- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

伊達、16年ぶり3度目V 男子は添田と伊藤で決勝=差替

 テニスの全日本選手権第7日は15日、東京・有明テニスの森公園で行われ、女子シングルス決勝は第7シードの38歳、クルム伊達公子(日本)(エステティックTBC)が、第9シードの21歳、瀬間友里加(日本)(ピーチジョン)を6−3、6−3で下し、1991−92年に2連覇して以来、16年ぶりの出場で3度目の優勝を果たした。



 38歳での制覇は、63年に41歳で8連覇した宮城黎子(日本)に次ぐ、戦後では2番目の年長記録。優勝賞金225万円を獲得した。クルム伊達は藤原里華(日本)(北日本物産)と組む女子ダブルスも決勝に進んだ。



 男子シングルス決勝にはいずれも初優勝を目指す第1シードの24歳、添田豪(日本)と第4シードの20歳、伊藤竜馬(日本)(ともにミキプルーン)が進出。高校生で16年ぶりに4強入りしたインターハイ覇者の守屋宏紀(日本)(荏原SSC)は伊藤に敗れた。

(2008年11月15日19時55分)
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!