- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

4強出揃う 21歳ムグルサの脅威

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は7日、女子シングルス準々決勝が行われ、第1シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)、第4シードのM・シャラポワ(ロシア)、第13シードのA・ラドワンスカ(ポーランド)、第20シードのG・ムグルサ(スペイン)らベスト4が出揃った。21歳のムグルサは、グランドスラム初の4強入りを果たした。

『選手使用のオフィシャルタオル』

【セリーナ・ウィリアムズ】
ウィンブルドンで5度の優勝を誇るセリーナだが、2012年の優勝以降は2013年は4回戦、2014年は3回戦と、早期敗退が続いていた。

今大会では、3回戦でノーシードのH・ワトソン(英国)との大接戦を制し、4回戦で姉である第16シードのV・ウィリアムズ(アメリカ)との姉妹対決に勝利。準々決勝では第23シードのV・アザレンカ(ベラルーシ)に逆転勝利をおさめ、3年ぶりのベスト4進出を果たした。

決勝進出をかけて、セリーナは第4シードのシャラポワと顔を合わせる。今回が通算20度目の対戦となり、対シャラポワ戦の対戦成績を17勝2敗としている。

今季は全豪オープン、全仏オープンで優勝。ウィンブルドンと全米オープンでタイトル獲得を果たすと1988年のS・グラフ(ドイツ)以来、4人目となる年間グランドスラムを達成することとなる。


【マリア・シャラポワ】
シャラポワは、2004年のウィンブルドンで優勝を果たしている。2011年には決勝に進出するも、P・クヴィトバ(チェコ共和国)に敗れて準優勝となった。

今大会では、準々決勝で世界ランク47位のC・バンデウェイ(アメリカ)に苦戦し、フルセットとなるも2時間46分の接戦を制して4年ぶりのベスト4進出を果たした。

準決勝では女王セリーナと対戦する。今季は全豪オープン決勝で対戦しており、ストレートで敗れている。


【アグニエシュカ・ラドワンスカ】
2012年のウィンブルドンで準優勝を飾っているラドワンスカは、昨年覇者のクヴィトバを下して勝ち上がった第28シードのJ・ヤンコビッチ(セルビア)を4回戦で下し、準々決勝ではM・キーズ(アメリカ)にフルセットの末に勝利して2年ぶりのベスト4入り。

決勝進出をかけて、第8シードのムグルサと対戦する。対戦成績は2勝2敗だが、今季に入ってまだムグルサに勝ててはいない。


【ガルビン・ムグルサ】
21歳のムグルサは、ウィンブルドンでは2013年の2回戦進出が最高成績となっていた。

今大会は、3回戦で第10シードのA・ケルバー(ドイツ)を下し、準々決勝では今年の全仏オープンで四大大会初のベスト4進出を果たした第15シードのT・バシンスキー(スイス)にストレートで勝利して、自身初のグランドスラム4強入りを果たした。

昨年の全仏オープン2回戦では、世界ランク1位のセリーナを撃破して勝ち上がりベスト8進出。また、今年も3回戦でケルバーらシード選手を下して2年連続のベスト8入りを飾っている。

準決勝では、第13シードのラドワンスカと顔を合わせる。過去に4度対戦しており、通算対戦成績は2勝2敗。今季に2度対戦し、ムグルサが全勝している。

【ウィンブルドン 女子シングルス対戦表】

ウィンブルドンタオル




■関連ニュース■ 

・女王セリーナ「失う物はない」
・シャラポワ 世界47位に苦戦
・ムグルサ 上位シード連続撃破


■最新ニュース■ 

・ガスケ警戒「激しい試合」
・キリオスらに侮辱発言で謝罪
・ジョコ 試合中は時折イライラ
(2015年7月8日18時30分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!