元世界6位が復活 3冠に王手

ゲッティイメージズ
勝利したベレッティーニ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのボス・オープン(ドイツ/シュトゥットガルト、芝、ATP250)は15日にシングルス準決勝が行われ、プロテクトランキング(負傷などで長期離脱した選手の救済措置)で出場している世界ランク95位のM・ベレッティーニ(イタリア)が第5シードのL・ムセッティ(イタリア)に6-4, 6-0のストレートで快勝し決勝進出を果たすとともに、オープン化以降同大会史上最多タイとなる3度目の優勝に王手をかけた。

>>ダニエル 太郎vsコキナキス 1ポイント速報<<

>>大坂 なおみvsジェン 1ポイント速報<<

>>大坂 なおみ、ガウフらエコトランス レディースOP組合せ<<

元世界ランク6位のベレッティーニは度重なる負傷の影響で世界ランクを落としていたものの、今季4月のハッサン2世グランプリ(モロッコ/マラケシュ、レッドクレー、ATP250)でタイトルを獲得。しかし、その後ロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)を最後にツアーを離脱し、今大会は約2ヵ月ぶりの復帰戦となった。

2019年と2022年にボス・オープンを制覇しているベレッティーニは今大会、1回戦で第8シードのR・サフィウリン、2回戦で世界ランク117位のD・シャポバロフ(カナダ)、準々決勝で同101位のJ・ダックワース(オーストラリア)を下し4強入りした。

世界ランク30位のムセッティとの同胞対決となった準決勝、ベレッティーニはファーストサービス時に78パーセントの確率でポイントを獲得し相手にブレークを与えず、リターンゲームでは4度のブレークに成功。力強いショットやスライスショット、ネットプレーも織り交ぜムセッティを翻弄し、わずか1時間6分で決勝進出を果たした。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトにベレッティーニのコメントを掲載した。

「もちろんロレンツォ(ムセッティ)のような良き友人と対戦するのは決して簡単なことではない。僕たちはお互いをよく知っているんだ」

「特に最初は少し緊張しているのがみていてわかったと思う。でも第1セットのサーブの時は緊張を抑えることができた。その後はどんどん調子が良くなった。勝てて嬉しいよ」

ベレッティーニは同大会3度目の優勝をかけ、決勝で第6シードのJ・ドレイパー(イギリス)と対戦する。ドレイパーは準決勝で世界ランク70位のB・ナカシマ(アメリカ)を下しての勝ち上がり。

仮にベレッティーニが3度目の優勝を達成すると、オープン化以降同大会の優勝回数でR・ナダル(スペイン)に並び史上最多タイとなる。


【ディアドラ】最新テニスウエア・シューズ発売中
■今ならソックス全員プレゼント>


■関連ニュース

・コレあの素材で出来てます テニスクラファン実施中
・若手台頭 BIG4時代から転換期
・世界232位が元王者破る番狂わせ

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年6月16日10時06分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


テニスショップ テニスショップ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】diadora キャップ


次へ 次へ

【3】diadora トルネオ2   【4】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【5】diadora ICONシャツ   【6】NEWERA 半袖TEE


次へ 次へ

【7】diadora ロゴTEE   【8】NEWERA 半袖TEE


>>   テニスショップを見る

ディアドラセール

その他のニュース