ハレプ16強、次戦はバドサ

ゲッティイメージズ
シモーナ・ハレプ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は2日、女子シングルス3回戦が行われ、第16シードのS・ハレプ(ルーマニア)が世界ランク92位のM・フレッチ(ポーランド)を6-4, 6-1のストレートで破り、2019年以来3年ぶり4度目のベスト16進出を果たした。

>>ジョコビッチらウィンブルドン男子 組合せ<<

>>ウィンブルドン女子 組合せ<<

2019年大会で優勝を果たしている30歳のハレプ。今大会では1回戦で世界ランク81位のK・ムチョバ(チェコ)、2回戦で同190位のK・フリッペンス(ベルギー)をどちらもストレートで下し3回戦進出を決めた。

この試合の第1セット、ハレプは第1ゲームから4ゲーム連取に成功。サービング・フォー・ザ・セットとなった第8ゲームでブレークバックを許したものの、第10ゲームをラブゲームでキープして先行する。

続く第2セットでは第1ゲームでブレークに成功。直後の第2ゲームでブレークバックを許したものの、そこから5ゲームを連取して1時間7分で勝利した。

試合後の会見でハレプは「いい勝負になった。満足しているわ。もっと攻撃的なプレーをしようと思って、自分を追い込んでいるところ。だから、いい試合だった」と語った。

「今週は本当にハッピーだわ。いいテニスができた。次戦も楽しみにしているし、もっといいプレーができるように日々努力していきたいと思っている。今までの練習の成果もあり、コンディションは良くなっている。体力的にも、自分は強い、いるべきところにいると感じている。もう怪我の心配はしていない。毎日やるべきことをやり続ければ、最高のレベルでテニスができると確信している」

勝利したハレプは4回戦で第4シードのP・バドサ(スペイン)と対戦する。バドサは第25シードのP・クヴィトバ(チェコ)を7-5, 7-6 (7-4)のストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第17シードのE・リバキナ(カザフスタン)、第20シードのA・アニシモワ(アメリカ)、世界ランク37位のA・コルネ(フランス)、同44位のA・トムヤノヴィッツ(オーストラリア)、同80位のP・マルティッチ(クロアチア)、同115位のH・タン(フランス)が16強に駒を進めている。

[PR]ウィンブルドンテニス
6/27(月)~7/10(日)
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ハレプ 世界2位バドサ撃破
・ハレプ 暑さに「めまいした」
・ハレプ4強「今年一番の試合」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2022年7月3日12時50分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)