モンフィス、ツォンガ抜き仏男子歴代最多に

ゲッティイメージズ
初戦突破を果たしたモンフィス
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は27日、男子シングルス1回戦が行われ、世界ランク37位のG・モンフィス(フランス)が同58位のT・セイボスワイルド(ブラジル)を6-2, 3-6, 6-3, 6-4で破り、2年連続15度目の初戦突破を果たした。また、モンフィスはこの勝利が四大大会マッチ122勝目となり、JW・ツォンガ(フランス)を抜きフランス人男子選手最多のマッチ勝利数となった。

>>錦織 圭vsシェルトン 1ポイント速報<<

>>錦織、ジョコビッチら全仏OP組合せ<<

>>大坂 なおみら全仏OP組合せ<<

37歳のモンフィスは2005年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で四大大会デビュー。その後も毎年必ず4つの大会のうち1つには継続して出場し続けており、全豪オープンで2度のベスト8、全仏オープンでは3度のベスト8と1度のベスト4、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)では1度ベスト16、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)でも3度の8強と1度4強入りするなど成績を残してきた。

今大会の1回戦では、地元の声援を受けながら、持ち前のダイナミックなプレーと繊細なドロップショットなども披露。サービスエースは9本放ち、ファーストサービスが入ったときは79パーセントの確率でポイントを獲得した。セイボスワイルドには3度のブレークを許したものの、リターンゲームではそれを上回る6度のブレークに成功。2時間34分で2回戦に駒を進めた。

これまで四大大会121勝をあげており、ツォンガと並んでいたが、今回の勝利でフランス人男子選手として歴代単独最多に。今後は自身の記録を伸ばしていく段階に入った。

2回戦では第30シードのL・ムセッティ(イタリア)と対戦する。ムセッティは1回戦で世界ランク106位のD・ガラン(コロンビア)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第2シードのJ・シナー(イタリア)や第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)、第5シードのD・メドベージェフ、第9シードのS・チチパス(ギリシャ)らが初戦突破している。

[PR]全仏オープンテニス 5/26(日)~6/9(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンドでは日本人選手の試合を全試合ライブ配信予定!


■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ディアドラ】2024最新ウエア・シューズ
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・猛烈ラケット破壊→観客にプレゼント
・綿貫 陽介が全仏OP欠場
・初戦でナダル回避「よかった」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年5月28日10時37分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadora ゲームシャツ   【4】diadora ショーツ


次へ 次へ

【5】NEWERA 長袖TEE   【6】diadora ビーアイコン


>>   テニスショップを見る

ディアドラキャンペーン

その他のニュース
もっと見る(+5件)