フェルナンデス 3回戦進出

ゲッティイメージズ
レイラ・フェルナンデス
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は25日、女子シングルス2回戦が行われ、第17シードのL・フェルナンデス(カナダ)が世界ランク56位のK・シニアコバ(チェコ)を6-3, 6-2のストレートで下し、2020年以来2年ぶりの3回戦進出を決めた。

>>穂積/二宮組の全仏OP初戦 1ポイント速報<<

>>全仏OP女子組合せ・結果<<

今大会の1回戦で地元の世界ランク107位のK・ムラデノビッチ(フランス)をストレートで破ったフェルナンデスはこの試合、第6・第8ゲームでブレークに成功し43分で第1セットを先取。

第2セット、序盤で3ゲームを連取したフェルナンデスは第5ゲームでブレークを奪い、1時間11分で勝利した。

女子テニス協会のWTAは公式サイトでフェルナンデスのコメントを紹介している。

「第1セットの重要なポイントでは、本当にいいプレーができたと思う。第2セットでは、攻めの姿勢を崩さず、自分のショットを打ち続けることができ、大事な場面でボールが入ってくれてよかったと思う」

勝利したフェルナンデスは3回戦で第14シードのB・ベンチッチ(スイス)と対戦する。ベンチッチは2回戦で世界ランク72位のB・アンドレースク(カナダ)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第15シードのV・アザレンカ、第18シードのC・ガウフ(アメリカ)、第21シードのA・ケルバー(ドイツ)、第23シードのJ・タイシュマン(スイス)、第27シードのA・アニシモワ(アメリカ)らが3回戦へ駒を進めた。



[PR]全仏オープンテニス
5/22(日)~6/5(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信



■関連ニュース

・フェルナンデス「優勝出来る」
・フェルナンデス 2年連続16強へ
・フェルナンデス 死闘制し連覇

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2022年5月26日20時33分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)