- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

敗退後、クレイステルス「素晴らしい旅だった」◇全米オープン

テニスのグランドスラム、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は大会3日目の29日、女子シングルス2回戦が行われ、この大会を最後に引退を表明している元世界ランク1位で第23シードのK・クレイステルス(ベルギー)が2回戦で敗退する波乱に見舞われた。

波乱の立役者はL・ロブソン(英国)で、クレイステルスを7-6 (7-4), 7-6 (7-5)のストレートで下した。

この試合、第1セットの第4ゲームで先にブレークに成功したのはクレイステルス、ゲームカウント4−1とリードする。その後ゲームカウント5−3、クレイステルスはサービング・フォー・ザ・セットを迎えるも、ロブソンにブレークバックを許し、タイブレークへと持ち込まれる。

そのタイブレークでは両者譲らず4−4、そこからロブソンは3ポイント連続で奪い、第1セットを57分で先取した。

第2セットでも先にブレークに成功したのはクレイステルスだったが、第1セット同様ロブソンにブレークバックを許してしまう。その後は両者サービスキープが続き、ゲームカウント5−6でのクレイステルスのサービスゲーム、15−40とロブソンに2本のマッチポイントを握られる。しかし、そこでドライブボレーとサービスエースでクレイステルスが凌ぎ、このセットもタイブレークへともつれた。

第1セットに続き、タイブレークとなった第2セットでは、クレイステルスが先にミニブレークを奪ったが、ロブソンも負けじとポイントを重ね、両者一歩も引かない状況が続く。

その後、6−5と3度目のマッチポイントを握ったロブソンが、アドバンテージ・サイドから左利き特有のワイドへのサーブを放ち、クレイステルスのリターンがアウト。その瞬間ロブソンは天を仰ぎネットへ歩み寄ると、クレイステルスと抱き合った。

この敗戦で、テニス人生のシングルスに幕を下ろす形となったクレイステルスは、全米オープンで3度の優勝と全豪オープンで1度の優勝を含め、キャリア通算41回の優勝を振り返り「信じられないくらい素晴らしい旅だった。テニスのお陰で沢山の夢を実現出来た。」と、自身のテニス人生に満足しているようだった。

「話し合いをして色々な事を考えて引退を決めてからは幸せな日々だった。この1年半から2年間は、数々のアップダウンがあったけど、色んな感情もあった中で、こうしてここまで来た事には満足しているの。こうしてやってこれた自分に対して誇りに思う。だから今は幸せな気持ちでいるの。」と現役復帰してからのここ数年を振り返り、後悔のない事を明かした。

ロブソンについては「もっと体を作り上げたらより良い選手になるはず。より爆発力を増せば、必ず最高の選手になるでしょう。これから注目すべき選手だと思う。」と18歳の彼女の将来に期待を寄せていた。

クレイステルスはシングルスで敗退したものの、女子ダブルスでは同胞のK・フリッペンス(ベルギー)と組んでの出場、ミックスダブルスではB・ブライアン(アメリカ)と組んでエントリーしており、クレイステルスの全米オープンはまだまだ続く。

勝利したロブソンは現在世界ランク89位で、トップ100選手中最年少プレーヤー。グランドスラムでの3回戦進出は自身初。

ロブソンは4回戦進出をかけて、C・デラクア(オーストラリア)を6-4, 6-4のストレートで下した第9シードのN・リー(中国)と対戦する。

この日の試合結果は以下の通り。

V・アザレンカ(ベラルーシ) (1) ○-× K・フリッペンス, 6-2, 6-2
M・シャラポワ(ロシア) (3) ○-× L・ドミンゲス=リノ(スペイン), 6-0, 6-1
P・クヴィトバ(チェコ共和国) (5) ○-× A・コルネ(フランス), 6-4, 6-3
S・ストザー(オーストラリア) (7) ○-× E・ガロビッツ(ルーマニア), 6-3, 6-0
N・リー (9) ○-× C・デラクア, 6-4, 6-4
M・バルトリ(フランス) (11) ○-× R・オプランディ(スイス), 6-2, 1-6, 7-5
L・サファロバ(チェコ共和国) (15) ○-× A・ウズニアッキ(カナダ), 6-3, 4-6, 6-2
K・ラドノビ ○-× A・パブリュチェンコワ(ロシア) (17), 6-1, 6-2
N・ペトロワ(ロシア) (19) ○-× S・ハレプ(ルーマニア), 6-1, 6-1
L・ロブソン ○-× K・クレイステルス (23), 7-6 (7-4), 7-6 (7-5)
P・パルメンティエ(フランス) ○-× Y・ウィックマイヤー(ベルギー) (25), 7-6 (7-5), 6-3
鄭潔 (28) ○-× M・リバリコワ(スロバキア), 6-3, 6-1
V・レプシェンコ(アメリカ) (31) ○-× An・ロディオノワ(オーストラリア), 6-2, 6-2
M・ミネッラ(ルクセンブルグ) ○-× K・プリスコバ(チェコ共和国), 6-4, 6-4
M・バーデッテ(アメリカ) ○-× L・フラデカ(チェコ共和国), 6-2, 6-4
A・タチシュビリ(グルジア) ○-× S・シルステア, 6-7 (5-7), 6-1, 6-2

(翻訳/弓削忠則)

(2012年8月30日14時43分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

10月31日

ダニエル太郎 9カ月ぶり決勝へ (16時36分)

ジョコ 最終戦へ「最善の準備」 (15時37分)

メドヴェデフ撃破で4強入り (15時00分)

約3時間の死闘制し4強 (14時17分)

元世界17位が引退を発表 (13時19分)

ジョコ撃破の大金星「最高」 (12時01分)

ルブレフ 昨年覇者ティーム撃破 (11時37分)

ジョコビッチ LLに完敗の波乱 (10時37分)

10月30日

全日本選手権 男女4強出揃う (16時18分)

第1シードのペール撃破で8強 (12時19分)

メドヴェデフ8強「うれしい」 (11時51分)

ロックダウンでパリは無観客 (10時54分)

ズベレフが父親に DVは否定 (7時55分)

ディミトロフ、チチパス撃破 (7時06分)

10月29日

杉田祐一 完敗で8強ならず (18時35分)

【1ポイント速報】杉田vsマナリノ (18時31分)

元王者ヒューイットが殿堂入りへ (16時58分)

14本エースでアンダーソン8強 (14時30分)

ベルダスコ 今季終了を発表 (13時40分)

ダニエル太郎 熱戦制し8強入り (12時04分)

チチパス 苦戦も逆転で勝利 (12時04分)

ジョコ8強 4本のSPしのぐ (7時44分)

錦織、今季終了を発表 (0時28分)

10月28日

約9カ月ぶりに大会8強入り (22時49分)

日比野 全日本選手権で初戦突破 (20時50分)

第2シードに快勝で8強入り (19時04分)

ジョコ「子どもは夢持つべき」 (19時03分)

ハチャノフ/ルブレフが勝利 (17時37分)

ワウリンカ 熱戦も初戦敗退 (15時00分)

ハチャノフ撃破で初戦を突破 (12時51分)

シード破り2回戦へ「タフ」 (12時05分)

今季終了と全豪OP欠場を発表 (10時53分)

「圭との戦いに準備していた」 (8時51分)

ジョコ 同胞に苦戦も初戦突破 (8時04分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!