- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

クレイステルスが敗れる波乱、クルム伊達は8強入り◇ユニセフ・オープン女子

女子テニスツアーのユニセフ・オープン女子(オランダ/スヘルトヘンボシュ、賞金総額22万ドル、芝)は14日、シングルス1回戦残り4試合と2回戦2試合が行われ、第1シードのK・クレイステルス(ベルギー)が2回戦で敗れる大波乱が起きた。同じく2回戦に登場したクルム伊達公子(日本)は今季初のベスト8進出を果たした。

クレイステルスを下す波乱を演じたのは、何と予選を勝ち上がったR・オプランディ(イタリア)でクレイステルスを7-6 (7-5), 6-3のストレートで退けた。第1セットは両者1度ずつブレークし合い、5-4からのオプランディのサーブでは30-30とクレイステルスがそのセットを取るまであと2ポイントと迫った。しかしそのゲームをキープしたオプランディはタイブレークの末、第1セットを先取する。

続く第2セットでは勢いそのままにオプランディが3-0とリードし、そのままクレイステルスにブレークバックされることなく1時間33分で自身最大の番狂わせを演じた。5月のローマ大会で当時世界ランク18位のK・カネピ(エストニア)から勝利を奪ったオプランディは、現在世界ランク2位と更に上のランキングのクレイステルスから勝利を飾り今季初のベスト8進出を果たした。

大金星となったオプランディは「今日は常に戦い続けたし、ドロップショットも良い所で決まって、サーブの調子も良かった。本当に驚いています。そして信じられない。いつもキムのことは尊敬していたし、今でもそうです。だって彼女は選手としても人間としても素晴らしいチャンピオンだからです。」と、喜びを語っていた。

実はクレイステルスは第1セット序盤で、芝に足を取られて滑った時に、右足首を捻挫していた。奇しくもそこは、親戚の結婚式に出席していた時に怪我を負って、今年のクレーシーズンのほとんどを棒に振るきっかけとなった捻挫と同じ場所だった。

「今夜か明日の朝にもっと詳しく検査を受けるつもりです。それで足首の状態の詳しい状況を掴めたらと思います。練習の時はとても良い感触でボールを打てていたし、動きも良かった。だからそれほど気にはしていなかった。このような怪我は起きるべきして起きたけれど、再発してしまいとてもがっかりしています。また数週間前の状態に戻ってしまった気分です。でも時にはスポーツ選手が対処しなければならない現実なのです。」とクレイステルスは冷静に現実を受け入れていた。

そのオプランディと準々決勝で対戦するのがクルム伊達公子で、この日の2回戦でクルム伊達は、L・ドミンゲス=リノ(スペイン)を7-6 (7-3), 6-0のストレートで倒して、今季初となるベスト8進出を決めた。

第1セットの第4ゲームで先にブレークに成功したのはクルム伊達で、3-1とリードするものの次のゲームですぐにブレークバックを許してしまう。その後2度目のブレークを奪われたクルム伊達は、5-4からドミンゲス=リノにサービング・フォー・セットを迎えられてしまう。しかしそのゲームをブレークに成功してそのセットをタイブレークへと持ち込んだクルム伊達は、終始リードを維持してそのセットを先取。

第2セットでは勢いそのままに、ドミンゲス=リノに1ゲームも与えないプレーで78分で8強入りを果たした。第2セットも3度のブレークポイントをドミンゲス=リノ握られるなど、内容的にはスコアーほど簡単ではなかったが、芝を得意とするクルム伊達は粘り強いプレーでリズムを渡さなかった。

準々決勝でクルム伊達と対戦することに対してオプランディは「2年前の全仏オープンの予選で1度対戦しているけど、今回の対戦もとても楽しみ。彼女とは普段から親しくしているし、私にとってもう一人のビッグスターだから。」と、胸を躍らせていた。

この日行われた1回戦の試合結果は以下の通り。

R・ビンチ(イタリア) (7) ○-× P・エルコグ(スロベニア), 6-4, 6-2
S・エラーニ(イタリア) ○-× K・バーテンス, 7-6 (8-6), 6-1
J・ラーソン(スウェーデン) ○-× R・マリーノ(カナダ), 7-5, 7-5
J・ドキッチ(オーストラリア) ○-× A・クドリャフツェワ(ロシア), 6-0, 6-4

