- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコビッチ、試合後にコーチ ベッカーのモノマネ披露<全豪オープン>

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は19日、男子シングルス4回戦が行われ、オープン化以降史上初となる4連覇狙う第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が順当にベスト8進出を決めた。試合後ジョコビッチは、コーチであるBo・ベッカー(ドイツ)のモノマネを披露した。

M・シャラポワ(ロシア)のサービスのモノマネなど、モノマネ好きで知られる世界ランク2位のジョコビッチ。そのジョコビッチが今回新たなレパートリーに元世界王者を付け加えた。ジョコビッチの新コーチとなったベッカーである。

ジョコビッチはトップ選手の仲間入りをする前から「道化師」や「ジョーカー(悪ふざけをする人)」というニックネームを得ていた。シャラポワに加え、R・ナダル(スペイン)がサービス前にアンダーウェアを直す仕草や、J・マッケンロー(アメリカ)の癇癪のモノマネなどもしており、時には度が過ぎる事もあった。

全豪オープンで3連覇中のジョコビッチは、4連覇を達成するために全豪オープン前にベッカーをコーチとして招いた。日曜日の4回戦ではジュニア時代からの友人である第15シードのF・フォニュイーニ(イタリア)を6-3, 6-0, 6-2で下し、ベスト8入りを決めた。四大大会で6度の優勝を誇る46歳のベッカーは、ジョコビッチの関係者席に入って声援をなげかけていた。

試合後、ジョコビッチは元世界王者のJ・クーリア(アメリカ)から勝利インタビューを受けた。クーリアは1990年代にベッカーのライバルであった選手。クーリアはジョコビッチに次のように質問した。

「小さい頃、選手のモノマネをしていたと思うんだけれど、ベッカーのモノマネもしていた?」

ベッカーは笑いながら指で「その質問はダメダメ」という仕草をしたが、ジョコビッチは気にも留めずに「ベッカーのモノマネはしていた。でも彼(ベッカー)にはまだ見せていない。」と言い、ベースラインまで行って実際にモノマネを開始。

ベッカー独特の体全体を揺らしながらのサービス・モーションを観客に披露した。サービスは失敗に終わったが、ベッカーは大笑いする一方で、顔は恥ずかしさで赤く染まってもいた。

続けてジョコビッチは「これはボリス(ベッカー)が全盛期の頃の状態。今はこんな感じだね。」といって笑いながら、足を引きずった猫背の老人を演じてみせた。ベッカーは最近、足首の手術を受けており、コーチに就任して以降、まだジョコビッチと一緒にボールを打つ事が出来ていない。

観客が静まった後、ジョコビッチはベッカーのサービスを受ける日が待ち遠しいと話した。

「ボールを打てるようになれるよう努力している事は僕がよくわかっている。毎日、復帰に向けて色々やってくれているんだ。」

また、その後の記者会見でジョコビッチは、今回のモノマネが完璧ではなかったと話した。

「完璧にベッカーのモノマネをするには、もう数キロ太って髪も染めなければならない。」

ジョコビッチは4回戦の勝利で28連勝目を決めた。昨年の全米オープン決勝でR・ナダルに敗れて以来、無敗が続いている。しかし一方で、2013年にはナダルに世界王者の座を明け渡している。

順当に勝ち進めば、第1シードのナダルと第2シードのジョコビッチは決勝戦で激突する。両者は2012年の決勝戦でも激突しており、その時はフルセットの大激戦の末、ジョコビッチがトロフィーを手にしていた。

ジョコビッチは準々決勝で第8シードS・ワウリンカ(スイス)と顔を合わせる。ジョコビッチは昨年の全豪オープン4回戦でワウリンカと対戦しており、その際には5時間以上の大接戦の末に勝利を収めていた。

