キリオス 快勝で3年ぶり16強

ゲッティイメージズ
16強入りを決めたキリオス
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)は3日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク63位のN・キリオス(オーストラリア)が第14シードのT・ポール(アメリカ)を6-3,6-4のストレートで破り、2019年以来3年ぶり2度目のベスト16進出を果たした。

>>西岡vsハチャノフ 1ポイント速報<<

>>西岡ら出場 シティOP組合せ<<

2019年の同大会では西岡良仁S・チチパス(ギリシャ)を下し決勝進出を果たすと、最後は当時世界ランク10位だったD・メドベージェフをストレートで撃破して優勝を飾っていたキリオス。昨年は1回戦でM・マクドナルド(アメリカ)に屈したものの、今年は1回戦で世界ランク53位のM・ギロン(アメリカ)をストレートで破り初戦突破を果たした。

2回戦、キリオスは15本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに84パーセントの高い確率でポイントを獲得。ポールに4度のブレークチャンスを与えたがこれをすべて凌いだ。リターンゲームでは同じく4度のブレークポイントを掴み、そのうち3度ブレークに成功。1時間25分で16強へ駒を進めた。

3回戦では第4シードのR・オペルカ(アメリカ)と対戦する。オペルカは2回戦で世界ランク82位のD・クドラ(アメリカ)を逆転で下しての勝ち上がり。

同日には第3シードのT・フリッツ(アメリカ)や第5シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)、第9シードのH・ルーネ(デンマーク)、第10シードのF・ティアフォー(アメリカ)、世界ランク96位の西岡良仁らが3回戦進出を決めた。




■関連ニュース

・男女の賞金格差 19歳が疑問
・楽天OP3年ぶり開催が決定
・錦織 ミニオンコラボ動画投稿

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2022年8月4日16時06分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)