- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ベッカーの快進撃止まる ロディックが快勝でベスト8入り

(アメリカ、ニューヨーク州フラッシング)

USオープン第4日、男子シングルス4回戦が行われ、地元期待のA・ロディック(アメリカ)が、世界ランキング112位ならがA・アガシ(アメリカ)を破る活躍をみせたB・ベッカー(ドイツ)を6-3, 6-4, 6-3のストレートで下し準々決勝進出を決めた。

この日のロディックは、145マイル(232キロ)にも達する高速サーブをコンスタントに放ち序盤から試合の主導権を握る。なかなか反撃の糸口を見出せないベッカーは、徐々に無理をし凡ミスを重ねていく。結局、最後まで安定したプレーとゲーム運びでロディックが格の違いを見せつける結果となった。見事ベスト8入りを決めたロディックは、「正直言って、バンビを撃ち殺さないで済んだだけでも気分的には楽だった。」と語り、ベスト8入りしたことよりも、アガシとの試合を回避できたことにほっとしている様子だった。

一方、惜しくも敗れはしたものの、ここまで快進撃を続けてきたベッカーは、「予選のときから僕の目標はトップ100入りすることだった。それなのにアガシに勝利できただけでなく、センターコートでロディックと試合することまで出来たんだだから、この大会は僕にとっては素晴らしい旅だったといえるよ。」と語るその表情は晴れやかだった。

また今大会第2シードのR・ナダル(スペイン)も、J・ノヴァーク(チェコ共和国)を 6-1, 7-6 (7-3), 6-4のストレートで下し、順当にベスト8入りを決めたものの、第6シードのT・ロブレド(スペイン)M・ヨージニ(ロシア)に3-6,0-6,1-6と精彩なく敗れた。

(2006年9月5日8時28分)
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!