- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコビッチ 悪夢払拭し優勝

日曜日に行われたウィンブルドン男子シングルス決勝戦で第4シードのR・フェデラー(スイス)を6-7 (7-9), 6-4, 7-6 (7-4), 5-7, 6-4で下した第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)は、第5セットへ入る前にトイレット・ブレークを取り自身へ活を入れた事を月曜日に明かした。

この試合、セットカウント2ー1で迎えた第4セット、5ー2とリードしたジョコビッチは続くフェデラーのサービスゲームでブレークポイントとなるチャンピオンシップ・ポイントを握るもフェデラーにしのがれ、その後フェデラーに5ゲームを連取された。そして第4セットを奪われ、試合を振り出しに戻されてしまった。

第5セットへ入る前、ジョコビッチはトイレット・ブレークを要求。ジョコビッチはそこで、恐れや不安などを振り払い前向きな気持ちになれるように自身へ活を入れていた。

《ジョコビッチvsフェデラーの記事はこちら》

「あの時、不安を上回る信念を何とか持つことが出来たんだ。もう1つ最後のステップアップをして何とかトロフィーを勝ち取る事が出来た。」と、その時を振り返るジョコビッチ。

27歳のジョコビッチはこれが2度目のウィンブルドンでの優勝と同時に、自身7度目のグランドスラム優勝となった。この優勝回数はJ・マッケンロー(アメリカ)M・ビランデル(スウェーデン)に並ぶものとなった。そして週明けに発表された世界ランクでは9ヶ月ぶりとなる1位の座へ返り咲きを果たした。

今回の優勝までジョコビッチは、グランドスラムでの決勝戦では3大会連続で敗退していた。昨年のこの大会ではA・マレー(英国)に、1ヶ月前の全仏オープンではR・ナダル(スペイン)の前に涙を飲んでいた。

《昨年のウィンブルドンの記事はこちら》

ここまで約1年半、グランドスラムでの優勝から遠退いていたジョコビッチは、テニスの技術面ではなくコートでの精神面の強化を図るためにウィンブルドンでの3度の優勝を含む6度のグランドスラム優勝を持つ元世界ランク1位のBo・ベッカー(ドイツ)氏を今シーズンからコーチとしてチームへ招いていた。

ベッカー氏は、大切な試合の厳しい状況をどう対処するかをジョコビッチに伝授していた。

「それをいつも一緒に話し合っていたんだ。そして、大切な場面でコートで自分が直面する事へ精神的に準備が出来るようにしていたし、実際今回の決勝戦ではそんな状況が起きたんだ。しかも何度もね。」とジョコビッチ。

「その試合ではフェデラーも自分も限界まで追い込むような試合になったし、お互い最高のプレーをしていた。そんな中、ボリス(ベッカー)をコートサイドに感じられた事は本当に助けになったんだ。」と、ベッカーの存在の大きさを語っていた。

そして「ボリスは、僕が優勝に値するだけのテニスをする事が出来るのは知っているが、どんな状況に陥ってもそこで我慢し、終始強い気持ちでいられるかが君には必要なんだと言っていたんだ。」と、ベッカー氏がジョコビッチへ対してどう感じていたかも明かしていた。

そんなジョコビッチだが、プライベートも充実している。結婚を約束しているフィアンセは現在妊娠中で、年内にも父親になる事が明かされている。

「もちろんエキサイティングな事さ。私達にとって人生の新しいページになるだろうし、それは私達が待ち望んでいるものなんだ。」と、プライベートの幸せにも言及していた。




■関連記事■ 

・ジョコビッチ 念願の王者奪還
・ジョコビッチ「あれはフェアプレー」
・ロジャーはまだまだ進化する
・フェデラー「自分でも驚いてる」


■関連動画■ 

・ファンの注目度も高いグラスコートシーズンを特集!
・近年最も重要とされる”ランニングフォアハンド”を大解剖!
(2014年7月8日12時19分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

8月18日

コルダ 米対決制し16強 (19時05分)

敗退ナダル「練習しないと」 (15時58分)

全米OP ティームらにWC (15時34分)

19歳大学生 ルード撃破で16強 (14時59分)

ラドゥカヌ 完勝で16強 (14時01分)

ナダル 熱戦落とし初戦敗退 (13時08分)

シナー 相手棄権で大会初16強 (11時09分)

オジェ 2年連続の16強 (10時53分)

元1位ハレプ 史上3人目の記録 (10時10分)

クヴィトバ 6度目の16強 (9時28分)

ジョコ、バスケ親善試合を観戦 (8時57分)

チチパス 完勝で3年連続の16強 (8時28分)

ダニエル太郎 全米OP本戦入り (7時58分)

錦織、全米OPのWCに含まれず (7時30分)

マレー撃破「簡単ではない」 (7時01分)

フリッツ 50分でキリオス撃破 (6時30分)

マレー 逆転負けで16強逃す (6時00分)

8月17日

土居「気持ちを切り替え」 (23時35分)

モンフィス 全米OP欠場 (21時33分)

「プレッシャーに負けない」 (19時53分)

元70位 尾﨑里紗が今季引退 (18時40分)

ナダルと初対戦は「夢の中」 (18時12分)

全米大学王者がソネゴ撃破 (17時05分)

フリッツ 2年ぶりの初戦突破 (14時54分)

第1シードの西岡が途中棄権 (13時35分)

メド「初戦はトリッキー」 (12時24分)

セリーナと対戦「光栄な事」 (11時30分)

ヴィーナス撃破で初戦突破 (11時00分)

わずか55分の完勝で初戦突破 (10時21分)

引退意向のセリーナ 初戦敗退 (9時40分)

大坂、敗退後にセリーナを観戦 (9時15分)

デ ミノー 初戦突破、次戦オジェ (8時55分)

ポール 米国対決制し初戦突破 (8時31分)

シナー 3時間超えの激闘制す (8時00分)

キリオス初戦突破「満足」 (7時26分)

ナダル 初戦は元12位チョリッチ (6時38分)

元世界3位ワウリンカ「光栄」 (6時00分)

大坂なおみ 2週連続の初戦敗退 (1時22分)

【1ポイント速報】大坂vsザン (0時07分)

8月16日

元世界3位 3年ぶり初戦突破 (22時39分)

カレノ=ブスタ浮上、最終戦ランク (19時19分)

土居美咲 17歳新鋭に敗れる (18時31分)

21歳で世界1位「長期的に考える」 (15時48分)

31本エース 辛くも初戦突破 (14時45分)

デ杯GS ジョコら出場 (13時51分)

ベレッティーニ下し初戦突破 (12時13分)

フェルナンデスが初戦敗退 (10時10分)

マレー激闘制す「疲れ感じる」 (9時00分)

キリオス 2年半ぶり20位台へ (8時49分)

アルカラス「自分への挑戦」 (8時29分)

ナダル「最後まで戦えるよう」 (7時55分)

ワウリンカ 4大会連続の初戦敗退 (6時59分)

マレー初戦突破 ワウリンカ撃破 (6時14分)

【1ポイント速報】マレーvsワウリンカ (3時00分)

8月15日

大坂39位、土居は95位に (19時02分)

西岡TOP50目前の51位に (18時02分)

メド全米へ「自信つけたい」 (15時51分)

18歳ガウフ 複1位に到達 (15時01分)

大坂39位 15日付世界ランク (13時38分)

錦織 12年ぶり300位台へ (12時43分)

錦織「手術して良かった」 (11時00分)

ナダル 今は「健康維持」が1番 (8時51分)

ハレプ 4年ぶり3度目V (8時11分)

カレノ=ブスタ MS初優勝 (7時30分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!