19歳ルーネ、シナー棄権で決勝へ

ゲッティイメージズ
全米OPでのルーネ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのソフィア・オープン(ブルガリア/ソフィア、室内ハード、ATP250)は1日、シングルス準決勝が行われ、第5シードのH・ルーネ(デンマーク)が第1シードのJ・シナー(イタリア)と対戦。5-7,6-4,5-2の時点でシナーが棄権したため、今季2度目のツアー決勝へ駒を進めた。

>>西岡、ルードら楽天OP組み合わせ<<

>>アルカラス、ジョコビッチらアスタナOP組み合わせ<<

大会3連覇を狙う21歳のシナーと19歳のルーネの一戦となったこの試合。第1セットからストロークの激しい打ち合いとなり第1・第2セットともに1度ブレークを奪った方が勝ち取る接戦となる。しかし、ファイナルセット、第1ゲームでブレークしたルーネだったが、3-2となった第6ゲームでシナーが転倒し足首を捻ってしまう。そこからルーネは1度のブレークに成功。5-2とした時点でシナーが棄権を申請した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはルーネのコメントが掲載されている。

「とてもいい試合だったんだけどね。最悪の終わり方だった。ヤニックの幸せを祈るよ。彼は素晴らしいプレーヤーで、今年彼が見せてくれたものは信じられないほどだった。彼の一刻も早い回復を願っている」

「最後までいい試合だったね。昨日の疲れもあったと思うけど、ハードに攻めてすべてを出し切ったんだ。一生懸命にプッシュして、すべてを出し切ったんだ」

今年4月のBMWオープン(ドイツ/ミュンヘン、レッドクレー、ATP250)でツアー初優勝を飾っているルーネは今季2勝目とツアー2勝目をかけて、決勝で世界ランク95位のM・ヒュースラー(スイス)と対戦する。ヒュースラーは準決勝で第4シードのL・ムセッティ(イタリア)をストレートで下しての勝ち上がり。

一方、無念の途中棄権となったシナーは3連覇を達成することができず大会を去ることとなった。

[PR]フェデラー最後の雄姿 ナダルとのダブルス、引退セレモニーなど永久保存版!
10/2(日)午前7:30~「レーバーカップ」5時間のダイジェスト版放送!

10/3(月)~10/9(日)「楽天ジャパンオープンテニス」
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・男女の賞金格差 19歳が疑問
・フェデラー「終わりではない」
・錦織 楽天OP欠場「残念」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2022年10月2日9時18分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)