- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

デントがブレーク下し2回戦へ◇アトランタ・テニス選手権

男子テニスツアーのアトランタ・テニス選手権(アメリカ/アトランタ、賞金総額53万1000ドル、ハード)は20日、シングルス1回戦7試合が行われ、元世界ランク21位のT・デント(アメリカ)が、元世界ランク4位のJ・ブレーク(アメリカ)を6-3, 3-6, 6-4のフルセットで振り切り、2回戦進出を果たした。

お互いに譲らぬまま突入したファイナルセット、先にブレークに成功したデントはゲームカウント5−3で自らのサービスゲームという絶好のチャンスを迎えるが、ダブルフォルトなどを犯しサービスキープに失敗してしまう。しかし、続くブレークのサービスゲームでこのセット2度目のブレークに成功したデントが、1時間51分で勝利を手にしている。

試合を通して14本のブレークチャンスがありながらも、2本しか活かせなかったブレークは「特に第3セットでは、彼のビッグサーブにやられてしまった。最初の2セットは彼がベストなサーブを打っていたとは思わないし、チャンスで優位に立てなかった。沢山のブレークチャンスがあったけど、全く活かすことができなかった。」と、デントのサーブに脱帽した。

13本のダブルフォルトを犯しながらも、時には時速230kmを越えるサーブを決めたデントは「スピードは問題じゃないよ。もし常に70%で決まるの確率とピンポイントのコントロールをくれるなら、命と交換してもいい。それがA・ロディック(アメリカ)のサーブを偉大なものにしているのさ。彼のサーブはビッグだけど、同時に点を狙っている。僕も努力しているけど、それが手に入るかどうかは分からない。頑張るだけだよ。」と、自らのサーブについて語った。

2005年には自己最高となる世界ランク21位を記録したデントであったが、2006年には後背部を負傷してしまい、手術のためにシーズン途中でツアーを離脱、その後も何度か手術を繰り返していた。しかし2009年に本格復帰を果たしたデントは、1年でランキングを800位以上も上昇させトップ100でシーズンを終えていた。

一方のブレークは、今季を通して膝の怪我で悩まされており、世界ランキングも最近5年で最下位となる115位までに落ち込んでいる。

地元勢対決を制したデントは、2回戦で第4シードのH・ヒラルドとベスト8入りをかけて対戦する。

この他の試合では、第5シードのJ・ティプサレビッチ(セルビア)が敗れる波乱が起きている。その波乱の立役者は世界ランク96位のK・アンダーソン(南アフリカ)で、ティプサレビッチを6-3, 7-5のストレートで下し、2回戦進出を決めている。

第7シードのX・マリス(ベルギー)R・スウィーティング(アメリカ)を7-6 (7-1), 6-3のストレートで下し、順当に初戦突破を決めている。30歳のマリスは、最後にアトランタで大会が開催された2001年には決勝まで進出していた。

この他の試合の結果は以下の通り。

R・ジネプリ(アメリカ) ○-× N・リンダール(オーストラリア), 7-6 (7-4), 6-2
D・ヤング(アメリカ) ○-× D・セラ(イスラエル), 7-5, 6-0
L・ラコ(スロバキア) ○-× I・クニツィン(ロシア), 4-6, 7-6 (7-4), 7-6 (7-4)
G・ミュラー(ルクセンブルグ) ○-× M・プルジシーズニー(ポーランド), 6-4, 4-6, 7-6 (7-4)

今大会の優勝賞金は9万5845ドル。

(2010年7月21日15時53分)

その他のニュース

11月30日

YouTube 全日本V中川直樹と対談 (20時04分)

プレーの「理想」と「現実」 (18時07分)

最終戦での名ラリーを特集 (16時33分)

錦織ら30日付の日本勢ランク (15時00分)

内田海智 CH本戦入りならず (11時27分)

錦織 世界ランク41位、11/30付 (10時50分)

11月29日

ナダルとマレーの死闘を特集 (16時17分)

ペールが17歳新星に黒星 (15時55分)

ティーム 幼少期のプレー公開 (14時02分)

大坂登場 ナイキが新動画発表 (12時15分)

内田海智 逆転でCH初戦突破 (10時41分)

ジョコ 娘の名前の由来明かす (8時38分)

11月28日

複1位ペアが取組む支援を特集 (15時52分)

大坂戦 今季ベストマッチ候補に (14時43分)

プリスコバ 新コーチにバイン氏 (13時29分)

キリオス 食糧支援は「恩返し」 (11時59分)

ITF Jr新大会 WC争いが終了 (10時21分)

日本リーグの中止が決定 (9時01分)

11月27日

ティーム 東京五輪出場を明言 (16時38分)

YONEX 第7回Jrキャンプ開催 (14時54分)

ペンギン型振動止め 終了間近 (13時58分)

YouTube 尾崎里紗にインタビュー (11時58分)

ITF Jr新大会、WCかけ熱戦 (11時42分)

西岡良仁のイベントが開催 (10時44分)

マラドーナ氏との思い出綴る (9時18分)

ハチャノフ、コロナ陽性を報告 (7時33分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!