今大会の優勝賞金は3万7000ドル。

(2011年6月15日9時41分)
その他のニュース

5月27日

【速報中】西岡良仁vsオジェアリアシム (21時05分)

シナー勝利も「100%じゃない」 (21時02分)

苛立ち見せ打ったボールが観客直撃 (20時01分)

【告知】ナダルvsズベレフ (18時19分)

37歳ガスケ初戦突破 チョリッチにストレート勝ち (13時16分)

苦しむ元女王、全仏V後は3年連続初戦敗退 (12時35分)

錦織 “5セットキング”は継続、現役最高勝率記録 (11時01分)

錦織「様子見て決める」棄権の可能性も示唆 (9時21分)

錦織 4時間超え死闘「紙一重」で勝利 (8時37分)

ジョコ「期待は低く、望みは高い」 (7時49分)

ワウリンカ、マレー撃破で全仏OP初戦突破 (6時36分)

大坂なおみ「どの試合も勝てる」 (6時00分)

錦織圭 3年ぶり全仏OPで初戦突破 (5時35分)

【1ポイント速報】錦織圭vsディアロ 全仏OP1回戦 (1時05分)

望月慎太郎 世界8位に屈し初戦敗退 (0時33分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎、望月慎太郎 全仏OP1回戦 (0時20分)

5月26日

右腕に不安残すも完勝で2回戦へ (23時45分)

ダニエル太郎、敗退も「ポジティブ」 (23時28分)

大坂なおみ 初戦突破「緊張していた」 (22時08分)

ダニエル太郎 善戦も全仏OP初戦敗退 (21時24分)

大坂なおみ 全仏OP3年ぶり初戦突破 (21時13分)

【1ポイント速報】大坂なおみ 全仏OP1回戦 (19時00分)

日比野菜緒「すごく調子いい」 (17時38分)

西岡良仁「良いテニスできてる」 (17時07分)

大坂なおみ 四大大会全制覇「目標」 (16時17分)

ナダルコーチ「ラファは死ぬまでプレーする」 (14時59分)

20歳新星がツアー初V「大きな自信」 (11時21分)

ダブルヘッダー制し12勝目、勢いつけ全仏へ (10時23分)

ナダル「最後の全仏になる可能性は高い」 (8時45分)

西岡、五輪「もちろん出たい」 (7時29分)

5月25日

錦織圭 6月芝大会に出場へ (23時11分)

阿部宏美/永田杏里ペア 2週連続V (22時29分)

大坂なおみ 全仏OPへ「準備は順調」 (20時22分)

18連勝の内島萌夏 全仏OPへ「楽しむ」 (19時12分)

望月慎太郎 全仏OPで世界8位と激突 (18時11分)

1ゲームで6回アンダーサーブ!結果は? (17時10分)

フェデラー「素晴らしい経験」 (15時54分)

錦織圭 全仏OPへ「1回戦突破目指す」 (15時41分)

「錦織圭は天才的」とダニエル太郎 (14時20分)

腰負傷のシナー「良い感じ」 (12時03分)

「ラファと戦いたかったけど...」 (11時04分)

ジョコ「僕は全仏V候補ではない」 (10時02分)

アルカラス「フォア打つのは怖い」 (8時58分)

錦織圭「不安は正直かなりある」 (7時56分)

初戦でナダル回避「よかった」 (6時55分)

錦織圭 全仏OP初戦は世界166位に決定 (1時46分)

【動画】大坂なおみ 全仏OP初戦突破の瞬間! (0時00分)

5月24日

ジョコ 世界44位に屈し準決勝敗退 (23時56分)

【1ポイント速報】ジョコビッチvsマハーチ (21時34分)

山﨑郁美ら日本勢が4強独占 (20時07分)

猛烈ラケット破壊→観客にプレゼント (19時02分)

錦織圭&大坂なおみ 全仏OP初日に登場 (17時39分)

14ペアで唯一 マレーとエヴァンスにWC (13時28分)

世界5位 回復間に合わず全仏OP欠場 (12時04分)

ルード4強 全仏OP前に弾み (10時34分)

マレーvsワウリンカ 全仏OP1回戦で実現 (8時44分)

ジョコ「素晴らしい勝利」全仏に向け復調? (7時21分)

齋藤咲良 全仏OP予選決勝で敗退 (0時09分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!