.C.」をWOWOWメンバーズオンデマンドにて全日程無料配信!

【配信予定】
7月30日(月)〜8月5日(日)

■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・ヤング「錦織14歳から知り合い」
・錦織11位 30日最終戦ランク
・錦織ら30日 日本勢世界ランク

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年8月2日10時49分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!