ワウリンカについて、ジョコビッチは「誰にでも勝てる能力を持った選手。彼(ワウリンカ)との対戦となれば、前回のような5時間の試合は避けたいね。」と、話している。

■関連記事■

《錦織のコーチ チャン、夢でナダルと対決<全豪オープン>》

《錦織、2年ぶり8強の壁ナダル戦「ジョコビッチがやっているように出来れば」<全豪オープン>》

《王者ナダルが警戒「錦織は素晴らしい選手」<全豪オープン>》

《錦織、王者ナダル戦「クレーよりは格段にチャンスがある」「倒すために頑張りたい」<全豪オープン>》

《【コラム】5時間超える苦戦強いられるジョコビッチ<激闘シリーズ その3>》


■関連動画■

《全豪オープンテニス2014みどころ》
(2014年1月20日11時30分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

8月19日

大坂撃破のザン 逆転で8強入 (21時06分)

加藤、日比野がダブルス4強 (19時45分)

MS4大会連続8強「大きな意味」 (18時06分)

シンシナティ男子8強出揃う (16時58分)

シンシナティ女子8強出揃う (16時02分)

マクラクラン組 CH2週連続4強 (14時58分)

キリオス組、第1シード組に敗戦 (13時56分)

ラドゥカヌ破りペグラ8強 (13時24分)

アルカラス 元3位チリッチ撃破 (12時27分)

イズナー WCコルダ破り8強 (12時01分)

ノリー 快進撃の19歳破り8強 (11時38分)

ナダル撃破のチョリッチ 8強 (11時14分)

オジェがシナー下し8強入り (10時47分)

クヴィトバ8強 ジャバー撃破 (9時24分)

チチパス完勝 3年連続の8強 (8時30分)

全米OP 賞金総額が過去最高に (8時00分)

フリッツ 逆転で8強、次戦メド (7時31分)

メド 4年連続8強、シャポ撃破 (7時01分)

ナダル撃破「名誉なこと」 (6時31分)

女王敗退 2週連続で8強逃す (5時55分)

8月18日

キリオス「休養の時間だ」 (23時46分)

日本代表監督に添田、杉山 (21時27分)

コルダ 米対決制し16強 (19時05分)

敗退ナダル「練習しないと」 (15時58分)

全米OP ティームらにWC (15時34分)

19歳大学生 ルード撃破で16強 (14時59分)

ラドゥカヌ 完勝で16強 (14時01分)

ナダル 熱戦落とし初戦敗退 (13時08分)

シナー 相手棄権で大会初16強 (11時09分)

オジェ 2年連続の16強 (10時53分)

元1位ハレプ 史上3人目の記録 (10時10分)

クヴィトバ 6度目の16強 (9時28分)

ジョコ、バスケ親善試合を観戦 (8時57分)

チチパス 完勝で3年連続の16強 (8時28分)

ダニエル太郎 全米OP本戦入り (7時58分)

錦織、全米OPのWCに含まれず (7時30分)

マレー撃破「簡単ではない」 (7時01分)

フリッツ 50分でキリオス撃破 (6時30分)

マレー 逆転負けで16強逃す (6時00分)

8月17日

土居「気持ちを切り替え」 (23時35分)

モンフィス 全米OP欠場 (21時33分)

「プレッシャーに負けない」 (19時53分)

元70位 尾﨑里紗が今季引退 (18時40分)

ナダルと初対戦は「夢の中」 (18時12分)

全米大学王者がソネゴ撃破 (17時05分)

フリッツ 2年ぶりの初戦突破 (14時54分)

第1シードの西岡が途中棄権 (13時35分)

メド「初戦はトリッキー」 (12時24分)

セリーナと対戦「光栄な事」 (11時30分)

ヴィーナス撃破で初戦突破 (11時00分)

わずか55分の完勝で初戦突破 (10時21分)

引退意向のセリーナ 初戦敗退 (9時40分)

大坂、敗退後にセリーナを観戦 (9時15分)

デ ミノー 初戦突破、次戦オジェ (8時55分)

ポール 米国対決制し初戦突破 (8時31分)

シナー 3時間超えの激闘制す (8時00分)

キリオス初戦突破「満足」 (7時26分)

ナダル 初戦は元12位チョリッチ (6時38分)

元世界3位ワウリンカ「光栄」 (6時00分)

大坂なおみ 2週連続の初戦敗退 (1時22分)

【1ポイント速報】大坂vsザン (0時07分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!